gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

久々の良い映画!
女の子も可愛いし、にゃんこも良い!
養い親である叔父さんとお隣に住んでる黒人のおばさんとのやりとりも面白い。おばあちゃんの出現はハラハラさせられてばかり。
でもこの映画の良いところは出てくる人全員が女の子の幸せを願っていること。
この子にとって何がベストなのか。それを全員が真剣に考えて、意見の衝突もあったり悲しい思いもするけど、根底には深い愛情がある。
見ていて暖かい気持ちになれるし、ほっこりさせられるそんな良映画でした。おすすめです。
tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

3.5
数学の天才的な才能を持った小さな子どもをどうやって育てていくかの葛藤の中で見つけていく幸せ。
会話のやりとりがいちいちおしゃれで笑えておもしろかったです。
あい

あいの感想・評価

4.7
大晦日に見てよかったと思えた作品。
とってもとってもあったかい。
女の子がとってもかわいい。

いちばん大事なものはなんですか?
なんて、映画の広告で
何度使われてきたものだろう。
でも何度だって考えたいことなんだ。
何度目でも、ああ、きっとこれが大切なんだよなんて映画は教えてくれるんだ。
Victoria

Victoriaの感想・評価

3.9
養子に出され泣きわめくメアリー
ほんとは心が痛むがその場から離れる父
あのシーンの演技は素晴らしくほんとうに心が苦しくなるほど2人の気持ちが伝わる
horry

horryの感想・評価

2.6
ホロリとする台詞やシーンがいくつかあったものの、正直、あんまりピンとくる作品じゃなかった。
母と子の対立の背景の薄さが原因かな…。

気になったのは、オクタヴィア・スペンサーの役どころ。タフで優しく、包容力があって正義感も強いが機転もきき…って『シェイプ・オブ・ウォーター』も『ドリーム』も同じ。
どの映画でも重要なポジションだけに、あまりにも同じようなタイプで、ある種のステレオタイプだな、と興ざめしてしまった。
林檎

林檎の感想・評価

4.0
自分の限られた語意では言い表せれない。

前作500日のサマーが大好きで、砂浜で座る2人の画をみてから、ずっとずっと観たかった映画。夜更かしの朝、劇場にきて本当によかった。

始まったのは、目覚めのシーン。スペシャルな朝食~の会話のやりとりで心を一瞬でつかまれる。絶対私の大好きな、ベストムービーになるはず!

だれかと共に生きていくのはシンプルな気持ちで強く繋がっているからなのかな。メアリーの人物像&演者の素晴らしさがすべてを物語っていると思う。
zogli

zogliの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

予想可能なストーリーだけどそれで良い、それが良い

映画でも小説でも漫画でも、幼女とおっさんの組み合わせ(クリスくんをおっさんに分類するのは個人的には憚られるがざっくりした一般論と考えてほしい)が大好物なので是非観に行かねばと思ってたけど、期待してた以上に素敵な作品だった
(顔も身体も良い独身男が姪を引き取るって…そんな優良物件居るかよ保守的な地域の田舎のゲイくらいだろ?と思ったけどそのへんの予想は外れた フランクがメアリーに何か言い聞かせる時に選ぶ言葉が妙に思慮深くて、ただものじゃないなと冒頭から思ったけどまぁ成る程の過去だった… )

メアリーがフランクにじゃれついてるあたりの画面の作り方が好みで、監督誰だと思ったらマークウェブだったのね…アイリーンアドラーとかの小ネタのセンスも好き

裁判劇のところ以外は画面も台詞も泣けるくらい優しくて好き 泣いた
最初から登場人物みんな自分の正義に一直線過ぎて不器用でギクシャクしてるので、柔軟性/妥協点あるいはショック療法というものは必要なんだなとか思いながら観てた

フランクが(罪悪感から来るものとはいえ)姉の遺志に固執し過ぎ無ければ裁判回避しつつ同じ結果が得られたんじゃ?とは思うけど、あの里親云々があったから2人の絆も深まったのだと思うし、最後ちゃんと2人が幸せになったので、満足
あの教師とくっつかなかったのも良かった

ピアノピアノ言ってる割に結局全く弾くシーン出てこなかったの、ピアノ=実現不可能と認識しているけどあえて口に出して乞う事で愛情をためすというかかまって欲しかった、のかな どうでしょう

寝転がってる胸の上に急に7歳女児にのしかかられても全く問題ないほど出来上がった肉体の、愛情深い独身の叔父さんなんて現実には存在しないからな!!!とツッコミつつも、あの身体に安スーツ着せる映画もなかなか無いのでそのへんも楽しめた
sayaka

sayakaの感想・評価

3.6
雰囲気ちょっと暗めだけど、女の子のかわいさで暗くなりすぎなくて好き。
ごしん

ごしんの感想・評価

3.5
SNSで、話題な作品であったので、期待値も高かったが、なかなか良い作品でした。
まず、天才の子供の育て方に苦労する親と周囲の大人の思惑がかなり分かりやすく描かれていました。子供の秀逸な受け答えや大人びた会話など、笑いを誘うシーンも多く良かったです。ただ、ストーリーも予測できやすく、分かりやすい感動を意識しているような気もして、、、それでも、涙が出そうになりました笑
s2c

s2cの感想・評価

3.0
クリスエヴァンスが叔父さん役を好演。
主役の子も上手かった。

後半、子供を巡っての裁判劇になってダレる。