リバーズ・エッジの作品情報・感想・評価

リバーズ・エッジ2018年製作の映画)

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「リバーズ・エッジ」に投稿された感想・評価

公開初日に鑑賞。

う〜ん、よく分かりませんでした。
これが、今どきの高校生の青春群像なのか?
決して普通の高校生ではない。
もし これが現実を映す鏡であるのならば、あまりにも辛い。

冒頭、主人公のハルナのインタビューから始まり焦げたぬいぐるみのクマが映し出される。
そして、いきなりカメラは、マンションの屋上から炎上した物体がゴミ集積場に落ちていくのをとらえる。
一体、何が炎上したんだ?
正体不明のまま本編へ入る。

山田一郎(吉沢亮)は、同級生の観音崎(上杉柊平)にいじめられている。
そんな山田を、観音崎の彼女・若草ハルナ(二階堂ふみ)が助けたことから、ある秘密を打ち明けられる。
それは、山田が河原で見つけた死体を宝物にしているという事だった。
この二人に、後輩でモデルをしている吉川こずえ(SUMIRE)も加わり、物語は予想できない展開に…

確かに予想できないので、最後まで集中して観れたのですが…

まず、登場人物が皆 高校生に見えません。大学生ですね(制服でなく私服だし)。

それぞれがしていること(いじめ〜死体遺棄?までいろいろ)にも、全く共感できないし…
また、死んでからの方が、彼女のことを好きになったという山田の言葉にも共鳴できなかった。(死によって愛が成就するというのは、「ロミオとジュリエット」などがそうなんですが、文学では永遠のテーマですね)

やたら、工場から出る排水と煙のカットが随所にありましたが、主人公たちの愚かな行為を被せていたのでしょうね(人間社会では避けられないものとして)。

まあ、いずれにせよ、よく分からないうちに終わりました。
(冒頭の炎上する物体の正体は、きちんと明かされます)

スクリーンサイズが、スタンダード・サイズだったのも気になりました。
(劇場なのになぁと思ったり)

最後に、二階堂さんの体当たりの演技にはビックリしました。
二階堂ふみ綺麗すぎ、吉沢亮のミステリアスと無な感じが良かった。
観音崎くんほんと馬鹿な男の子だなって感じだけど好きな子のことは馬鹿なりに大事にしててすき
みんなぶっ壊れてるけどそれがおもいしろい
marieru

marieruの感想・評価

3.0
原作の雰囲気そのまんまな感じでよかった〜。
そして、あんなに脱ぐなんて思ってもなかったので思わず音を小さくしてしまったw
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.5
女友達の子が苦手過ぎて、つまらんなぁと思って観てたのですが…二階堂ふみちゃんのおっっっっっぱい。お尻と後ろ姿まで美しいなんて。はぁ、最高。

二階堂ふみちゃんが出てくる瞬間、映画って気持ち悪くなるよね。褒め言葉です。
むしろ気持ち悪くない映画はないし、彼女自身も選んで出てる気がします。
白いトレーナーにボーイフレンドデニム、OLIVE女子を思い出す。はぁ、好き。

対して吉沢亮くんはかっこよすぎますね。整い過ぎていて、私服がダサかったら良いなぁと思わざる得ない。

SUMIRE、ヘルタースケルターの水原希子ちゃんを思い出す。
って思ったけど、そうか、岡崎京子か。

見終えての感想は、行定勲監督ってこんな気持ち悪い映画撮るんだなぁとしみじみ。

二階堂ふみちゃんが泣いちゃう気持ちとか、モラトリアムとか、分かりたかったんだけど煙草にハマりすらしなかったわたしには厳しかった。
なんかよくわからなかったが、まさか二階堂ふみが脱いでるとは思わなかった。
きゃな

きゃなの感想・評価

3.9
2019.03.22
マナ

マナの感想・評価

4.5
内容は難しかったが吉沢さん、ふみちゃん、その他の俳優さんの演技が素晴らしかった。

吉沢さんの死んだ目が最高だった。感情がこもっていない感じ。たまに魅せる笑顔。

SUMIREさんがとにかく美しい。普段の口調に感情がこもっていないが死体の話になると興奮するところが綺麗だった。(表現が不思議だけど綺麗って思えた)

生々しくてグロいシーンが多かったな。
b

bの感想・評価

3.7
人の遣る瀬無い気持ちってどこでどうしたら収まるのか本当に難しいなと改めて感じた。90年代の映画っぽい画像の荒さとか画面のサイズが4:3なところとかすごく好き。ファッションも可愛い!!原作読みたいなあ

行定さんの作る映画は作品によってちょっとずつ違う感じがするけど人の感情と表情が大事にされているように感じるし、なんか儚さをとても感じるなあ。それをよりこの作品で感じた。吉沢亮くんの演技力ハンパない
なんだか日本の景色が懐かしくなったので(アメリカにいるから)鑑賞。
時代設定も、どこかひょうひょうとした作りも、結構好き。

っていうかみんな裸になりすぎてて綺麗!女の子のおっぱい祭り!吉沢のお尻キレイ!!!(そういう映画ちゃうねん)

生々しい人間の不思議な話。
あのインタビューがイマイチわからないけど、こういう世界観だったのか、リバーズ・エッジ。もっと少女漫画的なものを考えていたのでびっくり。

吉沢の演技がまた面白い。無表情でいじめられっ子、ゲイでぼこぼこにされながらUFOを呼ぶために念じるような、自己がなさそうでしっかりしている子。

この友情のような他人のような集まりの描き方はうまいと思った。
あまり強い印象はないが、日本の映画にしてはよくできている。
Noah

Noahの感想・評価

4.0
全然知らない世界だけどなんか分かるような気がする、何も悩まずに生きてきた人にはちっとも分からない映画だと思う
吉沢亮のこういう役は良いなあ、惹かれる
エンディングの曲も良かった
>|