メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

2018.8.4.Blu-ray。
アニメらしくセリフ読んでます・感情入れてますっていう一定のトーンが苦手。惹きつけられず、はじめの数分以降映像を見るのをやめてしまって、家事をしながら音を聞き、いつのまにか終わっていた。
榛南

榛南の感想・評価

3.3
ジブリの青は本当に綺麗。
透き通ったような青がすっごい綺麗で劇場で観たかった…。
ぷ

ぷの感想・評価

3.8
割と好きだったんだけどいつ観たのか忘れたなあ、杉咲花の声が素敵だったような
namida

namidaの感想・評価

3.0
花の名前が「夜間飛行」だったり魔法学校の描写とかは素敵だと思ったけど、如何せん登場人物に感情移入出来ず。。
Remi

Remiの感想・評価

3.0
新しさが見当たらなく残念。
動物が泡で逃げて行くシーンは好き。
Ron

Ronの感想・評価

3.4
絵がとっても好き。赤い館も風や草木の動きが良い。
あと杉咲はなちゃんの声ぴったり!
天海祐希さんも滑舌がめっちゃ良くて聞き取りやすい。
ただ、たくさんの人のレビューにもあるようにジブリがチラついてしまうのね。
最初私もジブリかと思いました笑
おばさまの家とか ん?ハウル??千と千尋??って所々に見覚えのあるような描写。
でも、全体的にイラストに角の無い感じで特に生き物はマルっとした感じ。子供達が観ても怖くない悪役。
あとはお庭や部屋の中の家具が細かくてかなり可愛い。教室入り口のステンドグラスの感じとか好きでした。
子供と一緒にみたいお話。
メアリという少女が特別な花に誘われ、魔法を用いて幾多の困難に向き合いながら、冒険をするおはなし。

作品自体はテンポも良く、非常に見やすい。ましてや幼稚園〜小学校低学年の子なら間違いなく好きだと思います。

主題歌にセカオワを抜擢したところも、非常に新鮮でメアリはポノックの門出にぴったりの作品であった。

そしてこの作品は、数年前にスタジオジブリの制作部門が解体され、その際に巣立ったスタッフ達で作り上げたもの。たしかに絵のタッチや雰囲気はジブリそのもの。

それゆえ、宮崎さんたちが作ったものと比較をされてしまうのもしょうがないのだが、そのせいで評価に影響が出るのは米林監督・西村さんにとっても不本意だろう。

長くなりましたが、この作品は先入観を持たずに鑑賞することで、より楽しめると思います!
mi

miの感想・評価

3.5
個人的には結構すき。
やはり魔法物が好きすぎるのだと思う。
あと花と星が好きだから。
U3

U3の感想・評価

3.0
メアリと魔女の花
タイトル通り、メアリが魔女の花を見つけてから
魔女の世界に迷い込んで行くお話です。


ザックリ言ってしまうと
千と千尋の神隠しの入りに
もののけ姫や
天空の城のラピュタ
魔女の宅急便
ハウルの動く城
思い出のマーニーと言った様な

今までの
スタジオジブリ作品の内容を
持って来てるとしか思えず

どこかで見た事があるなーと
感じる作品でした。

多分、今の段階で評価が低いのは
映画館で見た人や
DVDを購入したり、
新作レンタルした方だと思うので

割とアニメが好きな方や
ジブリ作品が好きな方達なのではないでしょうか

そういう方達が見た時には、
新鮮味や面白味を感じる事が出来ないので
評価があまり良くないのではないのかなと思います

小さい子供や
あまりジブリ作品を見た事無いような方は

きっと、あの花に似た花を
見つけたくなるし、
似た花を手につけて
ほうきに跨ってみたくなる
そんな作品だと思います


木の中のお城
暴走するカオナシ
街を責める魔法の使者
急に成長する植物
ヤックル
変身魔法にかかっているカカシ
白と千尋が飛んで帰るシーン

あれもどれも見た事あるよと
映画を見ていて当てはめたくなるような
そんな感じでした。


何よりも私の中で
ちょっとビックリだったのが

夜に村長さんのお葬式なのに
どうして、あんな風に
お手伝いさんは
ピーターに後で会いましょうねと
笑って言えたのか
ピーターもまた後でと
笑って言えるのか

きっと村だから、
そんなに大きくも無いはずだし
村民さんとは、親密な間柄なはずなのに
葬式で会いましょうね。
なんて言葉が言えるの?
悲しみはないのかな?と思ってしまい

村長さんが亡くなっているのは、
何かしら後から関係するのかな?と
勘ぐってしまった自分が
深読みしすぎたなと

あのシーンは
お葬式にする必要性はあったのかな?
町内会の集まりとかじゃダメだったのかな?

人が亡くなっているのに
あまりにも軽率な雰囲気に引っかかったまま
話が進んで行くので


なんだか、うーんとなってしまいました。



この作品を見て
新しい物を産み出すのって
本当に大変で凄いなと

あれだけ国民に愛される作品を
作れた事、
本当に凄いなと
改めて感じました。
kiyora

kiyoraの感想・評価

3.0
ハウル?魔女宅?耳すま?トトロ?ラピュタ?もののけ姫…?
ジブリの名作たちの、それぞれ象徴的なものを集めたような…
「大丈夫、こわくない。こわくない」って、まんまナウシカやんけ!と思わずツッコミを入れたくなるぐらいの…
気付いたら終わってた