ボウリング・フォー・コロンバインの作品情報・感想・評価

「ボウリング・フォー・コロンバイン」に投稿された感想・評価

Kuuta

Kuutaの感想・評価

3.6
当事者にきちんと直撃する取材精神と、結果取れているコメントのドキュメント感が素晴らしい。総括としてチャールトンヘストンに全ての疑問をぶつけ、引き出した「人種」発言。NRAの底の浅さを露呈したようで本当にガッカリした。

なぜアメリカ人は暴力に頼り、恐怖が連鎖してしまうのか。監督の長年の疑問が今作の根本にあり、色んな理由付けが示されている。銃規制に留まらない、アメリカ社会の在り方に対する問題提起だった。

不安を撒き散らし、消費を繰り返す社会。アンバランスなニュース。「暴力の歴史」という言い訳。周囲に襲われるという恐怖。カナダが銃社会というデータは初めて知った。

華氏911がちょっと政治的過ぎる印象を受けたのに対し、今作は茶化しながらも基本真面目。バランスが良かったように感じた。(現場を取材しないメディア批判→小学校の先生の話を優しく聞くマイケルムーアという流れは流石に露骨過ぎないかと思ったけれど)
ドキュメンタリー。
実際にアメリカで起きた銃乱射事件について語られている。
ガンコントロールについて勉強する時に観たけどかなり興味深い内容。
Des

Desの感想・評価

5.0
アメリカの銃問題に興味があれば大変楽しめる映画。ドキュメンタリーだが退屈な内容じゃなくて、むしろ笑える要素も多い。
YNag

YNagの感想・評価

3.2
主張には概ね頷けるけどなんかちょっと結論ありきで作ってるというか、結局NRAの反対側で似たようなことしてるだけのような気がしてね。
SHU

SHUの感想・評価

4.2
アメリカの弱点が写ってるように見えた。

恐怖。
人を信用できない。
なぜ恐れるのか、なぜそれが起きるのかを考えようとしない。
弱い。

強いように見えて弱い。
そしてその事実を見ようとしない。
弱い。

Kマートはとばっちりだったかな 笑
あと監督がライフル協会入っていながら、会長にあのインタビューするのがいい 笑

クリスロックってコメディアンの弾規制は面白かった。
10年ぶりに観て改めてトランプに詰め寄るのはムーアしかいない! 「ボウリング・フォー・コロンバイン」

以前、この欄でも申しましたが「内」に向かって撮られた映画は1年待たずに老化が始まります。でも「外」に向かって撮られた映画は観るたびに更新されていく。

久しぶりに観て改めてトランプ大統領と向き合えるのはムーアしかいない!と思いました。
実現すればどれだけ面白くなることかw
mrbean

mrbeanの感想・評価

4.0
授業のような感じ、めちゃくちゃに考えさせられた。

恐怖感を覚えさせるメディア、国
恐怖感を覚える国民
恐怖感を抑制する道具としての銃

パロディでなくドキュメンタリーなのでめちゃめちゃ考えさせられた
1999年4月、アメリカ・コロラド州の小さな町リトルトンにあるコロンバイン高校で起きた銃乱射事件。この学校に通う2人の少年が12人の生徒と1人の教師を射殺し自分たちも自殺。

この事件、そして、どうしてアメリカでは銃犯罪が多発するのかを追ったドキュメンタリー映画。マイケル・ムーア監督らしく、図々しいくらいのアポなし取材を敢行していきます。

リトルトンに住む人々、そして実際に被害にあった生徒へのインタビューは観ていて心が痛くなります。

銃問題に対しても、アメリカという国と銃の歴史をアニメを交えながら説明していくので凄く解りやすく作られています。

こういう事件が起きない様に銃規制を訴える人達よりも、自分の身、家族は自分で守る銃所持を主張する人たちの方が断然多いのが今のアメリカであって、この問題は永遠のテーマかもしれないですね。

容疑者が聴いてた事もあったのかマリリン・マンソンへのインタビューもありました。こういう事件が起こると悪魔扱いされるミュージシャンが度々出てきますけど、メディアによる単なる当てつけにしかオイラも思わないですし、この事件に対してのマンソンの意見は素晴らしいものがありましたよ。

2時間たっぷり真剣に見入っちゃいました。

【お気に入り曲】
・The Fight Song / Marilyn Manson
リョウ

リョウの感想・評価

4.3
すげえ良かった。人の嫌なところがこれでもかってくらいみえてくるドキュメンタリー。多角的に問題点をあぶり出してラストに持って行く感じもよかった。
2003年9月4日、池袋・新文芸坐で鑑賞。(2本立て) 

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー。

米国の銃社会を痛烈に描いた映画である。

銃賛成派のチャールトン・ヘストンへのアタックがインパクト強し。

銃社会を痛烈に描いたドキュメンタリー映画。
>|