猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

Necotroy

Necotroyの感想・評価

4.0
猫が人と近い距離で暮らしていて受け入れられている様子が愛おしい。
あと何年かしたら状況が変わってしまうのかもしれないけれど。
オル

オルの感想・評価

3.5
猫は何も教えてくれなかった。

猫はただ生きている。
猫の生き様を見続ける。

そんな作品。

イスタンブールでは猫が人間と密接に暮らしている。

道を見れば猫、見上げれば屋根に猫、物陰を覗けばそこに猫。

至るところに猫がいる。

住人と関わりの強い猫達に名前をつけて観察し、そこから考察するという形をとった映画。

ただ猫を眺めて感傷に浸るという映画でもストーリを追う映画でもないので敢えて例えるなら教育材料。

淡々と話は進んでいくし人間の勝手な解釈をもって猫達を見ているので猫映画としては個人的には微妙。

でも、イスタンブールの風景に猫達の暮らしを見られるので貴重な映画でもあった。
世界ネコ歩き、みたいな感じなんだけど より住民のみなさんがネコをどう捉えていてどう扱っているのかが語られている

終始ネコかわいい
coda

codaの感想・評価

4.0
野良猫に対する感覚が違う。
色んな性格の猫が出てきて楽しい。
たまに野良猫が足元にすり寄ってくる
時はやっぱり可愛いと思う。
エサが欲しくてレストランの窓を
たたきまくる猫が一番可愛かった。
猫のように生きたい。
テレ東ネコの日の録画で。
オスマン帝国時代の交易で、世界中の猫が人に連れられてやって来たので、今でも猫が多いのだそう。イスタンブールも都市化が進んで、猫に住み良くない場所になりつつあるということで、問題はどこも一緒だなと。猫たちは自由気ままで皆可愛いかったけど、その問題は割と最後に明言されて、よく考えなさいとクギを刺された感じがした。
STARLET

STARLETの感想・評価

4.5
一匹の猫となって他の猫たちの後について歩き、猫目線でイスタンブールの町を感じる。そして変貌する街の猫(盟友)たちの未来を考えてみたりと、とにかく脳味噌が活性化しっぱなしの至福の79分。
この作品は猫好きのマスターピースです。猫りたいときにどうぞ!ヾ(≧▽≦)ノ
(またBlu-rayの特典小冊子が愛に溢れていて素敵なの!)

子どもの頃、『マルタの猫 地中海 人とネコの不思議な物語』というようなタイトルの(記憶が曖昧なので違ってるかもしれません)優れたドキュメンタリー番組を観たことがあるのですが、その番組を見たときと同じような感動を味わいました。
久しぶりに、上質な猫メンタリーを観ることができてとても幸せです。

以前何かで「もっとも世の中の真実がみえるのは、靴磨きの子どもの視点からだ」というような言葉を読んだことがあるのですが、本作は、「もっとも人間の生態を知ることが出来るのは猫の視点からである」ということを、静かに私たちに伝えてくれます。
おもえば、猫視点の文章は楽しく鋭いものが多い。
もちろん文章だけではなく、絵画も、写真も、音楽だって最高!
そうそう、「吾輩堂」という猫の本専門書店さんのファンなのですが(HPがまたキュンキュンするのだぁ。「NEWS」に「ニャース」とルビを振るセンスよ💗🐈)、ファンの人居ませんか?(笑)

とにかく、何をしたって可愛いのですよ猫は!
トイレの砂をシャッシャしてるところだって毎日見ても飽きないんだから!
あっ、でも、自分がねずみサイズになったら「速攻で食われる感」はある・・・🐁🐈

話がズレまくりで一貫性が無くて申し訳ありませんが、最後にもう一歩ズレて終わりたいと思います(ズレまくったことを反省するつもりはありません。猫的な意味でw)。
「昔の人が今の人を見たとしたら一番理解出来ない行動はなんだと思いますか?」という質問に対して、「人類の英知が何でも検索できる道具を使用して猫動画を見ていることだ」というような回答があって、「なるほど~」「納得~」的な意見が多数寄せられた。みたいな記事を読んだことがあるのですが・・・。
私はここに明記しておきたいと思う。

「猫動画をニヤけた顔で連続再生する行為は、人類の到達し得た最高の英知の一つである!」と。

(昔の人も絶対に異論無しだと思う。古代エジプト美術を見よ!猫は「神」扱いなのである( ̄▽ ̄)←キメ顔。ミイラもあるよ💗)
いつかイスタンブールの地を踏める日がくるのかなあ
世界情勢なんのその、むかし穏やかなトルコの日常に交じる主役CATS愛らしいTheir

事実は小説よりも奇なりと
ドキュメンタリーの何が好きかって彼らの生きた言葉

美しい、信仰が根づいた国

———————
「イスタンブールの猫は特別だ
この街特有のなんとも言えないごちゃごちゃした感じとか、文化とか、ユニークなところを体現している
猫がなくなったらイスタンブールは魂を失うといっていいだろう」

「猫は神の存在を知っているが犬は知らない
猫は恩知らずなんかじゃなくて
より物事を理解してるんだ」

「人間を試すためにいろんなものに姿を変えて現れる 俺は猫だった
俺は神に祝福されたんだ」


トルコの人ってみんなが芸術家みたい 猫もそのまま遣いみたい
この街の文化的シンボル
猫の人物紹介と見せかけて、取り巻く人々の言葉が良いです
やはり宗教が根づいた国の言葉は真に道徳で深い
それがあたりまえのような振舞い

また時間のあるときにメモ隊
定期的に午後のティータイムで流そうねムービーにしよう
Ryoka

Ryokaの感想・評価

4.0
イスタンブールの街並みが美しい。
そして猫好きにはたまらない猫づくしな作品。
日本とは違った猫と人間の関係性が面白いし、自由で人々も寛大で良い。
chako

chakoの感想・評価

4.4
岩合さんの世界ねこ歩きみたいな感じで大好き
ねこ好きとして、ねこがとっても愛されてるところを見るのはすごく嬉しい気持ちになる
トルコのねこに会いに行きたくなった🐈💓
花椒

花椒の感想・評価

3.3
222回目のレビューはこの作品で😊😻

スコアは2.2だと低すぎるのでまあ、ゾロ目のスコアをテキトーに😽

公開時の年末に恵比寿ガーデンシネマにて。当時精神的に参っており、癒やされようと思って観に行った。

内容云々よりも疲れていたんだろう。癒やされすぎて半分くらいは寝てたと思う😅🙀

猫好きとイスタンブールの一般人の生活に興味がある人なら間違いないです🤗😹

個人的には昔イスタンブールに一人旅した時、道に迷い、観光客がこない普通の人が生活してる場所に「オラが街に日本人がやってきただ」みたいな感じで少年たちに取り囲まれたのも今となっては良き思い出。その節は大変お世話になりました😸