あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 73ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

MegumiMori

MegumiMoriの感想・評価

3.6
よかったはよかった!けどツッコミどころが多すぎたのが気になった&期待値上げすぎたと反省(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
Mariina

Mariinaの感想・評価

3.0
父が育ててあとから母が現れるパターン、映画でもドラマでも散々観てるけど、泣いてしまう。

DNA鑑定するまで父親を勘違いしてた母には、このヤリマンがっ!と憤りを感じる。
みくし

みくしの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

想像以上によかった…

序盤のアップテンポでノリノリな感じもめちゃくちゃ良かったし、そのノリノリな感じを残しながらも徐々にストーリーの深みにハマっていく感じ。
すごい勢いで成長過程を描いてたけど、短い時間で楽しく愛情たっぷりに育てたということがすごく伝わってきたし、大きくなってからの言動、仕草の所々にふたりの絆を感じるシーンがたくさんあった。すごい良い。


母親のクソビッチぶりにイィイィイ💢💢ってなったところで父のところに帰ってきてくれるシーンにはめちゃくちゃ感動しました。。いい終わり方でした。


オーソドックスな感動モノって感じでした。みんな感動しちゃうタイプの。いやはや、普通にめちゃくちゃ良かったです。
deenity

deenityの感想・評価

3.5
すごく愛に溢れた作品。突然父親だと言って赤子を押し付けられ、母親を追ってロンドンまで行くが金もない、英語も使えない、子育ての術もない、おまけに母親の行方もわからない。そんな絶望的な状態に立たされたサミュエル。
「恐怖は飛び込んで手なづけるのが大切。」
父親の教えだ。その意味は当時わからなくても、まさに今が人生においての絶望というなの恐怖で、そこに飛び込むしかないのだ。

この作品はサミュエルの人生を歩んだストーリーであり、主として親子愛が根幹にあるわけではない。サミュエルの人生における重要な1ピースだ。
しかし作品の展開上、超名作の『クレイマー、クレイマー』と重なる部分が多々出てくる。サミュエルはいきなり父親になって8年間娘を育て上げ、そこに突然現れた母親が娘を連れて行くと裁判を持ちかける。
ひどい母親だと思った。「いやいや、大前提としてあんたが捨てたんだろ。」主になるテーマは違うのはわかっているが、ストーリー上どうしても親子の関係が大きな比重を置くため、親子の映画に見えてしまう。

するとやはり分が悪い。『クレイマー…』の方は母親側に非はあって憎たらしいものの、父親にも非はあり最後には母親としてまっとうしていた。ただ、本作の母親に素晴らしいと感じる要素は見当たらない。明らかにサミュエルの方が親として素晴らしい。その点で重みも薄れる。オープニングのアニメーションとか所々でコメディ要素を織り交ぜているのだから下手にシリアス路線に持っていかなくてもよかったのにとは思う。

ただ父親としての愛は立派で、娘の笑顔のために、笑顔がずっと続くために、彼は嘘を突き通した。
「必要な嘘もある。」
きっと彼女は幸せだったはずだ。
子役の子も素敵だったが、何より優しい笑顔を持ったオマールが素晴らしかった。
陽気なモテ男がかつて一夜を共にした相手の産んだ娘を押しつけられ、言葉もろくに通じない異国で突如シングルファーザーになるお話。アバンタイトルのアニメーションと音楽がいきなり粋で格好いいので、一気に物語に引き込まれました。たまらん。

ご都合主義的に強引かつタイミングの良すぎる展開はところどころあれ?と思うところもあるけれど、テンポの良さと役者の良さで画が持ってる感ありあまってます。オマール・シーの笑顔の健やかさ、そしてただならぬ色気ったらもう。そして娘役のグロリアがかわいい。とんでもなくかわいいです。キック・アス1作めのヒットガールが髪くるくるにしたらきっとこんな感じだと思う。

図体だけがやたらとデカいティーンエイジャーみたいな父親と、まるでバディのような関係性を築いている娘。彼らを公私にわたって支えるゲイの親友は伯父かふたりめの父親のよう。彼らが暮らす、おもちゃだらけのプレイルームみたいな部屋もたまらないです。

中盤以降の展開は何を書いてもネタバレになりそうなので控えますが、何気ないシーンに潜む伏線やミスリードを誘う台詞がいちいち盤石でした。巧い。登校中、ふと手を繋いだ親子の影をほんの数秒間だけ追うショットとか、物語の至るところに日々の生活を慈しむ様子があふれていて、それがとても眩しかったです。絶え間なく過ぎていく毎日のありふれた喜びを、そっくりそのまま愛でられることの途方もなさを思いました。とてもよかった。
skm818

skm818の感想・評価

3.7
ちゃらんぽらんに生きてきた男がある日過去に関係があった女から赤ん坊を押しつけられて成り行きで育てることになるが、ある日行方をくらましていた母親が現れて…っていうよくあるフォーマットの話。
嫌がる相手に押し付けて行ったのに自分が育てたいとなったら遺伝子チェックまでして親権を奪おうとする母親側の身勝手さに目が点になる。フェイスブックを開設しても誰も友達申請に来なかったって時点で人間性推して知るべしなんだけど。こういうのって気の毒な境遇として同情すべきなんですか?
あの一緒にいるオサレメガネのインテリも胡散臭いよな。多分こいつ事情がわかった途端ソッコー親権の取り消しを言い出したのではないか。
最後近くまで見ると、なぜ主人公があそこまで娘を甘やかし学校を休ませてまで自分に同行させているのか(未成年者に仕事場での通訳やらせるって法的にどうなの?とは思うけど)、嫌な思いをさせまいとしているのか、なんとなくわかる。
英国なのに日常ではほとんど英語を使わないで済んでいるという環境も興味深い。娘はフランス語で授業する学校に通っている。ロンドンにはボルドーよりも大勢のフランス人がいるらしい。
偶然主人公と出会って公私ともに彼をサポートするゲイのフランス人映画プロデューサーもいい味出している。そして主人公は運動能力を活かしてスタントマンの道へ。
ちょっとあの出会いのシチュエーションは無理があったけど。あれ実際にやったら逮捕じゃないかなあ。
荷物置きっぱなしに気付いて戻ったら財布以外は無事だったとか、フェイスブック8年も放置してた母親が突然姿を現したタイミングとか、校長の歓心を買って学校職員として採用とか、ちょっと都合が良すぎるところがあり、若干長くも感じるが、まあいいのではないだろうか。
238

238の感想・評価

3.7
陽気な男とゲイの2人で娘を育てる話。

前半は楽しく、後半は切ない。正直泣いたし、あの時の表情はこういう意味だったのか…と少しグッとくる伏線もある。もう一度全てを知った上で鑑賞したい。

オマールシー、実際に会ってもめっちゃいいヤツ説。
鹿

鹿の感想・評価

2.5
母親がひどすぎる!絶対分かってて押し付けたんだろ!黒人とばかり付き合うのも計算だよね!っていう描き方でオマール・シーに肩入れできるようになってます。
親権を争う、好きものバイの男と養育放棄の無責任女。
無理に子供を病気という設定にしなくてもよいのでは。
観客を泣かせるため?
見るからに健康そうで、とても病気には見えないし。
川瀬亮

川瀬亮の感想・評価

3.8
題材としては鉄板かもしれないですが、映像のポップさとテンポ感で丁度よい塩梅。