gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

play193

play193の感想・評価

4.2
Filmarks試写会にて

よくあるありふれた話なのだけど、感動してしまった。
イケメンパパ、可愛い娘、片眼のネコの家族がとても愛らしく素敵だった。
誰もが自分の子の為にと考えて子育てをするが、そのやり方は人によって違う。何が正解かは分からない。教科書がある訳でもない。何を子供にしてあげるのが、その子にいいのか、考えさせられる話だと思う。
一足先に試写会でみました。
女の子の演技のすばらしさに何度か涙しそうになりましたが力まずさらりと見ることのできる映画だと思います。
彼女が大人になった頃の話も見てみたいです。
Kadooo

Kadoooの感想・評価

3.5
試写会
「What’s your greatest fear? That I'll ruin Mary’s life.」

フランクはホンモノ!

「He is a good person. He wanted me before I was smart.」
mdayaka

mdayakaの感想・評価

4.6
本当の親子みたいでフランクの優しい視線、何度も繰り返されたずっと一緒って言葉が強くて愛情で溢れた素敵な映画でした。

メアリーの大人びた発言と、ダンスや歌を作ったり無邪気な子供らしさのギャップが可愛かった。

海辺や夕日での会話のシーン◎

ラストは子供らしい姿だったのが良かった!
Emil

Emilの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

Filmarks試写会にて

セリフまわしは、映画好きならハマる。マッケンナ・グレイス演じるメアリーは、JUNOやHARD CANDYでのエレン・ペイジっぽかった。
ストーリーは人生において、世界を変えうる「類稀な才能」と普通の幸せを享受しながら「普通に暮らすこと」のどちらが大切か?と問うもの。特別変わったストーリーではないけれど、叔父のクリス・エヴァンスをはじめとするキャスト陣の演技がとても上手いので、涙や笑いを誘う。
天才自身社会で生きづらさを感じる、天才を育てる親も、子を愛するがゆえにどう接すればいいのか、わからなくなる。パーフェクトな方法なんてないけれど、最善を尽くすことはできる。それを教えてくれる映画だと思った。
Saori

Saoriの感想・評価

4.0
心が温まる映画でした。
メアリーの子供らしい部分と大人びている部分、どちらも可愛く魅了されてしまいました。
何度か涙が出そうになるようなシーンもあり
最後まで飽きずに楽しむことができました。
なつみ

なつみの感想・評価

5.0
クリス・エヴァンスのアクション俳優ではない、子どもを育て何が幸せかを考え悩み苦しむ姿を見ることが出来る。温かいストーリーだった。
マッケナちゃんも素晴らしかったし、とにかく可愛い子で、これからが楽しみで仕方がない。

このレビューはネタバレを含みます

試写会で観ました。
至極普通の映画でした。
最初からそうしてればよかったのにってゆう展開が3回くらいありました。子供のためならもっとなりふり構わず献身的にもなれるんじゃねーかとか家族全員仲良くすりゃいいじゃんとか思っちゃうしただホッコリするには余りにも問題の解決までの運び雑すぎる気がした。

2人のやり取りやセリフは結構笑えるし愛おしい。音楽もいいです。
momo

momoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

Filmarks試写会にて

叔父と姪の絆にうるっとくるところがあった、
全体を通して少女自体がどうしたいかはあまり関係なく、周りの大人に振り回されている様子が表されていたと思う
天才を"子供らしく"育てたい叔父と、英才教育を叩き込みたい祖母の戦いでどちらが彼女の幸せなのか、なにが"子供らしく""普通"なのか、難しいところだったと思う
最後は叔父と少女と片目の猫で暮らせてハッピーエンドでほっとした
たなか

たなかの感想・評価

4.0
試写会にて鑑賞しました。
ストーリーにそこまで大きな起伏はありませんが、どの登場人物も魅力的で、鑑賞後には心が温かくなる素敵な作品でした。
メアリーがとにかくかわいい!
もう一度映画館で観たいと思います。