ボウリング・フォー・コロンバインの作品情報・感想・評価

「ボウリング・フォー・コロンバイン」に投稿された感想・評価

Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.8
イギリスでのメディアの授業で少しかじって、帰国後に見返した
そのときはドキュメンタリー映画がメディアとして事実を演出する手法という内容で取り上げられていたけど、たしかにWhat a Wonderful Worldをバックにアメリカの攻撃の映像を流すの凄い怖かった
田

田の感想・評価

2.8
昔エレファント見た後にコロンバイン関連知りたいなと思い借りた物
RamenMan

RamenManの感想・評価

4.6
銃犯罪の多い理由は白と黒?

貧困と失業率?

答えは歴史と報道によって染み付いた

「 」の意識にあった。

米国民を蝕む毒の正体は…
kossai

kossaiの感想・評価

3.6
ストーリー:B
キャスト: -
リピート:C+

[採点ルール]
————————
A : 1.7
B+ : 1.5
B : 1.3
C+ : 1.1
C : 0.9
————————

<ストーリー>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<キャスト>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<リピート>
A=何度も見たい
B=もう一度見たい
C=もう見たくない
はと02

はと02の感想・評価

4.2
皮肉がたっぷり効いていて、思わず笑えてしまう映画…全然笑って済む問題じゃないけどね。
マリリン・マンソンがド正論を吐いていて少しスカッとする。
スクールカーストの下敷きにされたやり場のない怒りが銃に結びついてしまった。
まりも

まりもの感想・評価

4.0
銃社会については、ニュースでしか知らない。

それを、マイケル・ムーア監督の突撃によって ほんの一部だけれども、生の声が聞ける。

それが、取っかかりで興味を持ったり、もっと知りたくなったりする。


まず、最初の行動をしてくれる 監督。面白いです。
non

nonの感想・評価

2.8
全米に衝撃を与えたコロンバイン高校の銃乱射事件を足掛かりに、銃の国アメリカを皮肉たっぷりに描いたドキュメンタリー
アメリカの銃犯罪の多さの原因を追いかけるドキュメンタリー。

マイケルムーアが取材を通してアメリカの銃犯罪の多さの原因を探っていく。
最初からその原因を仮定して取材しているのか、取材の中でその原因に気づいたのかはわからない。
ただその原因がホンマであるという証拠になるような映像を積み重ねて、構成していくことにより真実味というより説得力を出している。

だから結構センセーショナル。そのぶん疑いも持ってしまう。

ドキュメンタリーという体裁でストーリーを構築し、社会をストーリー化して消費するというのはワイドショー的な手法だけれど、突撃取材によって生まれた撮影対象のゆらぎみたいなものは面白い。
y

yの感想・評価

4.6
こんなに分かりやすく作れるマイケルムーアすごい。もっと知りたい、知らなきゃと思った
マンソンみたいな大人になりたいわ
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.7
コロンバイン高校での銃乱射事件からアメリカの銃社会とその犯罪の多さに迫るドキュメンタリー。

誰が悪いのか。
何がいけないのか。

マイケル・ムーアの鋭い切り口にはドキドキさせられる。

マリリン・マンソンがこの映画で一番まとも。
>|