gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

やし

やしの感想・評価

3.6
夕焼けのシーンがよかったね、とたまたま一緒に観たこと話した。ストーリーは想像できるしその通りに進むのだけど、映画的な画面で感動させられるシーンが多かったように思う。
500日のサマーの監督だってことを、観終わってから教えてもらった!それにしては、あまりサントラが好みじゃなかった笑
uca

ucaの感想・評価

4.8
家族ものに弱いっていうのも大いに関係してると思うけど、久しぶりに映画であんなに号泣した。目腫れた。

スーパーかわいいし 優しくていい子だし 大人びてるのに走るな!って言われて走っちゃうところとか子供なメアリー、めちゃくちゃよかった、、
難しい問題を解いてるところは台本ってわかっててもゾクゾクしてしまったよ、、

いるよねえ、ああいう教育ママ。
自分の考え=子供の考えって思い込んじゃってて自分が追い詰めてることに全く気づいてないんだよね。

大のお気に入りはメアリーが隣人のロバータおばちゃんとノリノリでカラオケしてるシーンで、皮肉まみれの「Good morning,Ms.Stevenson.」は超笑った。

点と点が繋がる感じがたくさんあって気持ちよかったなあ〜〜

チョコレートドーナツでも思ったけど本人の意思に関わらず、権力とかお金を持った大人の都合で行われる裁判って本当にいやだ。

ラストはわたしがバカだからかあんまりよくわかんなかったけどなんにせよガールスカウト姿で難しい講義受けてるメアリーはかっこよすぎた。
Mana

Manaの感想・評価

2.9
飛行機の中で見た。若干眠かったからなんとも言えないけど、ちゃんと見てたら多分結構泣いてた感じのはなし
家族か環境か、人が育っていく上で何を優先すべきかという延々と突きつけられる問いについて考えていく事となる本作は、問いが非常にベーシックな中、またしても登場した天才子役の演技に心奪われること請け合い。

子供を感じさせる部分や、優れた知性の発露、時にシニカルなやりとりなどホームドラマ的要素を一手に担う彼女の生き生きとした存在感がしっかりと打ち出されていて、そこに加わる大人の苦悩と相まってグッとくるドラマに仕上がっている。

クライマックスは痛快さと温かさが入り混じっており、非常に鑑賞後の感覚が心地良い。
本当に心温まるハートフルな映画。

天才的な才能を持ったメアリー。
その才能を伸ばすべく英才教育を受けさせたいエブリンと才能に関係なく普通の子供らしく育って欲しいフランク。
子供のことを考えたときに何が幸せか考えさせてくれる作品だった。

この作品を見て、子供の意志を尊重して育てていきたいなあと思った。
そして、なによりも大切なのは愛情に照らされて育つこと。それが、まっすぐ育つためには不可欠だなと思う。

なんて、子供もいないのに子育てについて考えてもしょうがないけど、メアリー役のマッケンナ・グレイスの可愛さはほんとーに子供欲しくなる!
子育てに悩んでる父親、独身男性どちらにも勧めたい映画でした!
クロ

クロの感想・評価

4.0
ギフテッド!
数学の才能を持った小学一年生!
生まれてすぐに母親は自殺し、弟が育てる!
親権をめぐって実の親と対立!
springtree

springtreeの感想・評価

4.0
フルハウスのジェシーとミシェルみたいな、2人の関係が愛おしい。
女の子のまつ毛長くてとにかく可愛い!
すごく好きで、よく出来た映画でした。
泣きました。

話は良くある感じなのだけれど、気の利いたジョークと、メアリーの可愛さで映画の魅力が掛け算になってた。


何よりセンスが好き。感傷に浸り過ぎないで、ユーモアで落とすとことか。親に愛されてないと傷つく子どもを連れていく場所とか一捻り効いてて、ぐっと来ました。
メアリーとフランクの別れのシーン、クリスエヴァンスの感情が、もう・・・。本当に苦しくなった。素晴らしい演技と演出。

いやーでもやっぱ「おはようございます。スティーブン先生」は最高。
竹輪貫

竹輪貫の感想・評価

4.3
主人公フランクはメアリーの天才的な数学の才能を知っていながら、他の子供たちと同じように扱ってほしいと願っています。それに対しフランクの母エブリンはメアリーに英才教育を受けさせようとします。二人の間で揺れ動くメアリーの気持ちを丁寧に捉えた作品でした。


何より驚いたのは、クリス・エヴァンスの役どころです。
今回のクリス・エヴァンスはめちゃめちゃ強くて、ヴィブラニウムでつくられた盾を……………持ってないんです笑笑
終始丸腰で、おそらくめちゃくちゃ喧嘩が強いというわけでもないんです。

クリスが演じたのは姪のメアリーと猫のフレッドと静かに暮らす独身男性フランク。

キャプテンアメリカのイメージがとても強い彼ですが、ギフテッドでは力任
せではないすばらしい演技をみることができました。

姪のメアリー役のマッケンナ・グレイスもめちゃめちゃ良かったです。

すごい子役を見つけちゃったってことで、「アイ、トーニャ」もみることになりそうかな❓

このレビューはネタバレを含みます

 天才であるが故に缶詰にされ、人権を奪われている状態であった母親は、その子供を守るために弟に託し自分は自殺してしまうという設定には、少し無理があるように思える。
 弟がここまで、頑張りとおせるかを数学的?に予測することは、相当に難しいように思うのだが…。映画は十分、面白く、しっかりと泣かせていただいた。
 ただ、黒人弁護士は、この事態を知っていたのか、まさか、お金をもらっていたとかではないでしょうね…。弁護士が推薦した示談だったのだが、お金をもらっていたのは、里親の夫婦だったのだろうと想像できるが、この場合、弁護士の立場はどうなるのだろう…。映画を見終わってから、ふと考えこんでしまった。