猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

ドキュメント映画

海外の猫って
なんで皆人懐こいの?
海外行くたびに
野良猫に遭遇するが
みんなあんな感じ。
愛されている猫たちを
大画面で満喫できる映画🎬
2018年最初の映画。
戌年なのであえてね🐱

内容はイスタンブールで暮らす猫と人間たちのドキュメンタリー。
猫好きなら間違いなく癒されるはず。
猫好きじゃなかったらポカーン( ゚д゚)としちゃうかな。そもそも観ないか。

作中の猫たちは、こんなに自由にしちゃっていいの!?ってくらい猫らしくのびのびと生きています。
日本のなんとかっていう島みたいな感じかなあ。

印象に残ってるセリフは「動物も愛せないやつは人も愛せない」
大きく頷きました。

たくさんの猫でおなかいっぱいになったせいか、終盤で猫のように眠ってしまった…。

癒されすぎたってことにしとくにゃ。
ザキオ

ザキオの感想・評価

3.8
トルコのイスタンブールで暮らす人たちと猫の暮らしぶりがとても綺麗に描かれた映画です。


正直、猫が好きじゃないならほぼ観る価値は、ありませんが

イスタンブールを旅行した気にもなれるので(笑)

そういう人たちにもオススメです!!


日本にも野良猫にエサを与えてる人達は、たくさんいて


多くは、ほかの人たちに白い目で見られたり

奇人変人扱いされることが多いですが

イスタンブールは、日本と違い多くの方々が猫に寛容で共生してます(笑)

市場の魚も猫は、タダ同然で当たり前のように盗むし

売り物の絨毯の上を独占したり

高級レストランの外で客のご飯や中に入って強引にエサをせがまないで

ご飯が欲しい時は、窓を前脚でサカサカして

燻製の鶏肉とチーズをもらうグルメ猫がいたり


日本人もこれくらいゆとりのあるガミガミ言わない国になって欲しいと心の奥から思いました(笑)
癒しを求めて鑑賞。
北海道でも上映してて良かった(汗)

トルコ・イスタンブールに暮らす猫とその街の人達の姿を追ったドキュメンタリー。

猫たちの可愛さももちろん良いですが、街の人と猫との交流も観ていて微笑ましいです。イスタンブールの街並みも綺麗。

猫も個性豊かですね~。ポスターにもなってる猫デュマンの餌のおねだり姿がまた可愛い。

こんな素敵な街だけども、最近は都市開発が進み猫の居場所が減ってきているという悩みもあるみたいです。

猫好きなら観て損はない作品だと思います。癒しの時間を過ごせました(笑)
めぐみ

めぐみの感想・評価

3.6
はー癒された。。
癒されて途中で寝てしまったけど猫がたっぷりと観れたので大満足\(^o^)/
猫もそれぞれだけど、かわいいだけじゃなくてタフだなあと思った。
お母さんは強い!
デュマンのごはんおねだり可愛すぎた〜
イスタンブールの街の人と猫の関わり方が素敵
ぺん

ぺんの感想・評価

3.5
イスタンブールの街に生きる猫と人間の姿を収めたドキュメンタリー。
のんびりした雰囲気に若干の眠気を誘いましたが、猫がとにかく可愛くて逞しかった。

雑踏でエサをねだる猫や猫のおかげで財布拾ったおじさんは微笑ましかったけど、今の日本の猫作品には登場させられなそう。
国が違えば猫との距離も変わってくるんだな。
猫を家に閉じ込めたら、猫らしさがなくなるというセリフも記憶に残った。
松崎

松崎の感想・評価

4.0
イスタンブールの人達、猫に向き合う姿が自然で素敵。猫にストーリーを与えて語る彼らは幸せそうで、なんだか猫達も幸せそうに見えてくる。勝手気ままに生きてる猫に癒されて、振り回されて、感情移入して、神様の代理人は人間ではなく猫の方ですね。
「(野良)猫のいない街は不幸」
映画の中で出てくる台詞だが、これは野良猫も許容できないような街は不幸ということだと思う。この映画を観ると日本は人間が幅をきかせすぎだなとも思う。
「動物を愛せない人間は人も愛せない」
「猫にえさをやるようになってまた人を愛せるようになった」
別々の人が言う台詞だが同じことを言ってる。
岩合さんの番組では決して見れないようなネズミ追っかけ映像や割と長めな猫同士のケンカ映像が観られる。
イスタンブールの風景も美しいので癒し映画としても最適。
Taiju

Taijuの感想・評価

3.5
「うわぁ〜猫かわいい〜!」
から始まり
「はぁあ〜猫かわいい〜…」
で終わる猫ドキュメンタリー映画。

イスタンブールの街に住む猫。個性があって性格も様々。街の人もその辺に猫がいるのが当たり前な環境。こんな世界もあるんだなぁとほんわかします。
YuhiKimura

YuhiKimuraの感想・評価

3.0
猫好きには良い映画です。猫好きじゃないならストーリーないので辛いと思います。