米軍が最も恐れた男 その名は、カメジローの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:107分

3.9

あらすじ

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。 1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、ア…

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。 1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった━。

ナレーション

「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に投稿された感想・評価

瀬長亀次郎のドキュメンタリー。

ギフテッドにするか迷ったけど、あちらはTSUTAYAで借りれるようになるだろうけど、こちらはそうならないだろうから、こちらにした。

日本は沖縄を捨て石にし、今だ屈辱の中を生きている。
naomi

naomiの感想・評価

3.7
カメジローの精神が今の沖縄にも生き続けている。すごく今とリンクした。
 沖縄のみんなが望んだのは本土「復帰」ではなく「返還」だったとは、よく聞いていたことだが、その意味がよくわかった。
 ある日突然ブルドーザーが茅葺きの家を倒し、土地を奪っていったこと、しかし実際に本土復帰したものの、さらに基地が拡張されていったことなどだ。
 カメジローは終戦後からずっと沖縄のためにアメリカと戦った。
 刑務所に入れられたり病気の治療をされなかったり、「占領下」とはいえ主権のなさには驚いた。
 それでも、アメリカは当時の資料を情報開示しているのでそれが判明する。
 今の日本の状況はどうだろうと、暗い気持ちにもなった。「特定秘密保護法」という名のもとで、情報を秘匿する。
 そして、今も続いている辺野古の基地反対運動を、「プロ市民」の仕業だと報道するマスコミもあるということの問題も見える。
 カメジロー(瀬長亀次郎)の主張が、「不屈」という精神が生き続けているだけなのに。
 このドキュメンタリーを作ったTBSに感謝。
 
 
映画というより、純然たる人物紹介ビデオなので、採点なし。ネーネーズなつい。
chb

chbの感想・評価

3.2
自分の家があってとても気に入って平和に暮らしていたけれど、そこに居候させてってあまりよく知らない人が入居してきた。そして、戦う為、戦いに備える為、この家を守る為に武器を置かせてって言われて断れなくて、挙げ句の果てにはそろそろ出て行ってほしいという願いもきいてくれない...。
それはアメリカが戦争に勝ったからだよって言われたって、「戦争に勝った」ということは勝てるだけの財力武力があるということ、それらを使って人や街や自然を沢山傷つけたという証が明らかになっただけであって、何でもしていいわけではない。返還のこと、戦争のこと、そして過去と今とこれからの沖縄のことを考えた。
ドキュメンタリーというより、インタビュー集のような。
新聞のコラムで知り、県外まで見に行きました☆

まず、映画云々ではなく、“亀次郎”という、戦後の沖縄にて歴史を刻んだ人物に見入ってしまいました!

史実に「もし~」はありませんが、
戦後の沖縄で「もし彼がいなければ」
、亀次郎さんは
「第二の瀬長(カメジロー)が現れるだろう」と予言し、
人々の希望となったのにも「彼ら(沖縄県民)の不屈の精神こそ」我が希望とばかりに突き進む!

その、控え目にして絶対的な心意気に胸を打たれました!
そして、彼の励みとなった沖縄の人たちの心強さに(瀬長知事への匿名の手紙の場面で)涙が止まらなくなりました。
花心

花心の感想・評価

3.2
戦後から現在に至る『沖縄』のドキュメンタリー映画。 
相手の勢力が強まってくると、ルールを変えて相手の動きを抑える。 
そういった権力しかないダメな存在って、いつの時代にもいるのね。 
亀次郎さんのような真っ直ぐな人、また現れて欲しいものです。

2017年 劇場鑑賞 79本目(通算79本目)
記録 監督挨拶付
監督挨拶付ということもあってかと思いますが、年配の観客多し。50歳の自分がきっと若い方でした。
監督も言ってましたが、変に偏らずつくられていました。それが沖縄への圧政を知っていると物足りなく感じてしまうかもしれません。
戦後史の学習が足りないのを痛感しました。子供にも見せたいですね。
民意を踏みにじられることに慣れてはいけない。
沖縄の歴史や現状を人の目線から知らなければならない。
三上智恵監督三部作や、この映画をもっと多くの人に見て欲しい。
SCORE

SCOREの感想・評価

5.0
終了時には、思わず拍手をしていました
ステージトークで監督も「会場から湧いた拍手が制作者として、とてもうれしかった」と語られました
約40年前に、新宿で偶然カメジロー議員に出会い「あの、偉大な人はこんなに小柄な方だったのか」と驚きの中で、ご挨拶して握手をしてもらいました
ここまで時間が経過して、本人も逝かれてしまった「今」になって緻密な証拠、証言を発掘して、描き上げたカメジローと沖縄のアイデンティティに対して、心からの感謝の拍手を送ります
ありがとうございましす、是非広めたいです
#Filmarks2017