米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯の作品情報・感想・評価・動画配信

「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

4.5
瀬長亀次郎、すごい男だ。

特に、佐藤栄作との1対1での討論が素晴らしい! あの佐藤栄作と対等に、いや圧倒するその気迫あふれる熱弁! そして、当たり前のことだが、ちゃんと議論が噛み合っていることに感動してしまう虚しさ。聞かれたことをはぐらかし、原稿の棒読みを繰り返す今の国会とは全く違う。もし、今の国会に瀬長がいたならば、安倍にも菅にも「ちゃんと答えなさい」と喝を入れてくれるんじゃないかな?

TBSの佐古忠彦さんによるカメジロー映画の第二弾。

本作では、瀬長が残したたくさんの日記から、瀬名の思いや、家族のことなど、人間瀬長亀次郎が描かれる。

「マクトゥヌ イインカイ ユミヤヤタタン」(真実の上には弓矢は立たない)

「ムシルヌ アヤヌ トゥーイ」(筵のあやのように まっすぐに)

この瀬長の母の言葉が、亀次郎の不屈の精神を形作った。

考えてみれば、終戦後すぐアメリカに統治され、私有地を没収され米軍基地にされた沖縄の人たちにとって、それは今我々が考える「日米安保で日本を守ってくれる」基地でもなんでもなく、父や、母や、子供たちを殺した敵国の軍隊が勝手に居座って作った基地であり、そのまま20数年間、米軍による圧政の象徴であったわけだ。

「基地のない沖縄」「基地のない本土復帰」を目指した瀬長の闘いは、沖縄県民の思いであり、至極当然の気持ちだろう。

だが、県民の支持が大きいだけ、米軍は瀬長に恐怖し、瀬長を罪なき罪で投獄する。

この際、島流しになった宮古島で、私が懇意にしていた宮古島の映画館パニパニシネマの館長さんのお母さんが、投獄中の瀬長の髪を切ったという話を伺ったことがある。瀬長の髪を切ったということが語り草になるほど、瀬長亀次郎という人間は沖縄県民に慕われていたのだ。

1970年の「コザ暴動」。沖縄県民を車で轢き殺した米兵が無罪となった糸満市の事故の後、コザでも酒気帯び運転の米兵が沖縄県民を轢き、抗議の群衆が拡大した事件。今のアメリカの Black Lives Matter と同じだ。

沖縄はこの後、1972年に本土復帰を果たすが、アメリカがもたらした民主主義が、結果、沖縄からアメリカを追い出した結果となり、皮肉なものだ。

「小異を捨てずに大道につく」この瀬長の言葉は、今の「オール沖縄」の精神にもつながる。

今も沖縄を取り巻く基地問題は、本質的には何も変わっていない。

私は沖縄に数十回は通っている沖縄フリークだが、瀬長のことも、沖縄のこともよく知らない人には、ぜひ本作を見て、少しでも戦後沖縄の歴史と思いを知ってもらいたい。

語り:役所広司。

音楽:坂本龍一。

素晴らしいドキュメンタリーである。
大変お恥ずかしいですが、僕は瀬長さんのことは存じ上げませんでした。
本作で知ることとなりました。島田さんを描いた映画の流れで鑑賞です。

一昨年から映画鑑賞の機会を増やすようになり、戦中の沖縄に関するドキュメンタリー作品もいくつか鑑賞してきました。本作もその一環で。
沖縄に関する作品を観るごとに、日本の中で沖縄並びに沖縄県民の方々しか味わっていない、「本土決戦」=「住んでいるところが戦場になる」・・・この過去が一体何の教訓になり、日本は如何に
それを生かしているのだろうか?と生かしていくにはどうすれば良いか?をしっかり考えなければ・・と再認識です。そして、いつも思いますが、僕は戦時、戦後の沖縄、並びに日本の歴史にどれだけ無知なんだろうか?と愕然といたします。

本作は瀬長さんの不屈の生涯を膨大な日記の情報をベースに描いていきます。先人が残した意思と悲しい遺産を風化させないため、その経験を生かし沖縄の方々に同じ思いをさせないための活動を追っています。
なぜ基地を反対するのか?それは再び戦場になる恐れがあるから。
その意思、信念の強さは当時の佐藤首相に熱弁をふるう姿にあらわれています。もしかしたら過激思想、バランス感覚を無視しているとも見えるかもしれませんが、命を守るためです。命以上に大切なものはないはずです。

