メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

映像はジブリなのに全然引き込まれないこの感覚は確かどこかで…?ゲド戦記!
主要スタッフにこの作品を完成ささるんだ、届けるんだという強い信念はあるのか?そしてエンドロールにある〝感謝〟にスタジオポノックはジブリから自立する気があるのか?と思わざる得ない。
ポノックはジブリを継ぐスタジオなのか真似るスタジオなのか?大丈夫かポノック!
ジブリのいろんな作品が混ざった感じがして、新鮮さがなかった。
やはりこの監督の作品は何かが足りない。
映像は綺麗だったし、見応えもあった。
ただこれで終わり?と思ってしまうラストは残念。
Mito

Mitoの感想・評価

2.2
名前のないキャラクターの存在の無さ加減がすごい。例えば千と千尋なら、湯屋の従業員一人一人に存在感があるけど、この映画はそれがない=世界の実在感が無い。

この映画が成功するためには、魔法ってなんて楽しい!魔法学校って素敵!って思わなきゃいけないのに、全然。ボルタリングしてる魔法学校って…アルパカといい…なんか即物的というか。オフィスビルの社食みたいな食堂も、こういうのじゃないでしょー感が半端なかった。

映画としての画力も不満。
構図とか動きとか洗礼された感じが無くて、ジブリっぽいとかジブリの寄せ集めみたいに評されることもあるけど、追いついてない。

制作時間足りなくて間に合わせましたって感じかなと思いました。
Tora

Toraの感想・評価

3.1
映像美の点でジブリタッチは残るけれど、ストーリーに潜む力強いテーマやメッセージ性が乏しく物足りなさが残る作品
先の読めそうな展開が続く内容なんだけど、見せ場では、なんかこう…こみ上げてくるものがあった。
前半からクライマックスに向けて、立ち止まることなく駆け抜けた印象がある。

ただ、主人公の少女メアリが作品を通して「成長する」ことに拘って見てしまうと、肩透かしになってしまうかもしれない。
少女の成長譚ではなく、「自分の過ちを正す」物語。
その決意のシーンがひとつ見所だ。

どうしてもスタジオジブリの影がつきまとってしまう作品だが、それゆえに鑑賞はしやすかった。
逆にジブリとのズブズブの関係を利用してもいた。(「魔女、ふたたび」というコピーなどは確信犯である)
今後、米林監督作品が増えるにつれて再評価されるかもしれない。

あと、ホウキのことしか眼中にないフラナガンさんが面白い。



8/3 メアリと魔女の花 @MOVIX仙台
モリ公

モリ公の感想・評価

3.8
セカオワの曲がよかった。
どうしても今まで見たジブリの要素のごちゃ混ぜ感は否めないけど、、、
yuzuki

yuzukiの感想・評価

2.9
登場人物が台詞で思っていることをなんでもしゃべってしまうのが観ていてノイズでした。

子供が楽しめるフレッシュな作品姿勢はあの頃のジブリにはもうできないことであり目的としては成功したんじゃないかと思えた。

次回作品に期待してます。
いろ

いろの感想・評価

3.5
声優が豪華で、初めてすべてのメイン声優がいい意味でわかった作品でした
あやめ

あやめの感想・評価

4.1
夜行飛行はスゴく綺麗な花だった。
そして絵がスゴくスゴくキレイだった!
メアリは勇気があってすごかった!
それに可愛かった❤︎
この映画を観て、魔女になりたいとおもったり、ドキドキスゴイしたり、面白かったりして、いろいろな感情が出てきた。
スゴく良かった