猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

Lara

Laraの感想・評価

-
猫が教えてくれたこと。満席になるほど人々が猫たちに会いに映画館に来ること。猫たちはただ存在しているだけなのに。猫のいる幸せ。
eco

ecoの感想・評価

4.3
かわいかったー♡♡
ほんまに色んなことおしえてくれるわ
♡ㅈ♡
猫の似合う街イスタンブール。
そこで暮らす様々な猫と人々との愛情溢れる日々を綴ったドキュメンタリー。

猫のことが好きで好きでたまらない人間しかでてきません。
ある意味猫好きが制作した猫好きな観客へのプレゼント作品。

出演している方々が親バカならぬ「猫バカ」だったところが一番の見どころ🤣

俯瞰で見るイスタンブールの街並と
猫目線で街の中を駆け巡る撮影の対比が素晴らしい👏

そして にゃんこを2匹飼ってるアタシはというと
「うちの猫が一番きゃわたん」
だったと再認識したのであった👍🏼

贅沢なワガママを言うならば
岩合光昭氏に猫映画を1本撮って欲しいのである( ΦωΦ )

2ヶ月遅れで上映してくれたJMAXTHEATERとやまに感謝🎉
映画の日とは言え、観客の多さにびっくり。

野良猫なのに、みにゃさん、なんと綺麗な顔。人間からたっぷり愛されてるんだなぁと思った。

猫達は全く自由で、子猫も産み放題のようだったが、爆発的繁殖や、糞害、悪臭など、日本の野良さんのような問題はこの街からは微塵も感じられない。人と猫の愛ある共生。

猫好きにはたまらない映画だった。
Suzuko

Suzukoの感想・評価

4.2
ミニシアター、あまや座にて。
猫好きさんは必見
ほっこりしました。
nori

noriの感想・評価

-
映画館鑑賞。

イスタンブールは船の交易の港。
ネズミをとるために猫を乗せていて、出発時間まで来ないとそのまま置き去りにされてしまったという。
だからか、とてもいろんなタイプの猫がいる。
猫は猫なりに、毎日ちゃんと生きている。
母猫になる猫ばかりでは増えて困るだろうと思っていたら、ちゃんと避妊したりする基金もあるらしい。
ケガをした子もその基金で治すようだ。
やたら、増えないのは、ちゃんと人の手が入っているから。
やみくもに猫だらけにはならない。

猫と人との共存共栄。
お互いいなくては寂しいものなのだ。
こんな風に暮らせたら、幸せなのにな。
uyuyu

uyuyuの感想・評価

3.0
下高井戸シネマにて。
楽しみにして行ったのに、半分ぐらい寝ちゃってた。
目を覚ますと、どアップで猫の顔がスクリーンに映ってた。あんなにでかい猫の顔は初めて見たぞ!猫好きにはたまらんかった。
私も野良猫たちに餌を配る人になりたい…と思ったけど、うちのまわりには野良がいなさそうなんだよねえ。
イスタンブールの猫を中心にその周りの人間も記録した映画って感じ。
いろんな角度からたくさんの猫を撮ってて見て飽きない映画だった。猫がとにかくかわいい。
“動物を愛せない人は人間も愛せない”って真理だなあ。
猫映画です。
こういう岩合さんもアレですけど猫映像って「えっ、どうやって撮ったのこれ」みたいなところもあって面白いですね。
要はイスタンブールの野良猫たちと市民の共生関係をフワーッとした感じでほっこり描いてるわけですが、最終的に割と唐突に
「このように共生している人間と猫ですが、人間の暮らしが変わり街が変化して行くなかで猫の居場所が失われつつあります。このことは人間にとっても損失なのではないでしょうか?」
みたいな社会派なんだか、出来の悪い学生のレポートなんだかよく分からない問題提起がされて終わるというね...。
なんか無駄に社会派ぶった問題提起が入ると「っていうかあの餌やりオジサン、近所でやられたら結構迷惑じゃね?」とか「猫アレルギーの人からしたらたまった店じゃねーな」とか思っちゃうわけで。要は「猫最高!」視点でそんなん言われてもね...という。
猫映画だから「猫きゃわいい〜」っていう猫ポルノに寄せた方が良かったのでは。というか、上映時間も短いし、映画にする必要あったのかこれという気がしないでもありません。
猫は可愛かったですよ!
Haru

Haruの感想・評価

3.6
岩合さんの「世界猫歩き 社会派版」といった感じ、映画館が寒くて集中出来ず残念でした。
長くトルコ🇹🇷へ行きたいと思っていた者としては、その開発の波を目の当たりにして、あまり先には延ばせないと…