マイティ・ソー バトルロイヤルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

マイティ・ソー バトルロイヤル2017年製作の映画)

THOR/RAGNAROK

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:131分

4.0

あらすじ

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジ…

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!

「マイティ・ソー バトルロイヤル」に投稿された感想・評価

あん

あんの感想・評価

4.0
サプラーイズ

ロキがロキで最高やった
ヘラお姉ちゃんもっと戦って欲しかったな
ただこれ推しができちゃうとみ進めるスピードあがるけど内容いまいちやったり自分の好みじゃなくてもどちゃくそ楽しい!ってなっちゃうの嫌やな、て思うけどそこですでにうがってみちゃってるんか、って思いだしたらキリないから楽しいでいいやつや
emi

emiの感想・評価

4.0
人間魔術師にあしらわれ、同郷の女戦士に手玉に取られ、大男にコテンパンに叩きのめされる
もはや雷神の威厳はどこに?と思ってたら、覚醒しました!

おもしろくて笑えて二回観てしまいました

この状況からインフィニティに繋がるのが辛い

このレビューはネタバレを含みます

ソー単体の作品の中では一番面白かった。やはり今まで頼りにしていた能力を一時的に使えなくなってからの復活という展開は熱い。

『マイティ・ソー』でも同じような流れだったけど今回は真の力に目覚めているのでさらに滾る。

グランドマスターは明らかに残虐なのに憎めないキャラクターなのが悔しい。

ハルクは扱いが難しいけど『アベンジャーズ』の時同様、覚悟を決めると頼もしい。フェンリルとの戦いは怪獣プロレスめいていて良かった。

覚悟という点においてはヘイムダルに代わって番人を務めるスカージもカッコよかった。銃に変な名前をつけるだけの人じゃなかった。

でも彼らよりもロキが全部持っていった感がある。「お前たちの救世主はここにいるぞ」は笑ってしまった。
yuzu

yuzuの感想・評価

3.7
ソーは好きですが、2作目がいまいちだったので、あまり期待せずに見たら、迫力もあり、次々と展開して行くストーリーは目が離せなくてなかなか面白かったです。ソーのトレードマークの髪はえーーーってなりましたが、よく見たらかっこよくて似合ってましたw
映画の全体としての雰囲気のコレジャナイ感はあったけど
ソーの短髪はイケメンだった
やっぱハルクの扱いはどうにかしてほしい
ソーのシリーズは一昨目が説明書的すぎてあんまりでしたがそれ以外、非常に満足度が高いです。内容もクロスオーバーしつつ、本質から脱線せず。しかし最強の二人が揃ってるのにヘラとあんま闘わずにラグナロク頼りになるのはアクション映画、ヒーロー映画の観念にとらわれすぎず非常にナイスでした。これを観ずにインフィニティウォーを観ちゃった僕としては、最後の方で、あぁ、、、。という感じです。
りん

りんの感想・評価

5.0
兄上沼に墜ちた記念すべき作品。

これまでのアベンジャーズって、キャプテンとトニーがメインで、ソーとハルクはオマケ、ギャグ担当くらいに思ってました、ごめんなさい。
邦題の「バトル・ロイヤル」も、CMのソーとハルクのバトルシーンも、本編のつなぎ、番外編なのね、って気持ちを後押し。
映画館に行くまで正直全く期待してなかったのに、くっそ面白かった。
くっそ面白かった。
アベンジャーズ全体でも流れを変える作品だと思う!すき!
2018-84
「ソー」シリーズはどちらかといえば好みではなかったけど、今回はめっちゃ面白かった印象。ハルクがいたからかな?
覚醒?したソーが超カッコ良い、こういうサイヤ人的な変身盛り上がるね。
ロキの独特の愛嬌が炸裂しつつ、カッコよくもあるので魅力盛り沢山。
この終わり方は相当焦らすなぁ…!
『インフィニティ・ウォー』には欠かせない。
雷神 覚醒!!!

マーベル作品で人気のソーが主役の映画第3弾!前2作と比べて急にポップというかゆるいというか、、神様感がなかなかに無くなっております笑

そして準主役ポジションのハルクが今までにないくらいにめちゃくちゃ喋ります笑
あの悲しみに満ちた面影はどこへやら。。。

ただ、アクションパートは楽しめるものになっているのでその点はgood👍

全体的に小ネタも増えているので前2作がツボだった方にはなかなかピンと来ないかも(´・ω・`)

インフィニティウォーに繋がる大事な作品ですので、一見の価値はありです!

※この作品の後にインフィニティウォーの終盤のソーの振り幅と戦いっぷりを見たらもうカッコよすぎて個人的にはその前振りとしてこの映画は必要です!!!
あおい

あおいの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1作目、2作目は、アスガルドか地球が舞台のメインでしたが、今回は物語の大部分が惑星サカールで展開されてるので、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』みたいなSF感の強い舞台なのが良かったなー。

当然ながらド派手なアクションは健在ですが、ムジョルニアが壊されちゃったのは残念!アイコンだったのに。。

そして、ハルクが出てくるのは何となく知ってたけど、やっぱ登場シーンはアガりますね!地球で嫌われ者になっていじけているハルクはちょっとかわいいけど、ブルースに戻らないようにしているところなんかは、なんか悲しくなるレベル。。これからどうなるのかしら。
あとヴァルキリーかわいい!ロキやっぱり憎めない!

あと、「なんで『移民の歌』?(リフはかっこいいけどさ…)」と思ったら、「アスガルドは場所じゃなくて民」で回収される伏線だったのね。。『移民の歌』は北欧のヴァイキング達が、「西の海岸」つまりアメリカを目指す歌だという解釈があるようで、歌詞にはなんと「神々のハンマー」なんて単語も!北欧の神であるソーにぴったり!!

張り詰めたスリリングな空気を適度に緩めさせるギャグもちょうど良くて、軽快なテンポで飽きずに見られました^^ソーのシリーズは回を追う度に面白くなってく!!!