フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

アイ,トーニャの後に観たので
共通する部分が多かった印象です。


若い母親ヘイリーと
幼い娘ムーニーのいる世界
狭い生活圏での日常。
ふと見渡すと
カラフルなモーテルと
ディズニーワールドのある
夢の世界ですが
現実はモーテルには観光客ではなく
家を失った人が暮らしてます。
小さな子供も多く暮らし
ムーニーは仲間とつるみイタズラや
冒険を繰り返します。
それはとてもキラキラした世界。
でも、大人はいつかは
キラキラした世界もやがては無くなる事を
知っています。
観ているわたしもその1人です。

ヘイリーも子供のような人。
子供でいられたら良かったけど
ムーニーを育てなければならないし
貨幣経済を知っているし
世の中の事を知っているので
生き抜いてる感じです。

そして管理人のボビーの視点で
鑑賞している人は多いのではないでしょうか?
ボビーも鑑賞者も最後は何もできない
もどかしさ。


ラストは打ち上げ花火のようでした。
翔鳥

翔鳥の感想・評価

3.0
こどものムーニーたちの無邪気さに救われた。あまりにも下品すぎたけど、、
失礼でだらしなくて単語の初めに絶対ファッキンって付けて言ってるヘイリーだけど、娘のムーニーへの愛情はすごく伝わってきた。
淡々としてて何か出来事が起こるわけでもなく、ただただムーニーたちの日常を見てる感じ。
ヘイリーがとりあえずやばいってことはわかるけど、詳細結構省くから、なんで今ヘイリー怒鳴ってるんだ?とか、あもう仲直りしたんだ?(最初唾はいたとこ)とかなった。

ほかの人はこの映画から何かを読み取って心にぐっとくるものがあったようだけれど、私にはよくわからず、、、あまり合わなかったです。
SORA

SORAの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作もそうだったけどこの監督の作品観た後は世の中が愛おしく思えてくる。なんでだろ?人間の愚かさとかを変に取り繕うとしてないからかな。
そして揉めてる時の演技とか言い回しが超好き。エスカレートするほど笑えてしまう笑

全編通してそんなに大きな展開もなく淡々と描いてるんだけど人との繋がりとかボビーの優しさにグッと来る。ただ優しすぎるのもやっぱダメだね。途中でボビーがちゃんと怒ってあげてればヘイリーも少しは考え直せてあんなラストにはならなかったんじゃないか?

そしてヘイリー。ほんとめちゃくちゃだけど子供にはちゃんと愛情注いでるし、どうしても悪い奴に見えなかった。絶対自分なりの信念とかがあるはずだからそこをもっと掘り下げて欲しかった。ああならざるを得なかった背景とかも。

とにかく子供に悲しい思いは絶対させちゃダメだね!
ストーリーはともかくルックがカラフルで俺は好きだった!
最後のシーンよかったー
特に何も起こらずに淡々と進んで行くけど、これがディズニーのすぐ隣だったと思うと皮肉だな
Il

Ilの感想・評価

4.0
この映画は”目線”の映画であると思う。
なぜならそれぞれ違う登場人物の目線でまったく違う映画に切り替わっていったからである。
まず最初に今作の主人公である少女ムーニーから見た仲間達との夏の冒険譚と別れ。続いてその母親から見る貧困から言動に問題がありながらも娘に人一倍愛情を注ぐ家族の物語。そしてそんな親子が住むモーテルの管理人ウィリアムデフォーから見た家を持たざる者達からなる社会問題としての映画。

何によってこの劇中数ある”目線”を観客に感じさせているかといえばカメラの距離感が絶妙なのかなと。そこまで奇をてらった事はしていないが、引きとアップのショットを挿れるのがとても良い。

あと物語の舞台が世界有数のテーマパークリゾートがあるフロリダというのも良い。劇中でもチラホラちらつかせていたあの存在がラスト、やっと出てきた所でああ、そういうカードの切り方するのか、と軽く唸ってしまった。
あれはまさしく正しい意味で”魔法”をかけてくれたと思う

というか劇中のウィリアムデフォーが白雪姫にてしかめっつらしながらも白雪姫を助けに行っていた小人のおこりんぼうみたいじゃないか。あんなデフォーが見れるとは正直思わなかった。
肉浪費

肉浪費の感想・評価

3.5
クソビ○チシングルマザーと無"邪"気で闊達なこどもたちの対比
そして聖母「ウィレム・デフォー」www

集客の為に「カラフル」だ「キラキラ」だ「インスタ映え」だ「ディズニーワールドはすぐそこだよ!」だ「夢の国」だとか、この映画の宣伝の"全て"が"ブラフ"に思えるくらいに叩きつける『理想と現実』。
そこにあるのはただただ底辺な親子の"現状"と『こどもならでは』の写し撮った"生きる世界"。

デ○ズニー?はぁん?ここがキッズオブワールドだっつーのッ♫

と言わんばかりのキャッキャッな破茶滅茶で独善的なトラブル構わずキラキラな毎日。
その溢れんばかりのエネルギーはどんな境遇にあろうとも、どんなことをしでかしても許してあげちゃうくらいに"罪作りに"カワイイのであるw

でもね?
現実的かつ理性的な観点で見ればこの親子は"さもありなん"な人間性。
この親ありてこの娘あり。実際にこのマザーが窘められるシーンがあるが、本当にどうしようもないほど改善しようとしない、悔い改めようとしない「自己チュー」なんですw

ーぶっちゃけ日本人や常識人が一番嫌うタイプ(笑)

そういう教育放棄の悪循環は端から見ていても、ビ○チだろうがカワイイかろうが、この人たちの今後を想い気が重くなる人も少なくないのではないでしょうか?

