gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

Lie

Lieの感想・評価

4.0
子どもが振り回されるのは結局、子どものことを考えてる「つもり」の大人の事情なわけで。子どもにとって何が一番なのか。でも、ただの我儘はダメ。子育てって難しいんだな…

フランクが我儘は許さない育て方(嫌がってても学校に行かせる、ゲーム感覚で夢中になってる数学を中断して外へ連れ出す、等)をしていて好感度大。
病院のシーンでフランクがいい父親だ、ってはっきり分かりました。
近所のミニシアターで漸く上映され鑑賞。天才少女メアリーの成長過程と親族を中心とした教育環境、育て方の衝突にフォーカスした作品。

努力を継続し続けるイチロー選手、三浦知良選手も間違いなく天才。本作はどちらかと言えば先天的に授かった頭脳型天才。

頭の良い天才の育成方法は難しいんだろうな。本人、家族を超え、国家レベルでの英才教育になるからね。そこはスポーツのナショナルトレーニングセンターなんかも一緒かな。

ラストシーン。少女メアリーが、学校に戻り友達と戯れるシーンが答えであり、少女らしさが溢れていた。

⭐️教訓⭐️この世に生を受けたことこそが奇跡。最後は天才も凡才もない。らしく生きること。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2018/01/19

やっと鑑賞〜〜やっぱり映画館で観ておいてよかったなあと思える作品だった。
思いの外泣かされてしまって困った。
良い話だなあ。
才能を伸ばしてあげることと、無理をせず平凡な幸せに抱かれ自然に育っていくこと。
並外れた才能があると なかなかうまくいかないもんなんだろうなと思った。
おばあちゃんもきっと多少の欲はありつつも、天才ならそれを伸ばしてあげられる環境を与えたいとおもうのは自然なことだと思う。本人が望んでいないのならまだしも、メアリーは通っている小学校を物足りなく感じていたし、難しい本や問題を解いているときとても楽しそうだったし、もっとそういうものを求めていた。
だけれどメアリーは同時にフランクとの生活を愛していたしフレッドが居る家や、綺麗で広くなくても暮らし慣れた普通の生活を望んでいた。
フランクも実の母親と裁判で争うなんてこと辛かっただろうな。フランクのお母さんもそうだろうけど。
フランク母が 『あなたと対立したわけじゃないわ、考えが対立しただけ』というようなことを言っていたけど確かにそうだなあと。普通その人自身を憎んでしまうけど、そこらへんの線引きがフランクも、フランク母親も出来ていて大人だなと思った。

にしてもメアリーの担任の先生はとても良く出来た人だなあ。口が立つ子どもの相手は普通容易じゃないし正直憎たらしかったりするけれど、この子は才能がある、だから伸ばしてあげたいと動けるその柔軟さが、メアリーは先生に恵まれたのかも。

フレッドを保健所に出すなんて許せない。それだけでわたしがフランクだったら母親のことを許さないと思うな〜〜
フレッドを保健所から引き取るときに、フランクはついでにあと2、3匹連れ帰っていたようだけど その猫たちとメアリーの初対面がなかったのですこし残念だった。
メアリーが猫たちと対面して喜ぶところ観たかったな。あのあとどうなったんだろう。一緒にフランクやフレッド、メアリーの家で暮らすのか、それともフランクは里親を探したのかな。もしかしたら一匹はボニー、もう一匹はロバータが引き取るのかもしれない。
フランクのお姉さんは本当にお母さんのことを恨んでいたんだろうな。死ぬまで発表しないで。相当な言葉だとおもう。
それをお母さん知ったとき、とてもとても悲しかっただろうなあ。
自分ができなかったこと、自分が家庭を持って子どもをもうけたことでやり遂げられなかったことを、才能ある我が子に達成してほしい。その気持ちはわかるけれど、やっぱりその子の本当の気持ちを大切にしてあげられないといけないなと思った。
いなくなってしまっては、意味がないもの。きっと難しい問題が解けろうと解けなかろうと、偉業を成しえようと、生きていてくれるだけでいいんだと思う。し、そう思いたい。