沖縄が課せられている対アメリカ施策(と思える)の負担の大きさは、きっと戦時、戦後から変わっていないし、何らかの「変えよう」という政治家もいないのが現実なんでしょう。
あっちを立てると、こっちが立たなくなる。全員が満足する結果なんてない・・・のかもしれません。しかし、可能性はゼロではないのではないかな?と瀬長さんのドキュメンタリーを鑑賞した後に思いました。

じゃぁどうするべきなのか?
僕は答えがありません。しかし、選挙のたびに、国政選挙のたびに瀬長さんや島田さんを思い出し、沖縄の課題をどうするのか?に注目をするようになると思います。

僕たちは先人の経験、歴史を知り、認識し、理解し、悲しいことは繰り返してはならないという責務があるんだと。
Jaya

Jayaの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

2作目とは知らずに観賞しました。

編集の様子が非常に悪い意味でテレビ的だと感じました。無意味な風景のインサートなど、観賞者の感情を揺さぶろうという意図がかなり透けて見えて、若干のストレスに。
加えて、焦点が瀬長個人なのか、その闘争とその過程や目的なのか、沖縄の現代史そのものなのか、全く絞り切れていなかった印象です。
佐藤栄作への国会質疑などにおいても、瀬長の弁舌は鮮やかですが、編集が一面的に過ぎると思いました。

全体的を通して、ドキュメンタリーとして必須な客観的な視線が全くないと感じました。
これじゃ単に神格化しているだけで、包括的な視点がなければ、肝心の瀬長の苦しみ、凄さ、そして沖縄の苦渋は十分に伝わらないのでは。

ドキュメンタリーの対象として超一級の素晴らしい人物であることに疑いはないのですが、内容としてはどこを取っても非常に浅く、テレビ的過ぎると思った作品でした。啓発という意味では十分でしょうが、映画として期待外れというのが正直なところでした。
pomum

pomumの感想・評価

3.3
戦後取り残された沖縄の実情。
米軍基地の問題を改めて考えさせられました。
日本人として知らずにいてはいけない。

それと併せて、政治とは何かというところも考えさせられた。
無味乾燥の紙面で歴史を見てきたけれど、こういう情熱を持って社会は作られてきたのかもしれない。

それにしても、熱い人だった。
うめ

うめの感想・評価

2.2
ナレーションは今やひっぱりだこの名人。
映像や写真の豊富さ。
音楽も超豪華。
お金と時間かけてるなあ。
ゴージャスなドキュメンタリー。
それが一番の印象。

沖縄を知る
ひとつの視点として
見る価値は十分にあるが、
あれこれ結びつけるには、
些か材料不足に思える。

タイトルが
大きく出たせいかなあ。

ドラマ化してくれたら
もう一度見てみたい。
「報道の魂」の素材に追加編集して公開した作品。TBSの報道に対しての個人的な印象は、大上段に構えていながら大した事がない。映画にして公開したのは、東海テレビへの対抗心だろうか?キー局の報道がしたものが、追加編集して山根基世と役所広司がナレーションすれば映画になるとでも言うのだろうか。瀬長亀次郎にはなんの罪もないが見ながらなんか腹立たしい。繋ぎのカットに木葉越しの太陽を入れるのは、TBSの伝統か?瀬長亀次郎の闘いは、常人には想像もつかない。沖縄を考える際には必ず必要な人だ。評価は、ドキュメントに対する評価で瀬長亀次郎氏への評価でない事をご理解いただきたいです。
沖縄の戦後史のドキュメンタリー

