gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

Hana

Hanaの感想・評価

4.3


特別な才能、giftedをもって生まれたメアリーと姪である彼女を育てるフランクの物語。

<普通>に生きて欲しいというフランクの考えからメアリーは小学校に通い始めるが、彼女の才能が日の目を浴びるとともに2人の生活に変化が巻き起こる。

フランクがたびたび見せる普通ではないことへの抵抗感や、メアリーに送る印象的な言葉の数々、祖母イブリンの執着心、全てがこの物語の背景に、そして結末に結びつくカケラだった。

音楽やカメラワーク、光の使い方など言葉以外で登場人物の感情を表しているのが露骨すぎずでも印象的で不思議な感覚になったのは私だけかな。

そして印象に残っているのはメアリーのハツラツとした演技、7歳の天才少女の子供らしさと天才たる一面をすんなり受け入れられる形で両立させていた。

話の骨組み自体はよくあるストーリーかもしれないが、私は前情報を入れなかったこともあって中盤から泣きっぱなしだった。

各シーンに愛が詰まっている。

なにを伝えたいのかが鮮明で、重くなりすぎずなおかつ素直に泣くことのできる映画。素敵な時間でした、公開したらまた見にいきます。
Nishmarra

Nishmarraの感想・評価

3.8
既視感・クサさあるけども丁寧に作られたハートウォーミングなやつ。7歳の天才女子とその叔父(30歳ぐらい)を等しい目線で描いてた。

やっぱ誰よりもその物語を信じなあかんのは監督自身やな、と思いました。
SushidaJun

SushidaJunの感想・評価

4.6
いやー泣きましたー。超直球
ど真ん中ストライクの大好物
な映画でした。闘う親父と生
意気ざかりの女の子。このコ
ンビやっぱり最高。今回はそ
んな2人のささやかな暮らし
が、女の子に秘められた天才
的な才能によって揺らぎ始め
るっていう物語。その才能を
他のなによりも優先して伸ば
すか、特別扱いせず普通の女
の子として育てるのか。神様
からの贈り物であるこのギフ
トをどうするのかという話を
軸として、幸せとは何かとい
うもっと大きなテーマを投げ
かけてくれる。うん、間違い
なくいい映画でした🎬
天才数学少女と叔父の交流を描いたマーク・ウェブ監督作品。天才少女を演じるマッケナ・グレイスのひねくれ演技は必見。数学の才能とはいわば大いなる力であり、それに対する責任というテーマは同監督作『アメイジング・スパイダーマン』に通じるところがあるのでは。
yuu

yuuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

Filmarks試写会

イブリンの娘そしてメアリーの母としてのダイアンの気持ち
優秀な数学者ダイアンの母親であるイブリンの気持ち
フランクとフレッドとロバータと数学が大好きで、自身がgiftedであるメアリーの気持ち
そして、姉を救えなかった罪悪感とか姉に託されたからとか関係なく、大好きなメアリーを育てているフランクの気持ち

みんなの気持ちや行動が、真っ向から対立してても本当はたくさんの優しさとか愛とかに包まれてたところにすごく心うたれた
みんな、複雑で様々な気持ちを抱えているのがすごく伝わった

楽しそうに数学に取り組んで、ボートに乗って、喧嘩しても子供大人関係なく人対人として真摯に謝って仲直りして、出産を心から喜んで。
ピアノが置いてあって、フレッドを救って、下書き用紙の涙に気づいて、友達と過ごして、そして「約束」して。
節々に素敵なシーンがありました。


優れた才能を持つ子供"gifted"という言葉は、言葉としても意味としてもすごく素敵なものでもある、一方で時には責任を負わされるような残酷なものにもなるととても印象に残った。

何が幸せで、何が不幸せかは個人でも違うしわからないけど、自分の大好きな人達と一緒に過ごせるのが幸せなんだろうなぁ

大元はありふれたストーリーだったかもしれないけど、きっとそれだけじゃないしそう思わせてくれる素敵な映画でした。

キャプテンでないクリス・エヴァンス観れたし、マッケナ・グレイスとってもかわいかったし、オクタヴィア・スペンサーはドリームからさらに好きになりました!笑
(長々と失礼しました。)
anca

ancaの感想・評価

3.8
子供にとっての最善の環境とは。
ありがちな題材をストレートに描いているにも関わらず、思わず何度も心揺さぶられるような愛に溢れた作品だった。
メアリーと叔父フランクの互いを理解し合っているような関係性も素敵だし、隣人役のオクタヴィア・スペンサーがまたいい人笑
この3人でひたすら病院の待合室で待ち続けるシーンが良かった。

あとメアリーを演じたマッケナ・グレイスちゃん。
大人っぽいのに時々見せる子供っぽい無邪気な感じがかわいすぎるし、フランクに置いていかれたシーンでのショックや怒りや恐怖が混ざったような複雑な感情の表現がすごかった。
歌もお上手なようなので今後の出演作注目していきたいです… 💭
「gifted」試写会にて鑑賞。天才子役と評判のマッケナちゃんの演技にはただただ舌を巻き、クリスくんの繊細な演技からは目が離せない、二人のシルエットが重なるシーン全てに愛おしさが溢れる映画でした。
二人を取り巻く名優たちも忘れられない。
愛すべき一本です。
yugyug

yugyugの感想・評価

4.0
メアリー(マッケンナ・グレイスちゃん)は数学の天才だったけれど、それでもまだまだ7歳児の甘えん坊。共に暮らす叔父のフランク(クリス・エヴァンス)が大好きで、フランクもメアリーを我が子の様に可愛がっている。そんな二人(と片目の猫フレッド)の心がホッコリ温まる物語。

とにかくマッケンナ・グレイスちゃんの、むくれ顔やしたり顔がむちゃくちゃカワイイ。クリエヴァは筋肉を封印はしつつも、ビジュアルはそのままに服を着ていても文句無しにカッコイイ。

カワイイ、ホッコリ、ニヤニヤ、ジーン、あっ…またカワイイ…/// (クリエヴァは常にセクシー)

おもしろいを全部出そうとしてくるので、素直な気持ちならば楽しめる。ちなみに観客のすすり泣きが至る所から聞こえた…
S

Sの感想・評価

3.7
試写会にて

子供育てる難しさと尊さを感じられた

メアリーの才能とませた性格の裏に子供らしい弱さや無邪気さがあり、どちらを選ぶのが彼女の幸せなのか一緒に考えさせられる映画でした

フレッドがかわいい〜
373

373の感想・評価

4.0
飛行機で鑑賞
したのを思い出した。
何が正しいのか、やってみないとわからないけど、愛を持って正面から向き合うことを続ければ、どんな選択も受け入れられるというか。それがきっと最終的に正しいって思える、のかなあ。
マッケナグレイスちゃんが可愛すぎて見惚れる