キシュ島の物語の作品情報・感想・評価

「キシュ島の物語」に投稿された感想・評価

ソ連の弾圧支配から自由を求める民衆が、武装蜂起した1956年のハンガリー革命を背景に、過酷な運命に翻ろうされるカップルの愛を描く歴史感動大作。祖国のために立ち上がる恋人たちを、ハリウッドでも活躍するハンガリーの若手スター、イヴァン・フェニェーとカタ・ドボーが熱演する。オリンピック史に残る実在の水球チームのエピソードを織り交ぜながら、暴力によって自由を奪われる人々の悲劇を描いた物語は世界中の観客の涙を誘う。

1956年、ソ連の弾圧支配に抵抗すべく民衆が蜂起したハンガリー。メルボルン五輪に向けて水球チームのエースとして活躍するカルチ(イヴァン・フェニェー)は、学生デモを統率する女子学生ヴィキ(カタ・ドボー)と出会う。革命を信じる彼女と接し、ソ連軍が市民を撃ち殺す光景を見たカルチは、自由のための戦いに身を投じてゆく……。


暴力のはびこる
ポーランドの混乱が伝染しないようにといってた。市民がこんなにもやられていたのか?もしそうなら、でかそうなんだろうけど、恐ろしいことだ、オソロシア
自分は抵抗できたか?調べ上げられている恐ろしさ。ハッシュタグでオソロシアとやろかな?
秘密警察AVO
自由のために反撃すべきときもある。
セゲドの独立学生同盟
話す権利がある!
聞く権利があるある!
ナジイムレ
でも、こういうのに勇気はもらうけど、自分自身で正義を標榜したら終わりだなとも思う。
ベム広場へ
ラーコシをドナウ川へ、みんなを苦しめた
新聞を燃やして松明にした
歴史的瞬間
ナショナリズムを考えるj
反抗者をファシストと呼んだ?
密告者が大勢、そんな社会で誰を信じれるか?
共謀罪に似てないか?
勇気付けられたとかじゃない、こんな世界はごめんだ
子供たちが象徴的、この光景を見ていた子供たちは、どのように社会を作っていったか?当時のソ連社会の方から見てみたい

アメリカが来ると信じるか?アメリカ側からしても、ワルシャワ機構からだったいしたからといってハンガリーを助けるか?もし、そうだとしたら、ハンガリー市民一人一人の意見ではなく、集合としての政府としての意見のみが判断する材料となるのか?ここに多数決に関わる問題のヒントがありそう
当時取材した記者たちもきになる
当時はイスラエルとエジプトの戦争もあった、アメリカはそっちに?犠牲者を増やしたら
Tyga

Tygaの感想・評価

3.6
イランの3人の監督によるキシュ島観光促進映画。

個人的には3作目の「ドア」がかなりよかった。

それぞれが独立しているお話だったので、ひとつずつ感想を。

1作目の「ギリシャ船」
この監督の映画は他に日本に来ていないので、本当に初見だったけれど、カラフルな段ボールの色彩感覚と不穏な展開で目が離せなくなった。

2作目の「指輪」
ジャリリ監督らしい、主人公がただひたすらに日常生活を送るというパートが、1作目からの落差でやや眠たくなった。
ただ、自力でアスファルトを削って下に電線を埋めて電気をひくというシーンは、ここまで生活力豊かな映画の主人公はかつていたのだろうか……と感動した。

3作目の「ドア」
似たような設定をポランスキーの初期短編で見たことがあったけれど(あっちはタンスだったはず)、こちらの方が好き。
政治的メッセージを上手く隠しつつ、キシュ島の綺麗な景色を3作品の中で1番楽しめる作品。
というより、他はキシュ島に観光客増やす気がなさそう笑
大学のなんかの授業でみたけど
なんで観たのか なんだったのか覚えてない
(ツタヤで借りれるなら みたい)
コノミ

コノミの感想・評価

3.9
イランの名監督3人によるキシュ島PR映画なんだけどふつうによかった。ナセール・タグヴァイの「ギリシャ船」が怪しくて激アツ。海とか濡れた段ボールとか布とか木の枝とか見てるだけで感触が伝わってきて、高まった。