猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

イスタンブールに暮らす人々とそこに住む野良猫たちが織り成す日常は、日本に暮らす人々が忘れかけている小動物との共存の素晴らしさ、ありがたさを思い出させてくれます。
幸(=^x^=)

昨日の日本アカデミー賞みてて、観たいと思って結局観れてない作品ばかりで、自分全然映画観てないんだなと思いました。
aymm

aymmの感想・評価

3.8
2/22 猫の日にユジク阿佐ヶ谷にて鑑賞。

イスタンブールの猫たちとその猫を愛する人々の暮らしを描いたドキュメンタリー映画。

イスタンブールの街並みに溶け込む猫の姿は本当に絵になる。
お洒落な絵葉書を見ているようなカットが沢山。日本の猫たちより自由で、道行く人たちに気軽に撫でられる猫たちが幸せそうだった。
たまにはこういう映画を映画館で観るのも良いなと感じた。
はゆ

はゆの感想・評価

5.0
2018-005
すごく観たかった映画なので地元での上映嬉しいです!ありがとうございます😊✨

猫が可愛いのはもちろんだけど、イスタンブールの人たちの目がすごく優しくて大いに癒された✨エキゾチックな街並みと自由奔放に気ままに生きる野良猫は相性抜群だなぁ…✨

わたくし来世はボンドガールかベン・ウィショーくんの飼い猫になる予定だけど(真顔)、イスタンブールの野良猫に生まれるのもいいかな…w
aya

ayaの感想・評価

3.7
機内でなんとなく観たが、とても癒された。
イスタンブールが猫の街とは今まで知らなかったし、猫と人々の関係にほっこりした。
あきら

あきらの感想・評価

3.8
とにかくイスタンブールの街が美しくて魅力的に撮ってありました。
そして猫の下僕ノみなさんが、みんな超イイ顔してるのよね。
野良猫がいい顔してる街は、ひとも安心して住めるんだろうなってのは伝わってきます。

猫様もまたそれぞれキャラが立ってるし、眺めてるだけでも楽しい。それが下僕の生き方。
映画として心揺さぶられるというよりは、単純に猫が好き!ってとこで楽しかった。
mg

mgの感想・評価

-
ほのぼの楽しく鑑賞。
猫とその周りの人達の生活がこれからも穏やかに続きますように。
ススギ

ススギの感想・評価

3.4
猫映画。日本とは違う猫との付き合い方をしているイスタンブールの人々。生き物のそのものらしさを尊重している。港でたくさんの文化が入り乱れ、それを迎え入れた街だからこその在り方だと感じた。

ポスターを飾っていたデュマンのこと、ジェントルマンと紹介していたので凛々しいコなんだろうと思っていましたが、食いしん坊でかわいらしくギャップ萌えしました(^o^)
あお

あおの感想・評価

3.1
犬派だけどポスターの猫に惹かれて笑
街並みがほんとに素敵だった。そこで暮らし人達も表情がとてもよくて猫との暮らしにとても満足しているようで私も幸せな気持ちになった
うわーまたいきたいなあー!!イスタンブール、初めて行った海外で、鮮烈だったのよ。ざ異文化って感じでね。でも、不思議に心地よかったの。アジア人が土地から寛容に受け入れられてる感じしたよ。ローマ時代から異人たちが行き交う街だったから、猫も世界各地から集まってきたんだって(ネズミ駆除のため長旅の船に乗ってたやつらが降りてこの地に住み着いた)。いろんな時代が重なる土地の風景と海が海がね、心地よかったね。かもめとんでる海辺でサバサンド食べたいねー。
のらのらのらねこねこねこ、それぞれ個性があって、街を闊歩する感じもたのしくてよかった。
なんか、まちには、これくらいのゆらぎとか曖昧さが必要じゃないの?のらがすみつくのゆるされている。みんなで世話する。
とはいえイスタンブールも高層ビル林立でねこ減ってんだってね。
日本の排除アートとかまじでくそだねぇー。

ねこにエサをやることで、人を好きになる感覚をとりもどしたおじさん(心身がわるくなっていたが回復した)が印象的だった。