ゲティ家の身代金の作品情報・感想・評価

ゲティ家の身代金2017年製作の映画)

All the Money in the World

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.6

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、…

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

「ゲティ家の身代金」に投稿された感想・評価

SYU

SYUの感想・評価

4.0
2018年30本目
実話サスペンス

金持ちの不幸

1973年、世界一の大富豪である石油王J・P・ゲティの孫ポールが誘拐される。
守銭奴であるゲティが身代金支払を拒否したことから、事態は悪化。
苛烈する報道合戦、さらには進展しないことに業を煮やした犯人グループにも想定外の事態が発生する。
追い詰められたポールの母親ゲイルは息子を救うため、ある賭けに出る。

孫のために金は出さずとも、絵のコレクションのためには気前良く金を出すゲティの強欲振りに嘆息。

中盤、ポールがなんとか脱出しようとするシーンが圧巻。
クライマックスの盛り上げ方も、さすがは名匠リドリー・スコットといった感じで手に汗握る展開です。

実はR-15指定の本作、途中で気をつけるシーンがありますので、要注意です。
自分的にはマラソンマン以来の恐怖感でした。
うーーーん、観る前に期待しすぎた感が否めない。特に母親の心理描写があまり分からないし、終始?が浮かんでしまいました。私の理解力の問題なのか....
mayu

mayuの感想・評価

3.6
2018.映画館11本目

事実は小説より奇なりって言うけど、ホントだよなぁ

あ、これJ.P.ゲティ役ケビン・スペイシーのはずだったやつか
ケビンじゃちょっと想像つかないくらい、クリストファー・プラマーハマり役!
実話らしいが、多少の脚色が入っているとはいえゲティ家ってこんなぶっ飛んだ家族だったんだw
ダメ夫とクズ息子と銭ゲバと味方無しの状態から犯人と対決する母の強さは最高に格好良かったです。
最後の側近たちの手の平の返し方は最高に後味悪いけどあれが真実なんでしょうね。
みき

みきの感想・評価

3.7
金持ち偏屈おじいちゃんが一番の敵だった!って、これが実話だなんてなんだか悲しくなりますね。終盤の犯人から逃げるところとか普通にハラハラしながら見たし、思ってたよりも面白かった!
あとは耳が‥とても痛そうで嫌でした。
plastic

plasticの感想・評価

3.6
どうにか劇場鑑賞が間に合って良かった、角川シネマさんありがとう系の作品。金持ち爺さんの処世術を見届ける訳なんですが、築き上げた威厳や権威とかが消え失せる顚末に見えてくるも、得るものなぁ〜んだ、となるやつです。最後、老人に選ばせた大事なものはダメ押し演出として正解だが後味悪し。
実際にあった人物たちとその事件を、脚色交え描いたリドリー・スコット最新作。
先日の焼肉ドラゴン同様、恥ずかしながら全く知らなかったのだが、
見事なまでに自然な語り口で、長尺目で比較的ゆったりと進む作品ながらも、
自分のような情弱でも退屈することなく鑑賞できた。

…が、これまた先日の焼肉ドラゴン同様、
本編見た後に、私が3年前のデスロードから2作を除いて全部劇場で鑑賞付き合いしてきた愛好の某映画時評や、
たまむすびの某流れ者コーナーの名解説者の紹介を聴いて、
『ぁあぁ~!! ぇえぇ~??!! そうだったのか!!!』と、
個人的には鑑賞後補完でより…というかかなり驚きの連続で面白くなった一作だった!!(笑)
爺さんと爺さんの屋敷の撮り方が怖かった...... 拷問も。
母親の試練が過酷すぎた。
監督の早撮りや俳優の演技はすごいけど、日曜の夕方に見に行くような映画じゃなかった。
mb35

mb35の感想・評価

3.0
これプラマー爺が凄かったなー撮り直しとか聞いたときはどーなるかと思いましたが、このキャスティングは正解でした。
気になる本編内容ですが、実話を元にしたといつもの謳い文句があり、まずまずだったと思います。金によって狂ったというより狂った人が富を得たと思いましたね。
途中拷問のシーンはひぇっーとなりましあが短かったので良かったーと。
某レビューより「正しいお金の使い方とは」という記載があって面白そうなので映画館へ。
お金に厳しい私にとって学ぶことがあるかなぁ〜と軽い気持ちで見たけど、R15で少し見るのが辛い場面もあり…早くお金を渡しなよーとハラハラというか、イライラしたり。
いつも見ないジャンルなので新鮮ではありました。
>|