勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

松岡茉優の演技が好きなので好きな映画だった。感情爆発する後半のたた見かける感じが何回でも見れるなあ。
二の右肩あがりな印像もとてもよき。やられた。
heise

heiseの感想・評価

3.9
物語の起伏は少ないけどそこそこ飽きずに見られた。不思議な世界観後半には主人公の演技力相まって癖になってた。結局皆表に出さないだけで色々拗らせて生きてるよねーって思ったよ。以上。
一とよしかを巡るラブストーリーと思いきや、
二とよしかのラブストーリーだったことが最後のエンドロール字幕でも分かった。
思い出は美化されがちだけどしっかりと前向きになれるすごくいい作品。
タイトルは謎
cubs

cubsの感想・評価

3.6
松岡茉優良いなぁ
それにしても片桐はいりの存在感ってすごいな

このレビューはネタバレを含みます

タイトルからロック歌手かなんかの物語かと思いきや、まさかの恋愛映画だった。
前情報無しに鑑賞したから、びっくり。

学生時代から恋し続けている相手「いち君」と、脳内で妄想の恋を楽しんでいたこじらせ女子な主人公。
一方で現実では、同期で以前から鬱陶しいと思ってた相手「二」に告白され、浮かれる。
ある日一人暮らしをしている自宅アパートでボヤを起こしてしまい、生きている間にいち君と再会することを企み、謎の三角関係を悪化させていく。

恋愛映画でも結構好きな方。
じれったくて、ゆっくり進むところが好み。
ゆっくりと言っても、恋愛模様がゆっくりというだけで、展開自体は早くて飽きない。
途中のミュージカルはいらなかったけど。
歌が上手ではない人のミュージカルってあまり楽しくないもの。

何気ない会話や主人公の日常の行動に親近感を覚えるし笑える。
そして、主人公の中二病のような思考回路も若干共感。
「BUMP OF CHICKEN」の曲とか似合いそう。

人の名前を覚えることが苦手で、いいかげんなあだ名をつけまくる主人公は、片想いの相手に名前を覚えられていないことにショックを受ける。
人と違うことに優越し、人と違うことで異常と感じる主人公。
人に見下されてると勝手に被害妄想し、結局人を見下している主人公。
…、主人公チョー面倒な正確してる。
妄想癖も何とかした方がいいと思う。
「二」は苦労するけど、「二」も最初の経理課のくだりからウザい営業マンっぷりを発揮。
だけど、主人公も「二」もかなりよかった。

いち君役の俳優は、最近観た映画でよくいたけど、どれも同じような役。
これしかできなさそう。

黒柴かわいかった、もう少し出してほしかった。
それが一番のマイナスポイント。

題名と最後のシーンの台詞の意味は、わからなかった。
松岡茉優最高。
共感できる部分もあったり、何気ない台詞が刺さった。
片桐はいりと柳俊太郎の2ショットは破壊力バツグンだった。
日本版「ジョーカー」だと俺は思った。
ストーリーは起伏少ないながらも細やかな演出で飽きない。
コンプレックスをさらけ出せるほど大人じゃない。でも自分を理解してほしい。20代の心理を上手く表現した作品。
カースト最底辺の主人公が拗らせながらも奮闘する姿は、自分の芯にある陰キャラな部分が勝手に震えた。
この映画に共感できない奴らこそ、本物の陽キャラだ。羨ましい。
一に片思いしてる時のときめいているヨシカの表情と、二と一緒にいる時の楽しそうで安心している表情の違いをよく出せているなと思った。
ことね

ことねの感想・評価

3.9
人には見せない自分だけのリアルな日常や感情が、不思議な世界観で描かれていてどんどん引き込まれた。
気づいたら共感しまくってた。
誰かのことをちゃんとみるって大事なことだし、自分をちゃんとみてくれている人を大事にしたいと思った。
Cecile

Cecileの感想・評価

3.0
正直なところ、
よくわからない!!
が感想だけど、かわいらしい映画
>|