gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

sumino

suminoの感想・評価

3.8
毒親との決別ではなく、一人の女の子のために別の道を模索する話。
観ていて「うさぎドロップ」「よつばと」の雰囲気を感じた。
最後の猫の件で、主人公の性格が微笑ましく、より好きになれた。
こば

こばの感想・評価

4.0
出演者の演技が素晴らしい。良作でした。
この映画から得た教訓は、妥協と取引はしてはいけない、約束は破ってはいけないということ。
文太

文太の感想・評価

4.0
これも昨年の夏の飛行機で見ました。

大号泣でした。よく私アレで誰も起こさずに静かに泣けたと思います。

もう一度見たいです。そしてまた細かい感想を更新したいと思います。
萩

萩の感想・評価

4.9
こういう親子もの?が好きなのもあったけど後半は感動。ドラマ系なのに展開が見ていて飽きずうまいなと思った。
ノブリン、フランクどちらの考えも決めつけ難いもので考えさせられた。キャプテンアメリカのクリスエヴァンスが父親役してるのも目新しさがあって面白かった。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

すごくすごくすごくよかった!
普段はこういうの全くみないのに何故か惹かれて見てみた!
ほんとに良かった、、、余韻
感動した!
まさか先生(ボニー)とフランクがやるなんて さすが海外映画(笑)
子供を育てるにおいて大切なことは何か
結局答えは愛なのかなって思った
親子でメアリーの親権を争うのはきつかったなあ
最終的には天才のメアリーの才能を伸ばすためにレベルの高い勉強もさせつつ、普通の子供と同じように小学校で遊ばせて友達作って!
理想的な終わり方😌
n2

n2の感想・評価

4.5
小さくまとまってる良い映画でした

マークウェブ監督の映画は自分にうまくハマる気がします、会話のセンスがいいです

教育は難しいですね


2人の距離感が最高
たま

たまの感想・評価

4.2
大人たちはたくさんのタラレバを抱えて生きている。その積もり積もった思いを子供に反映させ、勝手に期待して 勝手に落胆して忙しい。
この世に生を受けた瞬間から、彼ら・彼女ら自身の人生は始まっていて、それは誰のものでもない。
どんなに幼い子供だろうが本人以外が人生を決める権利なんてない。

我が子の将来を想像するとワクワクする。
どんな道を選んでも、寄り添って一緒に悩んで歩んでいけたらいいなと思う。



大人が子供に教えなければならないのは
転ばない方法では無く、
むしろひとは転んでも何度だって立ち上れるという事

ってハチクロで森田さんが言ってたな。
ん〜名言。


作中の二人の掛け合い、とても良かった。
のん

のんの感想・評価

4.3
よかった‼︎と同時になかなかに苦しい映画でもあった。
親になったことはないから想像の世界だけど、苦しいなぁ。なにが子どもの本当の幸せかなんてわからないし、たらればになっちゃうけど。
でも、笑顔で生活できるのが一番幸せだ。

とにかくメアリーが可愛すぎてハンパないっ‼︎そして演技が素晴らしいっ‼︎

関係ないけどかわいい子どもつながりと家族のあり方って点で何となく「メイジーの瞳」を思い出してしまう‼︎見返そう‼︎
泣いちゃうよこれは
私は天才じゃないから英才教育家庭受けてないけど縛られて生きるのは嫌だわー
天才は大変だね

超絶可愛かった
可愛さ爆発
大人びた感じもありつつ子どもさもかなりある感じがもうすき
みろく

みろくの感想・評価

5.0
端的に言ってクリエバとメアリー役の子の組み合わせが最高だった。常にクリエバの厚い胸板に抱きしめられたい。
メアリーの7歳らしからぬウィットな会話が楽しくて、かと思えば子供らしく戯れる姿もめちゃくちゃかわいい。ビクともしない屈強な肉体をもつフランクに対してメアリーがまるで大木に掴まるみたいにぶらーんとしてみたり、病室の待合室で座るフランクの膝にグデーンと大の字で伸びてみたりしてみていてかわいいが限界突破していた。おまけにフレッドという片目のベリーキュートな猫ちゃんもいる。最早かわいいの大渋滞。フランクがメアリーを手放さなかった理由で「個性が爆発するんだ」と吐露したシーンで全力で頷いたよ。わかりみ深い。gifted= 神または天から与えられた“資質”、または遺伝による生まれつきの「特質」というそうだけど、病院のシーンを見ていたらそれだけじゃなくてメアリーが産まれてきたことそのものが「gift」なんだと改めて気づかされる。すごく丁寧に作られてるなと感じたし、もちろん再会シーンでばっちり泣いた。好きです。