映画館
【Giftedとは誰の為のものなのか】

この映画のタイトルにもなっている「Gifted」という言葉ですが、日本ではあまり聞き馴染がないかもしれません。

一般的に日本では「GIFT(ギフト)」と聞くと「贈る」「贈り物」「プレゼント」というイメージで使われることが多いと思いますが、これがGiftedとなると実はあまり使われていないと思います。
一方アメリカでは「Gifted」というと『神様から与えられた特別な才能』という意味になります。
これはキリスト教的な考え方なのかもしれませんが、日本人ってそういう存在を「天才」っていう一言で片づけてしまいがちですよね。いわゆる「偶然生まれただけ」的な。
でも、Giftedってちょっと違うんですよね。神様がその人に与えた才能、能力、特別な力だから偶然ではないんです。神様の意志なんですね。
で、それを伸ばすも殺すも本人の考え方、受け止め方、そして努力次第というところです。

さらに言えばGiftedは才能だけを指すわけではありません。
わかりやすい例が「バットマン」です。先日の「ジャスティスリーグ」の1シーンで「あなたの能力は?」と尋ねられたブルース・ウェイン(バットマン)が「金持ちさ」とジョークのように答えるシーンがありましたが、あれもGiftedなんです。超が付くほどの資産に恵まれた家庭に生まれたブルース・ウェインがその与えられたものをどう使うのか?これが彼にとってのGiftedとも言えるのです。
同じようにマイケル・ジャクソンは歌とダンスの才能を与えられたと評されています。

主人公のメアリーは数学の天才的な才能を持った7歳の女の子。まさにGiftedだ。そして彼女をめぐって「Gifted」として育てることが正しいのか?一人の女の子として普通に育てることが正しいのか?周りの人間たちの様々な思惑の中でメアリーは翻弄されていく。

まず何よりもメアリーが可愛い。これだけで星3つくらい上乗せしてもいいくらい。
そして、天才的な一面と子供らしい無邪気な一面を見事に共存させた演技は本当に素晴らしかったと思う。

そして周りの大人たちの思惑も間違いなのかというと必ずしもそうとは言い切れない部分もある。
フランクは「とにかく普通の女の子に育って欲しい」という願い。
方やおばあちゃん(イヴリン)は「彼女は特別な才能を与えられたGifted。その才能を埋もれさせることは罪だ」と言わんばかりに彼女への英才教育を強行しようとする。
数学の勉強自体は嫌いじゃないメアリーもイブリンの提案に興味は示すが・・・。

本当の幸せってなんだろうか?もっと言えばGiftedっていったい誰の為ものなんだろうか?

イヴリンは娘(つまりメアリーのお母さん)が同じくGiftedだったのに、自分の手からするりとこぼれ落ちるようにいなくなってしまったことがずっと引っかかっていたのだ。だから次(メアリー)こそは必ずGiftedとして数学の世界で成功させたいという野望にも近いものを燃やしていた。
しかしフランクは何故メアリーの母が最終的にイヴリンの手を離れようとしたのか、その真意をイヴリンに告げる。

Giftedとは誰の為のものなのか・・・。

メアリーには青春を謳歌し、自由に恋愛をし、自分で未来を切り開く、そういう普通の女の子に育って欲しい。そういってフランクにメアリーを託したのだ。そう、それは自分がイヴリンの期待に応える為に犠牲にしてきたこと・・・。

何が正解だったかはわからない。ただ、メアリーの人生にとってはとても大きな出来事だったと思う。自分が何者であって、そして自分の愛してくれる大人がいて、自分の将来を真剣にみんなが考えてくれたんだから。


