心と体との作品情報・感想・評価

心と体と2017年製作の映画)

Teströl és lélekröl/On Body and Soul

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

ハンガリー、ブダペスト郊外の食肉処理場。代理職員として働くマーリアはコミュニケーションが苦手で職場になじめない。片手が不自由な上司のエンドレは彼女を気に掛けるが、うまく噛み合わず…。そんな不器用な二人が急接近するきっかけは「同じ夢を見た」ことだった。恋からはほど遠い孤独な男女の少し不思議で刺激的なラブストーリー。

「心と体と」に投稿された感想・評価

鱗子

鱗子の感想・評価

4.9
間違いなく名作となり得る。
ラブストーリーはこれでもう、行き着くところまでいったな、と。

ただ、私情をだいぶ持ち込んでしまったので、ちょっと今回は黙って見守ろうおもう。生涯大事にしたい作品。
人を見るとき、欠点に目が行きがち。
この話でも、序盤は、マーリアがアスペルガー症候群らしいこととアンドレらの片腕が不自由なことに注目させるけれど、なかなかユーモアもあるストーリーを楽しんでいるうちに僕らは、マーリアの妖艶さとアンドレの人格者っぷりに思わず唸らされることになる。他にも、初めと終わりで印象が変化するものはたくさんあって書ききれない。ひとつだけ言っておくなら、僕らは普段余計なことを考えないようにすることで幸せに過ごしているんだなということのメタファーが、屠殺だということ。
それほど期待せずに観に行ったが、
気付けば魅入っている自分がいた。

夢の中の森林風景と鹿が美しかった。
鹿の演技(?)が見事で、本当に人が鹿の体を使って、動いているようだった。

ヒロインはあまりにも美しく、初めて笑みを見せたシーンは思わず見惚れた。
純粋で不器用すぎる彼女の行動は、
時にコミカルで魅力的だった。

肉体の繋がりよりも、精神の繋がりを重視した、ピュアで美しい映画だった。
のこ

のこの感想・評価

4.3
首都ブダペスト郊外の食肉処理場を舞台に

コミュニケーションが苦手な孤独な食肉検査の女性と、片腕が不自由な人生を諦めた上司との運命的な出会い~

お互いに同じ夢を毎晩見ることから親近感が湧き お互いを意識し始め~ やがて愛に~
そのナイーブな世界観を見事に展開させていく!
 
観る側にも昨夜はどんな夢をお互いに観たのかしら~?と
お互い同じ夢を 今日も 明日も~明後日も~と

雪が積もった森の中 雄鹿と雌鹿が 距離を置いて見つめ合っている^^
お互いの夢の光景~♪

自然界に生きる動物 雄鹿と雌鹿の神秘的な出会いが~
現実 二人の距離と照らし合わさりながら進行 展開して行く~ 
目に見えない世界を 夢で追って行く
不思議な心地良さも加わって! 

ただ 食肉処理場での現場シーンが最初に登場で
こういう生々しい血など苦手な方は目を閉じてね!w

ホラーという方もいるかもしれないけど

純粋に人を好きになって行く
このマーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)の不思議な魅力にラストまで目が離せなかった~(#^.^#)
素敵な作品~(#^.^#)
naonaohr

naonaohrの感想・評価

3.9
ちょっと長い。まあ理由があるんだけど。
リハビリ映画? なんか奇妙な感覚になった。
リョウ

リョウの感想・評価

4.2
もうハンガリーの映画とかどうやってスコアつければいいの???比べられないんですけど???
えいご

えいごの感想・評価

3.2
偶然(?)か必然か、心より前に夢で繋がっていたけど、現実の世界では
社会的な困難を抱えている二人。
その心に気がついた時から、その困難を自分なりに越えていこうとする
姿が、ぎごちないけど微笑ましいシーンだった。

何とも不思議なトーンだったけど、何とも魅せられる作品だった。

2018.4 シネマカリテ
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.6
ブダペスト郊外の食肉処理場。コミュニケーションが苦手で職場に馴染めない代理職員として働く女性と、片手が不自由な上司が、「同じ夢を見た」ことから急接近する、ヒューマンドラマ作。心として、体として不自由な両者が、〝同じ夢〟を共有し、親密になっていく様は、独特な雰囲気がありつつ、人と人との関わりの大切さをしっかりと表現してます。お互いに不自由な面が見えるからこそ、寄り添えるものがあるという、人の思い、ピュアさに満ちた内容。夢でお互いを象徴する鹿の存在も、現実とリンクしており、結末にも影響してくる夢の存在は、よりお互いの関係性を表していて良い。食肉処理場が舞台であり、本作には屠殺シーンが挿入されてます。
血が苦手だけど、割と大丈夫だった

最初はびっくりするほど綺麗な女の子(大人だけど透明感がスゴくて)だなーと思ったけど、
途中から可愛くて可愛くて
風変わりに見えるけれど本人はいたって大真面目✨
可愛いなぁ、でもしんどいんだろうなぁと何度も泣けてきた

上司の男性は、仕事上の潔さと私生活とのギャップがまた素敵
レジのおじさん店員や、CDショップの女の人の優しさも嬉しかった
他にも良かったところを挙げたらきりが無いほど、この映画が大好き❗

今年のBest入り決定✨
健一

健一の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

不器用な男女が織り成す世界中で何処にでもあるような何でもない日常。そこに有り得ないプチファンタジーを加えるとこんな素敵な映画になる。とてもいい拾い物をした感じ。いい作品だった。牛ぶった斬りシーンは「地獄の黙示録」に匹敵する衝撃。
>|