猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

いただきもののチケットとタイトルのみの情報を持って本日観て参りました。

イスタンブールでの様々な人々の生活とそして様々な猫の生活。

登場する人物が語る猫の話はまるで親しい家族か隣人のようで、猫のおかげで幸せに暮らす人々が登場します。世界が人間しか生活していない世界だったらきっと猫が居る生活よりもずっと息苦しく感じる人が多かっただろうな。

また映像ではイスタンブールの人々と猫との距離感は歴史があり生活の一部であること、そして猫らしい自由気ままな生活を送って貰う為に外で猫の世話をしてるってのも共存としての文化を感じた。

雑多な路地やマーケットは清潔感のあるものではなかったけど、イスタンブールの文化的な美しさが見ていて楽しかったなー。
お魚くわえたドラ猫じゃないけど、海のある街ってのは日本人の猫のイメージにピンときますね。

非常に温度のある映画でしたオススメです。
花心

花心の感想・評価

3.4
猫かわいいよ猫。 
猫と人間の共存を映し出したドキュメンタリー映画。 
どちらにも居心地のよいバランスを保つのは、簡単なようで難しい。
人間と猫の共生。
人間の生活が豊かになることで猫との関係に歪みが生じてしまう。
帰ってトルコについて調べようと思う。
yuan

yuanの感想・評価

3.0
イスタンブールの街並みの良さ。
映像がきれい

猫と人の生活を通して、古き良き下町、みたいなものを映像に納めたドキュメンタリー

「人と動物で愛し方は違う。それでも動物を愛することができない人に人は愛せない」
Bluegene

Bluegeneの感想・評価

4.1
街を我が物顔に歩く猫たちを描くとみせて、彼らを愛する人々の姿と、変わりゆくイスタンブールという街を描いたドキュメンタリー。
jamming

jammingの感想・評価

4.3
ありきたりだけど
こんな風に共存できたら平和になるよね。
ずっーと見ていられる^ ^
Nyenent

Nyenentの感想・評価

4.5
 「かわいいネコ」映像のドキュメンタリーなのかと思って観に行ったらさにあらず。イスタンブールという古都に住む人とネコとの共生関係を描いた作品で、イスラムの人たちの「相互扶助」の精神がネコを媒介として美しく描かれた作品で、この映画の「教えてくれたこと」は大きい。
 ネコと、そこに住む人、その街をトータルに描いた一級のドキュメンタリーだった。今世界で排除されがちな、イスラム教に生きる人たちの美点を感じ取れた作品と思う。撮影、演出、編集も見事。
イスタンブールに限った話ではないけども、街が開発でどんどん変わっていく。街が変わると住む人たちも変わって、ねこの面倒を見てた人たちがいなくなっちゃう。時代とともに自分のことだけ考える人たちが増えて、他人や動物のことなんて全然考えない。でもその一方でねこに餌を配り続ける人たちもいる。その人たちはみんな笑顔で幸せそう。
余裕のある人になりたいものです。
門

門の感想・評価

-
イスタンブールの情景をバックに猫と人の暮らしを追ったドキュメンタリー。
ストーリーは無いので、映画として見ると退屈してしまうかも。(自分はそうでした)
Pika

Pikaの感想・評価

3.0
猫好きによる
猫好きのための映画。

出てくる猫たちは個性溢れ
見ていてとってもキュートだったけど
映画館じゃなくても良かったかなぁ…
岩合光昭さんの『ネコ歩き』を
見ているようだった…

トルコの街並みがとてもステキで、
そこに猫の姿が欠かせないというのは
とても説得力があった!

トルコに世界から猫が来た歴史や
現代猫との共存(飼い猫じゃなく
あくまで野良で)の難しさは
なるほどなぁと思った。

レイトショー時間に
おじさん1人で観に来てる人が結構いて
ほっこり。
猫、好きなんですね。