メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

セン

センの感想・評価

2.9
メアリがとにかく可愛くて好感持てた。
内容はまぁまぁって感じ。面白かったとは思うけどうーん……ほんと、まぁまぁです。(笑)
keitan

keitanの感想・評価

3.6
ジブリの良さは引き継いでいると思うが、ジブリの作品としてみても過去作品にコンセプトを寄せすぎていると感じた。
きょん

きょんの感想・評価

3.5
熊谷の映画館で見ると、観客4名というローカル感。笑

ジブリを踏襲してるだけあって、ジブリのハウルだったり千と千尋だったりのオマージュネタっぽいのが多かったので、後でまた見たい。

音楽も例に習って久石譲ぽくしてたけど、やっぱり違和感を感じた通り久石譲ではなかった。

途中で眠気を感じたけれど、ラストの声優、音楽、展開で無事に感動して終わり。ジブリ的及第点◎

将来はおばあちゃんみたいにあんな暮らしをしたいなぁ〜セレブ。
かゆこ

かゆこの感想・評価

3.0
全体的に無難な印象。

物語としての深さがあるかどうかというとうーん。という感じだけど、
魔女の宅急便
ハウルの動く城
ラピュタ
などなど、これまでのジブリ作品を随所に感じて、なんだか懐かしい気持ちになった。

このレビューはネタバレを含みます

おばさま(おばあちゃんの容姿)、お手伝いさん、主人公。
庭から始まる話。
台詞の端々に、まさに「魔女の宅急便」。
それだけ与える影響力は強くて、培養された感性なんだろう。
米林監督ならマーニーのが好きだったなぁ。

魔女の宅急便
ハウルの動く城

魔法ってなんだろうね
描き方がどっちも違うよね
どっちも入ってるハイブリット感

でもいつだって、
助けたいとき
助けてほしいとき
には手を伸ばすんだなぁ
現実世界でも手を伸ばして生きていきたいなぁ
RDA

RDAの感想・評価

3.0
ノットバッドだった。
moon

moonの感想・評価

3.6
遺伝じゃなくて、花を使って誰でも
魔法を手に入れられるのは
夢があるなと思った。
途中でてきたおばあちゃんの昔の家が
素敵すぎてあんなところに住みたい
と思った。
謎なところもすこしあるけど、
それも含めて笑って楽しめた!