沖縄の人が直面している不条理を少しでもこの作品を通して、感じ、自分の中に刻みたいと思います。
『〜カメジロー不屈の生涯』とわりと重なる部分があって、これは無理して別々にしなくてもちょっと長めの3時間くらいにして上映してくれたら良いのにと思った。
☑️『米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』及び『同・その名は、カメジロー』▶️▶️
この前作も含め、あまり創り手の個性が全面に打ち出される事はなく、いかにもTBSテレビドキュメンタリー的で、巧みなナレーション・低い空撮で関連場に導入・(一旦退きから入る)近親者や知人の証言・日記他書き残したもの・残ってる当人映像・社会的ニューズリール・当地のススキや月や陽の光景挟み・らが、見易く・OLや合成も入れてくみあわさっているが、へんに方向を前もって定めず肩もいからせてないせいか、フランクに実に染み入り、考えさせられ、目を見開かされ、勇気づけられる、年初に観た1女性ジャーナリストを追った森作品に劣らぬ秀作に記憶した。一本目が、導入で鋭くズームや広角も使い、今の沖縄の機運と扱う対象を直に結び付け、熱を持って人間の価値観と原動力のもつ形と美を扱うのに対し、続編の本作は前作の見せ場(二十数年の米国統治時代)以前・以後も扱い、主人公を囲む世界の変貌との相関を、ややおごそかめにゆたりと、真の力を感じさて捉えてく。共に、スッキリまた深く感動的で考えさせられる。
多大な被害(本土決戦を引き延ばす「捨て石」となった沖縄)からの解放者を装ってやって来た、そこを「占領」する「権力」を持ってしまった者(米軍・米政府)は、力を意識する事からの廻り・偽り・次の時代の恐怖(代わって本来の「民主主義」「民族」「大衆(民衆・市民)」の未来に基づき、「節を曲げず」諦めず不気味な闘いくる沖縄人民党の瀬長亀次郎への執拗な、監視・投獄・不信任操作・被選挙権掠奪・各種欠格裁定)もあって、暴力・剥き出し(「裸の」)の略奪(治外法権の暴行をしっ放し、永遠に「土地収用」して、「労働法」対象外の基地労働者と同じ、島民の「奴隷化」)に向かい、広く拡大を止めず、後付けで補強(琉球法制より上位の「身勝手な法令」)・既成事実化してゆく。征服した筈の相手に、(亀次郎の広めた)理想が根づき、鬱積した力も止められなくなると、力の支配から第一目的の確保だけ(「自由使用できる基地」)はしっかり残した委譲・戻しが始まり、その過程で手を汚さぬ恩恵得てる元・そしてまた引き受ける帰属先(安保下の「日本政府」、沖縄に不平等を押し付けた日本人)は、歪んだままを認めてしまう(戦争「悪」の根元の基地・核の存続)。権力を引き入れ、あるいはそれにあやかった時点で、「自由」からは無縁となり、自己と周囲を歪め続けてく循環と、その歯止めが内と外に現れる事。暴力装置も政治的後ろ楯もなく、「真実」と「偽りない歴史の証言」のみを持つ者が、世界の覇者に通ず「権力」側を追い詰めてゆく、牙城を崩すまでは困難も。「琉球民族」として米側が日本から切り離そうとした人たちは、本土の「日本民族」が、「自由」「民主主義」を見失って、「基地・核」を残し・押し付けた段階的(では本当はない)・形だけの「本土復帰・返還」を容認し「日本人」から離れたのに対し、自由・平和を成す真の「日本人」としての独立の気概・精神を気高く持ち続けてる(アメリカは、戦争犯罪・軍の不法に関し、ちゃんと賠償・補償もしていない。韓国の慰安婦の問題をあしらうどころではない、日本も忘れてはならないことがある)。
それらが、硬く遠くなく、極めて人間的魅力に充ちた人間(「ムシロの目ごとく真っ直ぐ迷わず」「生家近くの巨木のごとく、根を張って揺るがず」)を起点に、発せられてくる。琉球政府立法院発足の儀礼時、米軍主導に対し、議員として一人だけ、「県民にならともかく」必要なしと、直立整列無視、捺印も拒否、から気持ちいい。「ポツダム宣言」条文は理想に叶い、独立・平和・自由・民族自治に反す「SF講和条約」は悪、の割り切りもいい。佐藤栄作との国会での丁々発止の記録も貴重で、日本を正直・誠実さに代表する位置・価値が逆転する。政治にも無知で、私は沖縄の気風は、感じ続けてても、この人物について殆ど知識はなかったが、ずっと根っこの一部だったように、励まされた。全ては、「地続き」で自分に出来ることは、動き決め信じることだと、それが「団結」できると、ストレートで大きな実行力となる。
日本にこんな素晴らしい人がいたとは。沖縄で観た。観終わった後、なんか、涙が勝手に溢れてきて、止まらなかった。沖縄で観たことも大きいよな…
>|