心に吹く風の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「心に吹く風」に投稿された感想・評価

くろ

くろの感想・評価

2.0
眞島さん主演てことで手にとった作品。


美しい北海道の風景と美しい音。
眞島さん演じる日高リョウスケと23年ぶりに再会した初恋の人・遥。
優しくてもどかしく再燃する感情。
緩やかでした。

眞島さんそのものがエロス。
あやしくて危なっかしくてヒヤヒヤした。

監督が冬のソナタの方らしく、結構クサい演出も多かったので、感動的なのに笑ってしまうところもちらほら。
とりあえずストールはないままでよかったのに。ストールがなければ完璧。


結末は少し寂しくて悲しかった。
特に何も起きない。
でも終始なんかいやらしい雰囲気はあって、だけどなんにもおこらない。
大人って自由じゃないな。
この人はなんでもない顔してずっと生きていかないといけないのか。
大人って自由じゃない。
ロストイントランスレーションを見た時の気持ちと似ているなと思った。
登場人物と風景が美しかった。
陳腐な表現になるけど苦しかったし切なかった。
今は捨てられないからね、簡単に。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.3
読書ノート[12]

「心に吹く風」観た。

映像とBGMが兎に角、綺麗。

北海道の雄大な風景の緑と風が印象的。

詩みたいな小っ恥ずかしいセリフもラストに向けて、どうにも奥ゆかしく感じてくる不思議。

さすが、冬ソナの監督(笑)

ですが、、何だかんだ言っても見所は捨てられた子犬の様な眞島秀和の可愛さです♡
sora

soraの感想・評価

2.3
出演:眞島秀和、真田麻垂美 
23年ぶりに偶然に初恋の人と出会ったリョウスケとその相手・春香。
男性のロマンチストなところを描いたような作品。
春香の淡々とした話し方が高校の頃のイメージと全く違ってキラキラした欠片も感じられず残念。
だからか、リョウスケの方ばかりが心を揺らされているように思えてしまう。
それならばずっと高校の時の二人を観たかった。
車の中、春香の手を握るリョウスケの手が色っぽい。
眞島秀和さんが素敵。
北海道の景色も綺麗。
ほなみ

ほなみの感想・評価

3.0
眞島秀和がみたくて
もう少し大人になってからみたら面白かったのかな。
映像が綺麗です。
眞島さんにはもっと映画でてほしいな!
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ビデオアーティストの主人公は、撮影で立ち寄った北海道で高校時代の恋人と23年ぶりに再会する。彼女は既に結婚していて子供もいる主婦であった。主人公はビデオ撮影に彼女を誘う。2人で過ごす内に初恋の思い出が蘇ってきて…という話。

韓流ブームの先駆けとも言うべき「冬のソナタ」の監督の劇場初監督作品。音楽担当も同じく冬のソナタに関わった方だが、それ以外の出演者とスタッフは日本人で構成されている。冬のソナタは当時母親がよく見ていたが、僕はダイジェスト版でストーリーを大まかに知っている程度。

設定上は不倫関係を描いているにも関わらず、全体的におとぎ話かと思うくらいの美しい恋愛を描いている。ピアノの旋律が中心の音楽がフィーチャーされている。テンポは緩やかで、セリフも少ない。主人公2人の高校時代の回想はセリフが一切ないという徹底ぶり。北海道の自然の風景とストーリーを緻密に絡めて表現しようとする意図が伝わってきて、叙情的とも言える出来栄えだった。おそらく韓流ドラマのファンが待ち望んだタイプの作品だと思われる。
ただ、現代のハイテンポな映画に慣れてしまった身からすると、あまりに展開が遅くて戸惑ってしまった。また、美しい描写には惚れ惚れするものの、道ならぬ恋を描いているのに汚れた部分がほとんど表現されないし、不倫関係のストーリー上での危機なども発生しない。やや現実感が足りないかなあと。アラフォーの主人公たちがあまりにピュアなやり取りを繰り返すのにも観ていて疲れてしまった。結末も唐突とまではいかないけれど、この流れでああなるのは泣かせるためだけの展開かなあと思ってしまった。それでもファンにはたまらない作品ではなかろうか。
感心したのはヒロインの旦那と姑のキャスティング。主人公とのロマンティックな恋から一気に主婦の現実に引き戻す効果があって、絶望感をひしひしと感じた。旦那さんはいい人っぽいけどねー
映像がとても美しいです。また、柔らかいな旋律の音楽もいいです。韓国ドラマみたいと思ったら、ユン・ソクホ監督作品でした。四季シリーズの中でも「夏の香り」に一番近く感じました。 
まぁ

まぁの感想・評価

2.0
一時期、韓国映画、ドラマばかり観ていた私…「ユン・ソクホ監督らしい」作品だな…という印象…

(…四季シリーズ…冬のソナタ、秋の童話、春のワルツ、夏の香り…を足して…4で割った感じ…笑)

23年ぶりに、偶然出会った初恋の男女
2人の3日間を描いた本作…☆

女性には家庭があり…
男性は独身でイギリス在住…

映像は…本当に綺麗だな〜と思った…♪
(…色、映像に拘る監督らしい…☆)

でも…台詞の一言一言に…背中がぞわぞわ…
むず痒い……
まどろっこしい…
ひゃ〜という感じ…(笑)

ひと昔前の「韓国ドラマ」だよ…この作品…(笑)

まだお互い…想いあっているじゃん…(笑)
…身体の関係こそなかったけれど…
心は…(笑)

偶然とはいえ……一緒にいる時間が長くなればなるほど…離れられなく…なるじゃん…
…でも…好きなんだもん…「いけない」…と分かっていても……会いたい…よね…(笑)…人間の心は…本当に複雑…。

不倫推奨ドラマですか〜とも思ったけれど…(笑)
「ひと昔前の韓国ドラマ」と…割り切って…(笑)

身体の浮気は…私は許せるけれど
心の浮気は…私は…ダメ…

だから…この作品…私は…NO…(笑)

…このスコアは…綺麗な映像に…☆

(何で、日本人キャストなんだろう…
…韓国人キャストだったら…少し感想が変わったと…思う…笑)
北海道の田舎特有の、ゆっくりというよりもかったるい時間の流れ方が作品にも出ていて、道民としてはそこが面白く感じた。春香の旦那さん役にはすごく違和感を感じた。別にイケメンじゃなくてもいいから、もうちょっと若くてシュッとした人にしてほしかった。眞島秀和と数日いちゃいちゃしたあとでこの旦那さんが帰ってきたらそりゃそんな死にたそうな顔にもなるよな…と春香のその後の生活が心配になった。
aya1856

aya1856の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映像、音楽がとてもキレイで、目が離せなかった。
韓国ドラマ特有の、病気が絡んで最後どちらかが亡くなるというエンドは、少し悲しい(つまらない)が、そうでもしないと話がまとまらないだろうし、この映画はこれで良かったと思う。
高校生役の二人もすごく良かったです。