ー救いようのない親子を口とは裏腹に支える管理人「ウィレム・デフォー」
安モーテルの管理人である彼は立派に職務を果たし、責めるとこは責め、冷たく接しているようで、親子&子供たちを目を光らせる下支えするいわゆる"ツンデレ"なんですよw
彼の存在がこの映画一番の清涼剤で「キュート」なのは言うまでもないです(笑)

ラストの逃げのようなモヤッとはいただけないので、残念ながら総合的にカタルシスに欠けました。
でもキュートキッズだけとは言わず、キュートデフォー目当てでもいいのよ?w
“世界最大の夢の国”フロリダ・ディズニーワールドのすぐ外側、安モーテルでその日暮らしをしている母親ヘイリーとその娘ムーニー。
この安モーテルで暮らす人々の生活をムーニーという6歳の女の子の視点から描く作品。


子供の想像力とはまるで魔法のようなもので、シングルマザーの貧困生活も楽しみに満ち溢れた豊かな世界に変わる。
たとえ本物のディズニーランドには行ったことはなくても、ムーニーにとってはこの“マジック・キャッスル”という名の安モーテルとその周りのパステルカラーの世界はとてもキラキラしていて、友達と冒険する様子はまるでディズニーランドのようだ。
ムーニーから見たウェレム・デフォー演じるモーテルの管理人ボビーはさながら魔法使いの先生で、停電を直すシーンはすごい好きだった。

カメラマンが腰痛に耐えながら(かどうかは知らんけど)撮影したムーニー目線のローアングルのおかげもあって、子供の頃は目に映る世界がとても大きかったことを観客にも思い出させてくれる。

しかし、この映画は想像力さえあれば貧困も楽しく乗り越えられるといったことでは終わらない。

これはそういう話ではない。


次第に貧困に追い詰められていく生活に、ムーニーの魔法も少しずつ解けていく。
魔法使いの先生は、安モーテルのしがない雇われ管理人。
新婚旅行でミスって安モーテルに訪れた夫婦は「こんなの本物じゃない」と言う。
カメラマンが腰痛に耐えることは次第に減っていく。
そして遂に魔法が解け過酷な現実を直視するしかなくなった時、さあムーニーはどうする?という所まで描く。

この母娘は似ている。
ムーニーは延び延びと活発で明るく正に天真爛漫な魅力があり、それは母親ヘイリーにも同じくそのまま当てはまる。
そして、ムーニーの天真爛漫さが自らの生活を追い詰めるキッカケも作ってしまう、皮肉なことにそれも母親ヘイリーにそのまま当てはまる。
似た者同士の母娘、はっきり言って母親ヘイリーはまだまだ中身が子供なのだ。
しかしこの母娘の間には確かに愛がある。
その上で、この映画は、愛情と子供を育てる能力は必ずしも同じものではないとやはり突き付けてくる。
ヘイリーは明らかに現状子供を育てる能力が無い。

となると結局は今作のような展開になるか、又は母親と同じような人生を歩むかしかない。

まだ6歳の女の子の世界から魔法が解かれてしまうのはとても過酷、今までキラキラと見えていたものが実は厳しい現実の産物だったと嫌でも知って生きていくことになるわけでしょう?
でもそんな現実には背を向けとことん真逆へ走るマジカルエンドと呼ばれるラスト、観た人それぞれに捉え方があると思うけど個人的には“ネバーランドへの片道切符”に思えて、そこに複雑な心境と無視できない重いものを感じた。


色々と考えさせられる。
子役も大人もとにかく役者の演技が光る良い作品だった。
リゾート地の片隅で暮らす人々、大人の事情の狭間で生きる子ども達の日常。子ども達の行動にスポットがあたっているけど、そのなかで起こっている社会問題もしっかり描かれていました。とめなければいけない負の連鎖。
ざか

ざかの感想・評価

3.6
後半にかけて膨らんでいく
愛しさや孤独が、抗えない力とか子供たちのドキュメンタリー級の演技で迫ってくる。

同情しきれない自分に気づかされてしまい、
実直に働くボビーの物語として観ないと気持ちがしんどかった。
子役のムーニーの達者な演技に舌を巻きました。母親の生き方は貧困ゆえに仕方ないかもしれないが、他責にする考えは居心地が悪かった。管理人ボビーは自分の立場がありながら住人に厳しく優しく接する姿勢は心温まります。ある出来事をきっかけに色々なことが起こり始め、ラストシーンを迎える。ラストの意味は子供の天真爛漫さが求めるものなのか、それとも大人のドロドロとした生活からの逃避行を意味するのか分からないが、色々と考えさされる映画でした。