シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

ateko

atekoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ギレルモ・デルトロ監督

発話障害の女性イライザと半人半魚の異形のラブストーリー。

大好きギレルモ監督。パンズ・ラビリンスやパシフィック・リムなど前作から好きな監督であること、アカデミー賞受賞作品ということでとても期待して見に行きました。
オープニングの世界観や、異形のデザインはやはりさすが。前作のペイルマンもなんですが、今回の異形の彼もCGではなくメイクやスーツで実際に人が演技しているせいか、とてもリアルを感じます。
正直ギレルモ監督はパシフィック・リムで衝撃を受けたからか、男の子のロマン!カッコイイ!!ってのをすごい求めて見てしまったので、見た後はちょっと期待外れな感じがしてしまった。ストーリー自体はテンプレという感じで悪くもなく良くもない感じ。
でもこの映画はその辺が主軸ではなく、マイノリティとマジョリティや社会的強者と弱者に焦点をおいた社会派(?)というか疑問を投げかける映画でしたね。現代の流れをしっかり捉えているというか。
主人公サイドは障害者、異性愛者、異形、異種族間での恋愛というマイノリティな弱者組で、悪役は社会的強者というわかりやすい構図。最初は悪役ストリックランドが嫌な奴すぎて、なんだこいつって気持ちだったんですが、彼自身もその社会の位置付けにしばられていて、金髪美人の妻、子供は二人、明るい一戸建て、流行の車、そして仕事では絶対の成果を求められ、「成功者」というテンプレートに縛られている。「私はこれまで完璧にやってきたはずだ。いつまで続ければいいのですか」と彼の上司に訴えている姿には悲壮が感じられました。ポジティブになるための啓発本をさりげなく読んでいたり、小道具に度々彼の辛さを仕込んでくるのが憎い。
わざわざストリックランドの妻とのセックスシーンが入ってたりして、これ必要か?と思って見てたんですが、これは主人公サイドの主人公と異形のセックスとの対比なのかなぁと思ったり。幸せそうな主人公サイドと比べ、ストリックランドは少し目が死んでたような気がしなくもない。義務感があった感じの。でもなかなかその辺の構図に気づけませんでした。

表のラブストーリーが進んでいく中で、いかにこの構図に気付けるかでこの映画の印象がすごく変わる気がします。物質的、社会的な幸福があっても、それだけでは真の幸福は得られない。主人公サイドは度々苦難に立たされますが、それでも互いの関係や支え合うことで幸せそうに見えます。
ここまで悪役を色々言いましたが、やっぱり悪役だけあって、嫌なやつなんですけどね
ラブファンタジー映画です。私には少しファンタジー過ぎたかなと感じました。純粋な感情や純愛の部分、神秘的な映像は素晴らしかったです。評価は難しいかな
おかず

おかずの感想・評価

4.1
雨の日にすごく合う映画だと思いました。

水の形=色々と形を変えるけれど目に見えない=愛
間違っているかもしれないけど映画を観てからこの様に私は感じたなぁ〜
愛って色んな形があると思う。

耽美で綺麗なものだけが愛ではないんですよ!
美しくも奇妙でグロテスクでもあるのが愛なんだ!たぶん(笑)

オープニングの描写から私はこの世界観がとても好きです。
また、半魚人のお尻とか唇、肌の滑り感、鱗描写がすごく艶めかしく色っぽい!やばいなぁー

デルトロ監督は怪獣描写にとってもこだわりがあるみたいで、観ていて気持ち悪いのに完全に観てしまう!恐い物観たさを刺激する。不思議な魅力を持つ映画を撮るなー
しかし確実に言えるのは…
万人ウケは絶対にしないという事だけ!

でも多くの人に観て欲しい映画です。
デルトロ監督の映画は画面づくりと怪獣、画面の色味へのこだわりが素敵ですから!
Brownie

Brownieの感想・評価

3.4
発話障害の役がほんとにすごかった…!
話せなくても体全部を使って伝えてくる演技に圧倒。
Kotoha

Kotohaの感想・評価

3.7
ヒロインがとにかくチャーミングで、何に対しても興味津々な姿勢が素敵だった。みんなの個性を、なに一つ驚かずそれぞれ尊重して、応援してくれる登場人物たちがとても良かった。
さえ

さえの感想・評価

3.8
あんまりデルトロ好きじゃないので敬遠してたけど、いい話だった。
緑で統一された色調もきれいだった。
でもやっぱりデルトロの珍獣は気持ち悪さがハンパない
観てるだけで楽しいってタイプの映画
ファンタジー設定を納得出来ればストーリーもわかりやすい
ギレルモデルトロの変態っぷりが溢れ出てる
ティムバートンの変態上位互換なイメージ(褒めてる)
ファンタジーなのに妙に生々しくて、真・仮面ライダーにしか見えなくて・・・邪念だらけの自分にはこれにハマり切るには新しい変態の扉を開かないと無理でした。世界は広かった
もちろん完成度の高い映画だと思うんだけど、これがアカデミー作品賞って意外だなー
タイプとしてはスリービルボードが獲りそうなのにね
多くの人が絶賛する中で私は最後まで観ることができなかった。
最後まで観ることができないというのも鑑賞した結果生じることだと思うので記録。
色味、15禁に設定された理由であろうあらゆる描写が私は苦手だった。でも、途中までの鑑賞でも絶賛される理由はわかる。わかるけど、私には合わなかった…いつか全部観れるといいなあと思います。
anna

annaの感想・評価

3.8
全てをこの作品の中で曝け出しても、こんなにも奇妙で美しく純粋な愛が描けるだろうか。
うゆ

うゆの感想・評価

-
映画の色味はアメリみたいで素敵だったけど、
色々と私には合わない映画だった。。。。。とても。。。。。
>|