蜘蛛の巣を払う女の作品情報・感想・評価 - 105ページ目

上映館(1館)

「蜘蛛の巣を払う女」に投稿された感想・評価

kouhei1813

kouhei1813の感想・評価

3.7
まだ原作を読み始めたばかりのところで映画を見てしまった。著者者が亡くなりシリーズの2・3を飛ばして、いきなり新著作者による4から始めたわけだが、リスベットの生い立ちに戻らせたのは仕切り直しの意味があるのだろうか。物語的には悪くはないのだが、全体的にソフトになってしまった感じがする、リスベットも可愛すぎるし、ミカエルにいたってはボンクラに見えてしまった。やはりダニエル・クレイグを使って2・3と順番に作ってほしかった。原作はやたらと回り道が多いような気がするが、映画としては原作どおりに作っているのかしら。
登場人物の設定が過度に変更されていて原作への冒涜だという批判を免れない
良いアクション映画

Lacks respect to the original series in its essence. Why they made the twins fragile is beyond me.
Probably satisfactory as an action film.
mike

mikeの感想・評価

4.0
TOHOシネマズ川崎で字幕版を鑑賞。北欧らしいダークなサスペンスだった原作からかなり設定を変えていて、ノンストップアクションをメインにした活劇になっていたかな。バイクを含むカーチェイスもてんこ盛りで、大満足っす。ラスボス的なカミラだったけど、最終決戦はあるのかな?
傑作『ドントブリーズ』フェデ・アルバレス監督新作でスティーブン・ナイト絡みの脚本と聞いた時点で高期待値だったけど、とりあえず及第点。
フィンチャーが手掛けた前作の艶やかな暗黒的語り口は薄まり、むしろ『スカイフォール』のジャンル要素強化という。
いや好物なんで嬉しいんだけども。
なんだか普通な感じでした。
前作とは別物で007寄りな感じになっていました。

前作とは完全に別物。
キャストを一新し、作品の雰囲気も大幅に変更された。ほぼリブートといってもいいと思う。スパイダーマンのように、本シリーズはこれとスウェーデン版、フィンチャー版を合わせて3つのバージョンになった。たまたまタイトルも「蜘蛛の巣を払う女」だ、と上手いことを言ってみる。

それはともかくとして、本作は前作までにはみられないアプローチが特徴的。まるでジェイソン・ボーンのようにヒロイックなリスベットは新鮮だった。

ただエンタメに寄っていて今までで最も薄味だった印象。北欧ならではのドロドロした雰囲気を期待していただけに残念。コッテコテのフィンチャー版が恋しくなる。

あとハッキング万能主義はやめてほしい。無敵すぎてアクションシーンの緊張感はほとんどなかった。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
ミレニアムシリーズ第4作目の映画化。米資本「ドラゴンタトゥーの女」以来の映像化。メインキャストは総入れ替えだが、クレア・フォイのリスベットも良かった。今作はハッキングに重点が置かれ、それ故ストーリーにやや地味な印象を否めない。しかし北欧らしい薄暗く青白い映像は期待通り。個人的には好みの作風。
KianoJones

KianoJonesの感想・評価

3.9
いやめちゃよかった 前作に比べるとこっちの方がもっとダークでいい意味でB級な感じだけど、前作も今作どちらも違う良さがあって楽しめた それとこっちの方がアイスランドの広大さとかずっと雪で寒い感じとかを映像とかから読み取れてその点でも良い もっかい観れます
007っていうかスカイフォールみたいな話でしたね
元の話があんまり良くないと思う
前作も原作も知らない人なら普通のアクション映画として楽しめると思う。

ハリウッド版の前作が好き過ぎるからかも知れないが、この作品は正直がっかりした。原作のキーになる部分がすっぽり抜けててただのアクション映画になってる。

クレアフォイの演技は良かったんだけど、、あれはリスベットじゃないよ。ミカエルもカミラももっと繊細で妖しく描いて欲しかった。

やっぱりルーニーとダニエルクレイグのコンビが良かったーー!!!!

期待してただけだいぶショックでした。
でもポスターは買います。