ザ・ティーチャーの作品情報・感想・評価

『ザ・ティーチャー』に投稿された感想・評価

M越

M越の感想・評価

3.0
東京国際映画祭にて鑑賞。共産主義の暗い雰囲気が伝わる内容でした。

東京国際映画祭にて。

勝手に「良い先生物語」かと思ってたので、真逆でびっくり。コミカルさ交えてたけど、かなり恐ろしく、不快でもあった。脚本家の体験を元にしたストーリーだとか。マニピュレーションの恐…

>>続きを読む
a2y6a

a2y6aの感想・評価

4.0
東京国際映画祭にて鑑賞。
共産主義の負の感じが出ていて面白かった。監督の別作品が見たくなった。

第29回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。
いじめ、モンスターペアレント、学級崩壊と、これらの問題に直面したりする弱い立場の日本の教師のことを考えると、本作に登場するような女性教師はP…

>>続きを読む

東京国際映画祭で鑑賞。
全く前情報を入れなかったので、何となく先生の美談を描いているのかなと思ったが、冒頭に監獄のようなショットが入り、先生は自己紹介で親の職業を聞く。
保護者会やPTA的な会が舞台…

>>続きを読む
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0

東京国際映画祭2016にて鑑賞。
人間の醜さ浅ましさを容赦なく描いた不快映画の秀作。授業教室、保護者会、生徒宅、女教師宅…とスリリングに場面転換しながら、問題教師だけでなく周囲の多くの人間の弱さと…

>>続きを読む
さき

さきの感想・評価

4.0

東京国際映画祭にて。

実話を基にした映画。
共産主義が与える日常的な恐怖と、それに声をあげる勇気。怖かった。でもこれ、現代の日本でも通じるすごく普遍的なテーマだとも感じた。
社会的なテーマをアイロ…

>>続きを読む
小夜子

小夜子の感想・評価

4.0

80年代のチェコを舞台に、共産党員の女教師による目に余る職権乱用を、コミカルかつシュールに描いた作品ですが、これがむちゃくちゃ面白かった!

即座に「ハリーポッター」のヒステリックなアンブリッジ先生…

>>続きを読む
mmmm

mmmmの感想・評価

3.5

一つのコミュニティに属していると、なかなか反対意見は言いづらい。PTAもコミュニティの一つだと思う。校長たちが、あの場を提案したということは教師間でも何かあったのか、それとも親の訴えを聞いた上での対…

>>続きを読む

東京国際映画祭にて。
私の中の今年のトレンド、チェコ映画。
1980年代の共産主義下での小学校。
共産党員の先生は生徒の親の職業を利用し、何かと自分の都合を押し付ける。
その要望に応えられるかが生徒…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事