gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

4.3
悪い人もいるから良い人がより映える


主演の女の子、カドが取れて丸くなっていくプロセスがほんとに泣ける

ほんとは優しかったんやな、教室の一幕ですぐにわかった

ただ子どもにはあまりにも手に負えなすぎる天賦の才能が、まだ不安定なパーソナリティを今にも上書きしてしまいそうなことに少し戸惑ってただけ

クリス・エヴァンスは才覚があって人間としての器量も大きかった

さすが米国主将
mutuzo

mutuzoの感想・評価

4.0
この作品を観る直前に、「ジャスティス・リーグ」を観ましたが、私の中ではDCワールドvsクリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)になっていました(笑)。

天才的な数学の才能を示す7歳の女の子を巡る親権争いを通して、家族の絆について考えるドラマ。

数学の英才教育を受けさせたい祖母に対して、普通に育てて欲しいという姉の気持ちを尊重したい叔父が対峙します。

もともと暗算の才がある主人公が、暗算の仕方を教えていたくらいなので現状のままでもいいのではないかと思ったが、祖母の目指すところが凄すぎた。

子役の演技が素晴らしく、病院で他の親子の絆を観察するシーンにはジーンときた。

脇役として、「ドリーム」のオクタヴィア・スペンサーさんが出ていた。良い作品に欠かせない女優さんになったかな。

主人公の子供が、数式をスラスラと解いていく様子が、文系頭の自分には爽快に思えた。

飛び級が簡単にできる米国の教育システムもスゴイ。ノーベル賞がよく出るはずだ。

それと、片目の猫をよく探したものだと思った。
メアリーがおませだけど面白くてかわいすぎ
ヒューマンドラマかと思って感動一色か思ったけどメアリーのおませ発言でクスリと笑えます
これはきっと子供いる人といない人だととらえ方違うのではないだろうか
子育てってきっとどれが正解なのかなんて難しすぎる
アイアムサムで涙腺が吹き飛ぶ自分なので、涙することは必然だったこの作品。

予想通り泣かされた笑

メアリーの個性と魅力が爆発する。

おまけに数学の天才。
何故だか自分が好きな映画のキーワードが揃ってきた笑

月並みだけど笑えて泣ける素敵な映画。
才能に合わせた環境かそれとも普通の生活か
相対する才能を育てたいエゴを描くのは当然として普通に育てたいという主人公のエゴまで描いてるのは見事
その争いの末の着地点は正しいと思うし、好き
ただ映画的には面白いのだけれども、あまりにも天才すぎてフィクション感が強いのが親子の話の背景としてはノイズかも
あめ

あめの感想・評価

-
夕日の中のふたり、シルエットのシーンが忘れられない
あき

あきの感想・評価

4.0
育て方次第でその子の人生を潰しかねない。成長して道を選択する時は来るけど、その時が来るまでは正しい選択ができるように、選択肢を増やせる能力をつけられるように育てていかなくてはいけない。
子を正しく育てることは難しい。
…と、結婚もしていない人間ですが改めて思いました。

フランクもロバータもボニーも素敵でしたがメアリーの、大人びた言葉使いとは裏腹にフランクやフレッドと接している時の無邪気さが可愛すぎでした。
ちょこっと笑えるシーンもあって、最後は心穏やかになれる良い映画でした✨
Kohri

Kohriの感想・評価

4.1
同監督の『(500)日のサマー』は大好きな作品なのだが、本作品も同じぐらい心に残った映画。

物語が美しい。
まず登場人物のキャラクター設定が素晴らしいこと。
大人の知性を持ちながら無邪気で子供らしい天才少女メアリー。
メアリーが飼う片目猫フレッド。
天才数学者の姉を持ちながら経歴が謎の男フランク。
執拗に追いかけ、親権を奪おうとする祖母。
隣人のお節介な黒人女性…。

この個性豊かな人物たちによる劇は、前半はテンポの良いキューティーなコメディ、後半はゆったりとした泣き系心理描写となっており、このギアチェンジは少し強引と思えるが、素晴らしいストーリーであることには変わりはない。

安堵感に満ちたラストシーンで、また涙が。。
shtoku

shtokuの感想・評価

3.0
Mr.キャプテンアメリカ、クリス・エバンスが魅力の気軽に観れる一本。娘役の演技も素晴らしい。
takuma

takumaの感想・評価

4.5
本当の親子ではないけれど、親子以上に固い絆で結ばれているフランクとメアリー(とフレッド)に感動。
好きな台詞は
「おはようございます、スティーベンソン先生。」笑