gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

Dさん

Dさんの感想・評価

3.9
シンプルなストーリー
子役の子がかわいすぎて!!!
にしても、感動しました
jerry

jerryの感想・評価

-
天才の人生を託される難しさ。クリスエヴァンス演じる叔父の揺れる気持ちがひしひしと伝わり一緒に悩んで考えた。
子役がとにかく巧い。役者としてまさにgifted。物凄く子どもなのに時折圧倒的な才能を覗かせる様にドキッとする。
片目の猫フレッドも可愛くて、朝一で観るのに最適な映画だった。
泣けました。見てよかった。

正解はどちらか分からないけど、子供の意見を優先したいなー。
いろいろ考えさせられた。

ロベルタすごくいい人~
メアリーの演技力すごかった。
ソラノ

ソラノの感想・評価

4.6
素晴らしい作品です。ネットの高評価も頷ける良い映画です。
とにかく展開のテンポが良く、無駄に思えるシーンが全くありません。全てがうまく繋がって、1つの結末に収束しています。
子役のマケナ・グレースの演技が素晴らしくて、天真爛漫な表情と、才能を発揮する際の大人びた表情の使い分けのバランスが絶妙でした。

アメリカの日常を描いた映画ですが、描き方がうまい印象的なシーンがいくつもありました。

この映画について、オチが弱いという意見が散見されますが、この映画にはそんなどんでん返しや驚きの展開は不要です。ベタな設定とストーリーを、まっすぐにやり切っているところがこの映画の魅力ですから。
子供いないけど、職業柄、能力の有無に限らず他者の意向に添いつつ裏切りつつ如何に伸ばすか、ということに日々考えさせられているので、結構刺さった。
sari

sariの感想・評価

5.0
女の子の演技に引き込まれた。この世に生を受ける尊さを叔父が彼女にわからせるシーンが素敵だった。幸せについて考えさせられた。
愛情の優先順位を考えさせられた。
将来自分に子供が出来たら、好きな事をさせようと思った。
心温まる映画。
類稀な才能を持つ年端も行かない子供のために、周りは何をしてあげられるのか?何をしてあげるのがベストなのか?

子供の思うがままにさせてあげたいが、たとえ両親から取り残された子供とは言え、社会性を養うために"普通"の学校生活が必要だと考える。これは一般的な家庭の望み。

しかし、かなり特殊な能力を持つ子供・メアリーには、その才能を開花し伸ばすために、その子の人生の大半を犠牲にしなければならない。これは選ばれた家庭の望み。

人類の発展のためか、個人的な幸せのためか。

子供は小さな胸を痛めながら、一つだけの望みと引き換えに大人の事情を呑み込む。

「ずっと一緒だ」

という叔父・フランクの約束、それだけ。

なんか、ずっと泣いてた。
ずっと銀幕が霞んでた。
ずっと。
こま

こまの感想・評価

3.7
天才を生きにくくしているのは、取り巻く環境と欲深い大人たちだ。凡人でよかった。
メアリーのおませで小生意気な可愛いさよ。
kaorui

kaoruiの感想・評価

4.0
深いタイトルだ。
天から与えられた才を核心にして、
挫折した生を送るフランクはメアリーとの暮らしの中で一歩踏み出しそうとする。デカルトを姪に送るシーンは彼の再生を予感させる。届けられたもの。
娘のレポートは祖母に届けられ、失われた娘の生を祖母が引き継ぎ担う。
傷ついた中から皆が一歩を踏み出す様は感動的だ。娘と妻と観た。