ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

GreenT

GreenTの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大変面白く観れた「小作品」だった。白人のガールフレンド、ローズの人物描写がうまい。喋り方や使う言葉が「シティに住むリベラル」な女の子の感じが良く出ているし、痩せているのでヴィーガンだのパレオだのオーガニックだの、食にこだわりがあって、ヨガとかクロスフィットとかやってそう。こういうリベラルな女に限って、トラディショナルな白人顔で、タカビーな感じの人が多く、まさにそのイメージ通りの人。リベラルを気取る白人は、自分たちが人種差別していると全く気がついてないことが多く、それもローズを通して描写されていて面白かった。また、クリスの友達のロッドってキャラは、下ネタ、毒舌満載で、弾丸のように喋るんだけど、この黒人独特のアクセントや単語のチョイス、話の落とし所など、抱腹絶倒である。ローズのファミリーが、老いたら黒人の体を手に入れたいと思うのは、運動能力に優れ、素晴らしい芸術を生み出し、セックスが強い(!!)と、「本当はすごい評価しているんじゃん」ていうか、「差別は嫉妬の裏返し」なんじゃないの?というところも示唆していて、なかなか考えさせられる。
低予算ながら見応えがあった。2回見るとさらに理解が深まると思う。ただのサイコホラーではない。差別社会の縮図を見事に表現していて、考えさせられる作品であった。めちゃくちゃ伏線回収型。テンポよく進み、飽きがこず見られた。
Momo

Momoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに楽しめたホラー映画でした。
ホラー映画って基本的にツッコミどころ多くて…
やはり、人間が一番怖いんですよね😶💭
展開もさることながら、伏線の回収が鮮やかでした。
クリスの友人の最後の「だから行くなって言ったろ」ってセリフに痺れる~~~~
ビックリ系ホラーと言うよりも、紐が1つ解かれる度にぞくぞくしていくかんじのホラー。
勿論、驚かしてくる所もありますが。
ビックリ系ホラーが苦手な人に丁度いい具合。
まあ、黒人差別が基盤となってる話なんだろうって感じ。
白人の人達の、姿形は自分のままで黒人の強さを手に入れられたら、という利己的な考え方に唸りました。
一番ゾクッとしたシーンは、クリスが2階に上がった瞬間に一気に会話を止める親睦会に来た人達のシーン。
あと、ヒロインのローズが今まで色んな黒人を連れて家に来ていたと分かる写真のシーン。
クリス逃げて!!!!ってなりました笑
いつもはここまで感情移入しないので、本当、上手く作り込まれている映画です。
ただ、あんだけ催眠術にこだわってた母親が、ティーカップを壊された瞬間武力行使に走るのは笑いました。
勝てねぇだろ、どう考えても。
そして、クリスがローズを結局殺せないのにも少し涙しましたね。
こんなに愛情深い素敵な人なのに…
また見たい映画です。
怖かった。ちゃんと伏線はあった。久しぶりに手にあせ握った。最後の展開が早かったけど、納得のいく内容だった。
サイコスリラー。スプラッター系や過度なグロ描写が苦手なので、個人的には楽しめた。
終盤の主人公の立ち向かっていく様に痺れます。歯に衣着せぬくされ縁のような友人もいいキャラ。
一方であれだけ男性を魅了するヒロインの手腕に脱帽!
yg

ygの感想・評価

3.7
ホラー映画でアカデミー賞受賞って珍しい

とっても面白かった

いろいろ解説見よ~
面白かったような・・・
記憶が定かではないので点数はつけません
えっぐ

えっぐの感想・評価

3.4
ひたすらに怖かった。人間が。

黒人差別のテーマもあるのかなあと。
Keiichiro

Keiichiroの感想・評価

4.0
ホラーって感じではないが、人種差別をテーマにをこう描くのかと感心させられた。
ベリー

ベリーの感想・評価

4.2
黒人差別にこのベクトルがあるとは知らなかった。
異様な雰囲気でゾクゾクする作り方が面白かった!
>|