おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 73ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

あっこ

あっこの感想・評価

4.2
「人の携帯に幸せはない」が持論だけど、それは人類共通のお約束w
悪趣味なゲームを始めたばっかりに、いろんな秘密が出てくるだけじゃなく、偏見も暴かれちゃう。逆にバレることで深入りする前にわかってよかったのかも😏
幼なじみのグループにそのパートナーが紹介されて加わっていく…ていう関係性がイタリアっぽいなぁ~
企画として良い企画。からの良い脚本。かなり面白い。そしてホラー。短くて切れがよく良かった。イタリア感ある。
Taro

Taroの感想・評価

3.5
予算を掛けずともまだまだ画期的なSFが作れると示してくれた『ランダム 存在の確率』という名作があったが、この映画はさらにそこから、SFに頼らずとも現代機器でまだまだ画期的な設定が作れると示してくれた意欲作。人生訓に富んだ言葉も心に残り、ただの悲喜劇ではない。
満足度高かったです。
本題に入るまでの他愛のない会話が長くて、人物名を把握してないため頭に入ってこないし早く本題に進んでくれ〜って感じだったのですが、いざゲームが始まると面白い面白い。どんどん泥沼。絶対こうなるだろってわかってたけど最高。
パラレルストーリー的な終わり方もよい。
言い出しっぺのエヴァが一番強かな女。
こやま

こやまの感想・評価

3.9
こういうの大好物です。
終わり方は賛否ありそうですが、わたしはあれでいいと思います。
率直に言ってこういうのは好き。
イタリアの映画でイタリア語に慣れるのが少し掛かったくらい。もちろん字幕付き。

自分宛に送られてきたメールや電話をみんなに見せ合うゲームは実際やばいけど、俺もやってみて〜とは思った笑

所々で笑わせてきたし、映画は最初から最後まで1つの家で展開されるだけだけど飽きなかった!
たくみ

たくみの感想・評価

4.5
貴方は恋人や夫(妻)のスマホを見たいと思いますか?

テレビのバラエティなんかでよくある話ですが、特に女性が旦那や恋人のを平気で見ると言う話を聞いて、どうしても共感できないんですよね。かなり明確な浮気の疑惑があれば別ですが、個人的にはパートナーの携帯は着信画面の名前をうっかり見ただけでも罪悪感を憶えますし、素直に謝ります。要らない疑惑でイライラ悶々したくないですし、どうせ携帯の中身なんて誤解を招く材料が山ほど入ってるのが世の常ですからね。明石家さんま師匠が「携帯の中には幸せなんか入ってない」的な事を言っていた記憶がありますが、全くその通りだと思います!

と言うわけで前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが、映画のお話。

仲の良い男女のグループが集まって、お互いの携帯に着信やメールが来たら今日だけ見せ合うって趣旨のゲームをするって内容の作品です。ひたすら室内だけで展開するワン・シチュエーション物で、この手の映画は個人的に大好物です!

もうね!スクリーンに盛大にツッコミ入れながら(もちろん心の中で)ハラハラドキドキしながら観ましたよ!そして誰一人幸せにならないって言うのがまたリアリティありすぎて恐い!正直、陰鬱な内容でしたが、見応えは充分でした!

やっぱり「携帯は他人に見せない!見たがらない!」をこれから生涯貫こうと思います。

それにしても毎年、イタリアはすごいのぶっこんで来るなー(  ̄_ ̄)
軽い気持ちで始めたスマホ見せ合いゲームが泥沼化していく様を描いたブラック・コメディ。それぞれの秘密はもちろん、偏見や価値観までも浮き彫りになるストーリーが素晴らしい。ある意味『ラ・ラ・ランド』にも通じるラストが何とも言えぬ余韻を残す作品。
さわ

さわの感想・評価

4.0
他人の携帯なんて見るもんじゃない。
やっぱイタリア映画良いわ。
おもしろかったねーって、観た後に一緒に行った友達と話が盛り上がる映画。

笑えるけど、身近な家族間の問題を真剣に考えさせられる面もある。