シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

しお

しおの感想・評価

4.3
ああ〜!!愛〜!!ってなった(アホの感想)。

形は違うけれども、それぞれの孤独を抱えた人達が自分の為や誰かの為に闘う映画でもあったと思う。

ゼルダ最高だなって思った。あんな友達欲しい。
momo

momoの感想・評価

2.0
期待してたよりハテナマークがたくさん頭に浮かんでなんかもっと恋愛って感じのものを描いて欲しかった
あかね

あかねの感想・評価

3.9
やっと見れた〜!でも、期待してたよりなんだか「?」な映画だったなぁ... 。映像の美しさ、そして音楽とか全体の雰囲気はとても好き。そのおかげで作品全体のトーンは暗いのに夢みたいにファンタジーな映画に見えた。不思議な感覚。とにかく美しい映画でした。

話が非常に謎。最初からのシーンから、エロさとグロさ含めて大人のファンタジー。愛って何なのかね...。魚人の何に対してイライザは「愛してる」って言えるんだろう。孤独な者同士が出会ったのは分かった、でもよくわかんないなぁ...。

サリーホーキンスの演技もすごかった。言葉がなくても、こうして表現できるんだって。恋してる時とか、最初のタップダンスしてるとことかかわいかった。
きょん

きょんの感想・評価

4.0
地味そうなのにとても刺激的な映画でした。
美しい対象物に人は心惹かれるのだなあと。
最初のタップダンスのシーン可愛かった。
愛のあるお話なんですけど、暗喩や皮肉が多くて、改めて人が人を分けて位ごとに分類する差別ってなんなのか、またその根深さを突きつけられる意外と現実的なメッセージ性のある映画。と言いつつ見終わったときの感想は「不思議な映画だな」。
Yoshiko

Yoshikoの感想・評価

4.1
あんま期待しないで見たら泣いてもうた

「The Shape of Water」=愛の形
怪物で、他と違って、何が悪い!って感じ
ラスト半魚人がかっこよかった
maamin

maaminの感想・評価

4.0
イライザの生活感、控えめだけども60's髪型服装、半魚人氏に名前がないところ、控えめだけどもエロとグロ、所長のキモさ、ゼルダの最高さ、だんだんまあ結構最初から半魚人氏がかっこよく見えるところ、良かった。博士最後まで貫いてほしかった。指よ、
芸術的や抽象的な表現が多いかと思ったのですが、全体的に分かりやすい内容で観やすかったです。

【良かったところ】
オープニングの海の中の映像。
悪役のキャラクター性。
ストーリーのテンポ。

恋愛要素は強く感じられなかった気がします。もう少し掘り下げても良かったかも。

少し変わったヒューマン(?)ドラマを観たい人にはオススメです。
こまち

こまちの感想・評価

3.7
童話のような、寓話のような、ロマンティックだけど、すこし残酷なお話。
普通の幸せを手にした人は誰もいないけれど、そんな存在にも幸せの可能性を探せるというか、その人の幸せを、誰かが決めつけたりしちゃいけないな、と感じた映画。

あと主人公が恋をして、キラキラと、服が赤色になっていくのにときめいた。
maco

macoの感想・評価

4.7
首の傷、なるほどねって感じ。
最後は2人で幸せになったと信じてる。
Fano99

Fano99の感想・評価

3.3
マイノリティの映画だと感じた。
自分が完全には理解できてないからか、退屈に感じる部分もあった。
>|