あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 73ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

まりん

まりんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こんな酷い仕打ちしなくても‥と思うくらいくり返しくり返しの悲運。
だけど、それを受け止め生きた数年間の輝きは、どんな長い人生よりも価値が有ったのだろうなぁ。
甘くて、不真面目な生活・・・のようで、凝縮したとてもたくさんの愛を与えていたのよね。
Omar Syの笑顔は太陽のようだし、Gloria Colstonの無邪気な残酷さも魅力的。
yumy

yumyの感想・評価

-
やっぱりオマルーシーが踊ってるのって大好き
オープニングからテンションが上がるし最後はしっかり泣かせてくる。
不器用ながら一生懸命な父の愛が素晴らしい
あだち

あだちの感想・評価

4.0
オマールシーの声と表情とステップが本当に好き。大好きな俳優。
話はシンプルで展開もテンポ良く、でもきちんと伏線とかもあってなんかステキ。笑明るめのフランス映画らしく楽観的でユーモアに溢れてます、面白い!あと特筆すべきは音楽かね…最強のふたりやサンバの時も思ったんだけど、オマールシーが主演の映画はなぜか全部音楽が最高…!冒頭のゲロッパおじさんに始まり、エンディングのリバーって曲にやられました…
ところでお母さん、見たことあると思ったらハリポタのフラーやないかい…相変わらず美人だ…

このレビューはネタバレを含みます

まずオープニングがとてもお洒落!!

監督の笑いが好きだし、とてもストレートな話なので、思わぬミスリードについ引っかかってラスト変に泣かせにこないでよ!と見てる最中に心配になったが、ミスリードで良かった。
笑ったし、セリフじゃなくて想いが直で届いてくる素敵な主演のオマールシーはハマり役
奥さんの身勝手差には怒りすら抱いたがこの役を受けたクレマンスは女優だなと感じた


娘の生まれ持った条件が過酷だか、その分愛に包まれた親子の愛に溢れた短い生涯のお話
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.8
毎日バカンスのような生活を送る男の前に、かつて関係を持った女性が現れ、生後数ヶ月の子を預けて立ち去ってしまう。戸惑いつつも、娘として育てていく、フランス発のヒューマンドラマ。突如生まれた、ありえない父娘ながらも、愛情を注いで育てていく様は微笑ましく素敵な雰囲気。父親役のオマール・シーが天真爛漫で、笑顔が素敵。純朴さが滲み出てて愛おしいです。父と娘の素敵な場面、愛らしい場面が多々見られる物語。次第に、2人の物語が動き始めるのだが、内容としてはシリアスな面、真面目な面もあるのだが、駆け足な内容。もっとじっくり描いて深みがある方が、より物語に印象が残った感がある。後半のある登場人物の使い方が、役柄なのは仕方ないが、本作では難ある負の要素。終盤まで絡んでくるだけあり、使い所の違和感、不快さはある。序盤のテンポ、そして後半への流れがスムーズなだけに、やや詰め込み感がある。素敵な軸があるので、その点に集中してほしかった。テーマとしては良く、一つの愛の物語、幸せの形の物語だが、やや薄味。
わい

わいの感想・評価

-
2017年151本目

あの家が最高に良かった!住みたいじゃなくて(笑)観てて楽しい!

号泣感動もののはずなんだけど、自分は全然そんな感じじゃなく
オマール・シーの笑顔は観て、幸福感に浸ってた(笑)
本当はその笑顔の裏に〜の感涙があるのだけど、、、
まぁ、最後は語りだったから、泣かずにすんだってのもあるかも。

フランス映画だからーと思ってたら、ロンドンが舞台だったし、
ダウントンアビーの人も出てたり(フランス語出来るんだーと思いつつ観た)
思いのほかイギリス映画テイストもあった。
魔法のような家族の愛と幸せの物語
ラストが良かった
泣ける楽しめる良い映画
森田

森田の感想・評価

3.9
文句なしで本当に楽しめた。
部屋がどこもかしこも子供部屋みたいなのも学校の出席日数が少ないのも全て納得がいった。
全ては娘の為に。娘との時間の為に。
とってもとっても愛が伝わってきた。
涙が溢れて嗚咽を必死に堪えた。
家族って、親子って、あったかいね。
素敵な映画でした。
☆☆☆★★★

なかなかの良作。
軽佻浮薄のモテ男に突然の苦難^_^
まあコメディー映画には有りがちな話では有ります。
この場合、主人公を演じる人物によって成功の鍵を握っていると言えましょうか。
そこへ行くと、この作品の主演オマール・シーはなかなか嵌まり役に近く。好感の持てる演技。

話のテンポ・編集のリズムが良いから、始まりから気持ち良く映画に入って行ける。

赤ん坊をいきなり託された主人公。
気が付けば映画スタントマンとなるので。色々と映画撮影の裏側を映す為に、映画ファンの心をチクチクと刺して来て、楽しませて貰えます。
途中フランス人とイギリス人の習慣や文化の違いや、相棒となるゲイの映画プロデューサーによる、ゲイあるあるがまた楽しい。
また、大きくなった娘のグロリアの健気な可愛さも観ていてこの2人の親子を応援したくなるところ。

そこまでが前半。そして後半へ…。

ここで有る重要な人物が登場。一気にシリアスな展開になって行きます。
とにかくこの後半を楽しめるかどうかでしょうかねえ。
観ている分にはとにかくその身勝手さに苛々させられてしまいますが。これは作劇上に於いて、有る程度批判されるのは覚悟の上の設定なのでしょう。
ラストにてこの親子に降りかかる展開を見ても…。

感動作にしたい…とゆう製作側の思惑なのでしょうが、その辺りはちょっと強引過ぎるかな〜…と。

まあ多少の嘘も必要だし、ダイエットコーラは映画を観るお供には大事(笑)

(2017年9月13日 角川シネマ有楽町)
shiori5319

shiori5319の感想・評価

3.8
めっちゃ泣けた。
笑える部分が意外と少なかった。
矛盾はあるけど、いやらしさがない感じ。自然な父子の雰囲気がいい。かわいい。
恐怖と生きるって大事なんだよね。

メッセージに今の自分はついていけないけど、またみたくなる映画。