フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法2017年製作の映画)

The Florida Project

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々…

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルでその日暮らしの生活を送っている。周りの大人たちは厳しい現実に苦しむも、ムーニーはモーテルに住む子供たちと冒険に満ちた毎日を過ごし、そんな子供たちをモーテルの管理人ボビーはいつも厳しくも優しく見守っている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」に投稿された感想・評価

これが現実なんですもんねえ…

ずっと子供視点だったから、親がああでも最後はやっぱりつらい
あず

あずの感想・評価

4.0
「知ってる? 虹の麓には、妖精たちが金貨を隠しているんだって。だけど、わたしたちには分けてくれないんだ」

真っ青な空、ピンクのモーテル、ベトベトアイス、タトゥーだらけの大人の悲しい笑顔

子どもの無邪気な視点で切り取った、夢の国の隣にある現実の暮らし。
色使い、セリフまわし、子役の演技がサイコーでした!
#1日1本オススメ映画
フロリダ・プロジェクト

夢の国ディズニーワールドのすぐ傍にある貧困層

子供の視点からは時に真実を残酷なほど純粋に映し、鮮やかに彩られる画面と、転売・窃盗・売春などの貧困の現実の対比が実に印象的

ウィレム・デフォー演じるコワモテ支配人の対照的な温かみも魅力的
akaichan

akaichanの感想・評価

4.4
とにかく色使いだったり撮り方がフォトジェニックでテンションあがる!ちょっとわらえてヒューマンドラマ系の内容もすき。貧しいmotel暮らしの中でも子どもたちの毎日は新しくて子どもは遊びを見つける天才だなと思った。母親は結構くそなんだけどムーニーに対する愛情は100万パーセント!かといって自己犠牲してまで愛情を注げてるのかはわからないとこなんだけど、ムーニーはママといるとき最高にハッピーな顔をしている。やっぱり親子って(特に小さいうちは)離れちゃいけないと思ったし、子どもにとっては誰にも代えられないたった1人のママなんだなと思った。ムーニーも結構キュートなくそがきなんだけど、最後のシーンは、、、、
とっても夏っぽくて好きな映画でした!
ムーニーを中心に、子どもたちが凄い。やられた。ヘンリーのタンクトップから覗くタトゥーがエロくてただただかわいかった。衝動的な感情もおもむろに現れていて、ナプキンシートを窓に貼り付けたり唾を吐いたり、喧嘩した女友達の店で隅から隅までパイや飲み物を注文したり、敵だとおもったらすべてをも舐めまわす態度がファッキーで良かった。ボビーがまたね、、。クソ親父やらと言われてもヘンリー親子のことをなんだかんだで見放さないところが痺れた。
思い返しても、ムーニーの「大人が泣き出すのがわかるの」の言葉にやられた。
子どものほうが大人なんだよな。

それにしても、ブリアヴィネイト初演技とは…恐るべし。こんなにも中指を立てて唾を吐くのが似合う女の子…最強だ

このレビューはネタバレを含みます

フロリダの安モーテルで暮らす6歳の女の子ムーニーの日々の暮らし。母親は若くてガラは悪いけど、優しくてムーニーをとても愛している。

前半は何でも遊びに変えてしまう悪ガキのムーニーと友達の楽しそうな日々が描かれる。悪戯ざんまいで、悪態をつきながらもいつも楽しそう。
しかし、後半からシビアな現実が嫌が応にもムーニーの生活に影響を与えてくる。優しい母親だが彼女自身も子供で子育てをするには未熟すぎる。その事が貧しくも幸せな日々の歯車を狂わせていく。

とても悲しく複雑な気持ちにさせる。ムーニーにとっての幸せはどこにあるのか、正解は誰もわからない。未熟だが優しいママとの生活は幸せそうだが、将来大人になったムーニーはママと同じような人生を送りそうだ。

ラストの躍動感あふれたシーンは最高。そこには過酷な現実に抗うファンタジックな力があった。そして、ウィリアム・デフォーも最高だった。
まつき

まつきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・監督の前作『タンジェリン』も好きだったので楽しみにしてた。で、本作もほんっとうによかった。登場人物が、喜怒哀楽、感情を思いっきり爆発させるんだよなぁ。これは間違いなく監督の手腕だと。キャスティングも含めて。それがまたドキュメンタリーのようでもあり、生々しくって、作品の強度につながっていると思う。

・シネスコサイズ(横長)にぴったりはまるように、建物が収まっているカット、構図がよくって、加えて本作全体に溢れている色彩が加わって、本当に最高。あの感じを観たくってブルーレイ買っちゃいそう。

・貧困、苦しい生活を強いられていて、大人からしてみるとそれが普通ではないのだけど、そこで生きる子供にとってはそれが普通で、楽しい幸せな夢の世界。それを、子供の目線の高さでの映像で伝えてくれる。やがて、児童福祉局がその世界を引き裂こうとするわけだけど、子供の目線で観てた観客にとっては本当に胸が詰まる。

・夢の国ディズニーワールドのすぐそばに、貧困でその日暮らしが大勢いるモーテルがあるという対比。格差の顕在化。社会の歪み。そしてこれは現実に起こっていること。
kota

kotaの感想・評価

3.0
これがマジカルエンドか。なるほど。
子供達の演技はすごい自然でよかった。
あと単純にモーテル月10万ってフロリダそんな家高いのか…
なんでも遊びに繋げちゃう、あの年の子供視点だから、
基本、すごくPOPでファンタジックな描写なんだけど、
途中垣間見える親視点のシーンが、貧しく厳しい現実を突きつけてくる、
そのギャップがめちゃシュール。

その極め付けがディズニーね。なるほど。

ラストは唐突すぎてオチが付いてない気がするけど。。
なおこ

なおこの感想・評価

3.6
子供の映画。夏休みの映画。
夢の国のすぐ傍、貧困層の人達が暮らすモーテルが舞台。
国が違えど、夏に子供がすることってあまり変わらないんだなー。花火見て、森を冒険して、雨にはしゃいで、アイスを食べて。
観光地にある変わった店構えのマーケット。ピンク色の壁したモーテル。真夏の低い空。全てがインスタ映えしそうな鮮やかな画面。
その中で暮らす貧困層の母娘。あの子は将来、母親と同じことを繰り返す。勉強ができない。仕事を見つけられない。続けなれない。協調性がない。悪いことをしても謝らない。やり返す。人のせいにする。暴力をふるう。悪いことを悪いことだと分かっていない。悪循環だ。
勿論、全部が母親のせいじゃない。他の要因は沢山ある。でも、あの子が気付かないふりをして傷ついていることに気付けていない。彼女が権利を主張するなら、周りはもう抑えつけるしか子供を救えない。
夢の国のすぐ傍の、あまりにもな現実だった。