「フレッドは鳥をみるのが好き。捕まえたいと思うけど後悔するの。殺すより愛するタイプね」

メアリーがフレッドについて語った何気ない一言。だけどフレッドを愛するメアリーの優しさが伝わってくる素敵な一言だった。
フレッドも幸せもんだな。あんないい「家族」に飼われてるんだもん。
Lindsay

Lindsayの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

マッケナ・グレイスちゃんのファンになりました。他人よりも秀でている少女がはまり役。
クリス・エヴァンスの新しい一面を見れた映画でもありました。
隣に住むおばさん役のオクタヴィア・スペンサーはドリームといい評決のときといい、良作に恵まれていますね。
正直途中のラブシーンいらない、、、
子育てって何が正解なんだろうって考えながら見てた。

出産に立ち会うシーンと養子縁組のところで号泣してしもた…
みな

みなの感想・評価

4.5
7歳にして数学の天才であるメアリーをめぐる物語。
自殺したメアリーの母に(自分の姉)メアリーが普通の生活を送れるように依頼され、天才だけど普通の子供になれるように奮闘するフランク。
しかしメアリーの才能に目をつけた母(メアリーの祖母)とメアリーの養育権獲得の為に裁判が始まる。
メアリーの才能を伸ばし歴史に名を残したい母と姉の遺言通りメアリーに普通の生活を送って欲しいフランク。
天才の姉を持ち、自らも母のスパルタ英才教育を受けたであろうフランクはどうしても母にメアリーを預けることがメアリーの為になるのか確信が持てない。
しかしメアリーは紛れもなく天才であり才能を伸ばすか普通の子供になるのがいいのか難しいところ。
何にせよメアリーが幸せになれる道が1番なのかなー。
masa

masaの感想・評価

3.0
冒頭で天才数学少女の話で期待したが、そこて取り上げられる数学的命題については(ミレニアム問題である点を除いて)意味が無い。

なんで『ナビエ・ストークス方程式』なのか。それを物語に盛り込んでほしかった。数学の命題から得られる示唆は必ずしも数学的なものだけではないはずで、その示唆を得るような映画を観てみたい。

とはいえ、マッケナ・グレイスの演技は素晴らしかった。
はま

はまの感想・評価

3.8
急遽チケットをもらったので、劇場へ… って、スクリーンちっさ!!!(衝撃)

映画館に行くようになってから今までで1番小さいスクリーンでした… ちょっとお金ある人なら自宅に設置できそうな…
もちろん座席数も少なくてちょっと気まずかったです(?)

私のお目当ては当然ながらクリエヴァ、ですが、マッケナちゃんの天才少女っぷりもなかなか話題になってて気になってました。
あらすじをざっくりとしか知らないのは相変わr

テーマがテーマなので絶対泣かしにくるやろな〜〜と覚悟して、で、結局ちょっと泣いちゃったんですけど(笑)
でも物語に泣かされたというよりは、マッケナちゃんとクリエヴァの演技に泣かされたという感じでした。

ストーリーが意外と「うまいこといきすぎかな?」って感じるところがあって、でもだからこそまとまってて、完璧ではなかったけど十分ホッコリできました。

家庭に還元できる日常生活の名言がいっぱいあった……。
子供はふとした時にドキッとするようなことを言うし、今作のフランク(クリエヴァ)はめっちゃ的確な言葉をかけるし…

「天才」は滅多にいないかもしれないけど、「父と娘」で当てはまる人たちは少なからず観て感じるものがあると思いました。



クリエヴァの「こいつ只者じゃないな」感ある筋肉はこういう映画やってると若干余計ですね(笑)
あと今作の助演男優賞は確実に猫🐈🐈🐈

猫飼いてえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
re6

re6の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

感動した。

giftedの特徴をよく捉えられていると思う。

子供にとっての本当の幸せとは何か。親や親族のエゴで子供を所有物のように扱っていないか。様々な事を考えさせられる映画。

子育ては難しい。