ザ・モンスターの作品情報・感想・評価

ザ・モンスター2016年製作の映画)

The Monster

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:89分

2.7

あらすじ

『ルビー・スパークス』のゾーイ・カザンが正体不明の不気味なクリーチャーと戦う!全編ノンストップで恐怖が襲い掛かるサバイバル・クリーチャー・ホラーが誕生!

「ザ・モンスター」に投稿された感想・評価

ゾーイカザン目当てで見てみたけど酷い映画だった

モンスターもめちゃくちゃチープ

オチも弱い

モンスターが出るまでが長いし出てからも全然面白くない

これは時間の無駄オブザイヤー
ネム

ネムの感想・評価

-
ニンジャタートルズみたいなシルエット、、登場する度に笑っちゃう。最後らへんから こんなチンチクリンに殺されてたまるか(怒)って変な怒りが湧いた、、二人の演技が上手いだけに浮きまくってた、、ホントヒドイ
ryo

ryoの感想・評価

2.9
モンスターはおまけで母と娘の絆の映画。モンスターがやっと出てきた!と思ったら人間が中に入ってるのバレバレで冷めてしまった。全体的に暗くて面白くなかったけど子役の演技は良かったかな
骨壺

骨壺の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ダサハリボテ怪獣VS母子。
勝手に死ぬゾーイ・カザン。
こいつらはババドックに勝てない。
長々と続く雨降らしは好き。手間のかかる撮影、見るぶんには好きです。
UKITSUMTL

UKITSUMTLの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ただのモンスターホラーじゃなかった。
喧嘩ばかりだった母と娘が、取り残された森で襲われる恐怖の中で
互いに本当の絆に気づくヒューマンドラマだった。

映画自体、シチュエーションも怖がらせる手法も手垢のついたベタなもの。
怪物に至ってはCGや特殊メイクが進化し続ける今日とは思えない、いっそ出てこないほうがよかったんじゃないかというクオリティ。
しかしそれはドラマを引き立てる演出的なものであって本題じゃないのです。
極限状態の中で母と子が本音を曝け出し、回想を織り交ぜながら心を通わせていく過程を描いていくというのがこの映画のキモでした。
みなさんのいうラストの無駄死にも「娘を助けるために身を呈する母」の姿を描くにはこの上ないシチュエーションですし、
レアくらいの焼き加減で死ぬモンスターも「母の死を乗り越えて強く生きる娘」をこの上なくわかりやすく描くシーンなのでしょう。
ホラーとしてではなく、ヒューマンドラマとしてみればきっともう少し違った評価になるんじゃないでしょうか。

...多分。
雨の中、山中で事故に遭った親子
得体の知れない恐怖が忍び寄る中
これまでの二人の関係が交差し浮き彫りになってくるのだが
怖くもないし、内容的にも好みじゃない。


<鑑賞記録・あらすじ引用>
シングルマザーのキャシーは、10才になる娘リジーを車に乗せ、深夜の夜道を急いでいる。だがその田舎道には徐々に嵐が近づき、やがて車は路上でクラッシュして立ち往生してしまう。二人は助けを求めて道を歩くが、ただならぬ周囲の雰囲気に気付き始める。森の中には“何か”が潜んでおり、不気味な金切り声を上げながら母娘に襲い掛かってくるのだった…。
険悪な関係の母親と娘が、とある状況の中で壊れた絆を取り戻していく…

ちょっと!違う作品のレビューですよ!
タイトル・パッケージ・あらすじをみた方はそう思ったでしょう!
しかし、間違ってません。これはヒューマンドラマモンスターホラーなんです!

時折過去の回想も入れながら、これまでの背景を描いています。アル中の母親はほんと酷い。ダメ親なんてかわいいもんじゃないです。その母親が極限の状況で娘への愛情に目覚めて行きます。ちょいといい話ですが最後の行動は?だった。ダメ親でなくばか親にも写ってしまう行動でした。

クリーチャーの造形は残念極まりないです。まぁしゃーないか。これだったら最後まで姿を現さない手法の方が面白かったかな。

なんか不思議な映画でした。
モンスターパニック映画とみせかけて、母と娘の絆の物語。モンスターパニックヒューマン映画。

このレビューはネタバレを含みます

母と子の物語を織り込んだモンスターホラー映画!
どうみても母親無駄死にだろう・・というラストが頂けないが・・
それでも悪くはない作品。惜しい印象

https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2017/09/17/the-monster/

このレビューはネタバレを含みます

ママの無駄死に感が、、、
素晴らしいっ!!

それ以外は普通に面白かったっ