ゲティ家の身代金の作品情報・感想・評価

ゲティ家の身代金2017年製作の映画)

All the Money in the World

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.6

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、…

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

「ゲティ家の身代金」に投稿された感想・評価

わずや

わずやの感想・評価

3.7
見終わったあとに、映画館に張り出されている邦画の次回公開作品を見て…IPかコメディか…スケールが…なんか悲しくなった…
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
なかなかバイオレンスな作品だった。何箇所か目を瞑って耳を塞いだのだけど家とは違うから音がだだ漏れでちょっと怖かった。変に力が入って肩が凝ったよ。

ミシェルウィリアムズとプラマー爺様に魅せられた。後、ダニエル・ペンバートンの音がいい。
ogi

ogiの感想・評価

3.8
ゲティさん!
筋が通ってるのは認めるけど、そこをなんとか…って感じです(>_<)
当たり前ですが、映画としてはよくできてます。もう十分に楽しめます。マーク・ウォールバーグは、途中からは消えたり現れたりくらいの活躍度合い。なんだよもっとはやくジジイが死ねばよかったのに、というステキなオチ。
身代金を払うだの払わないだの値切るだのそんなかんじの130分

観る前に何故か「ゲティ家の食卓」とよく言い間違えてたのも今となってはよい思い出
1973年、世界一の大富豪ジョン・ポール・ゲティの孫が誘拐される。
しかしゲティは身代金を一切払わないと言い出して…

『ブレードランナー』
『グラディエーター』の
!!リドリー・スコット監督!!
による実話を元にしたサスペンス
アカデミー助演男優賞やゴールデングローブ監督賞等にノミネート!
色んな意味で話題になっていたので鑑賞。


All the Money in the World


邦題でちょっと損しちゃってるが、堅実な良作。
結局世の中金が全てかどうかって話でございやす。
上記”色んな意味で”とは今も尚ハリウッドを騒がせているセクハラ問題のきっかけを世界中に広めたケヴィン・スペイシー氏の出演シーンを全カットして超速撮影で取り直しちまったのだ。監督も俳優もベテランだからこそなせる技。
内容はというと、本当に実話だったのかというほどドラマチックで手に汗握る読めない展開と交渉劇を楽しめた!
・息子を助けたい母…
・無駄金を一切払う気のないゲティ
・2人の間に入る調整役
・誘拐犯
etc…様々な思惑が入り乱れる!
多少脚色してるとはいえ、いい題材を見つけたもんだ。

そして役者陣が素晴らしかった。
息子を攫われる母役はミシェル・ウィリアムズも堅実だし、筋肉抑えめで真面目に徹したマーク・ウォールバーグも良い。ただギャラ問題は酷かったですな。
しかし!なんと言ってもアカデミーノミネートのこの名優!
クリストファー・プラマー!!
公開まで残り1ヶ月の超短期間でやり切ったのも素晴らしいが、もはや彼以外考えられないゲティっぷり!88歳にて史上最高齢のノミネートも納得だ!
鋭い眼光に痺れる。

ベテラン達による非常に高品質な良作。
ちょっとだけわがままを言うと、
個人的にはケヴィン・スペイシーの演技の大ファンなので(彼がやったことは許されないが)スペイシーversionもDVDとかでいいから見てみたかった……多分叶わぬ夢だが……。
自分が石油王になったらスコットから買取ります。(笑)

「それ以上いくら稼ぐ気なんだ?」

「もっとだ」

お金が好きな方、実話が元のフィクションが好きな方、そして世の中は金だと割り切ってる方にはオススメの作品。💸💸💸
いろいろ経緯はあるだろうけど、
そんな昔でもないノンフィクションを
フィクションにしてもピンとこないわ
koyaaa

koyaaaの感想・評価

3.9
ケチな富豪っぷりがなかなかよかった.

多分これケビン・スペイシーじゃなくて結果的に正解だったのではないか.
クリストファー・プラマーの重厚さからの薄っぺらさみたいのがなんとも良かった.

想像に過ぎないが、
件の騒動のせいでキャスティングの影響が出た時に、
きっとこれ、カット割りとか構成とか相当変えたんじゃないかなーとか思ったら結構凄みを感じた.
リドリー・スコット変態だな.

マーク・ウォルバーグが徹頭徹尾シリアスなのがなんか違和感あった.
猿の惑星とトランスフォーマーのサル顔のおじさんがガイ・ピアースに見える不思議.
まずはキャスト陣に大拍手を送る。
クリストファープラマーが代役で抜擢されてここまで役にぴったりはまるかねと思うぐらいのハマり具合。
金持ちにある自分中心の考え方に賛同行かないものたちがあらゆる手を使って息子を救い出すこの感じ。
人質の息子がいつ殺されてもおかしくないハラハラする状況。自分にはまりまくりでした。最後のゲティの死の場面は、人間の儚さをも伝わってくる空間使いがすごく好きでした。
リドリースコットってすげんだなと思わされました。
マーチ

マーチの感想・評価

4.2
《2018年公開映画特集》


【省略レビュー👂】

こんな非情さ溢れる心理サスペンスものは私の大好物です!笑

リドリー御大の完璧な美術センスが作品の冷酷さを際立た、腹の読めない富豪の思考を全くこちらに教えてくれない…このいじらしさがたまらないし、後半のバイオレンスな描写など、着実に右肩上がりに面白さを膨らませていくストーリーテリングの語り口の見事さも筆舌に尽くしがたい。

ただどうしても感情的に仕上げられていたであろうケヴィン・スペイシー版が観たくてたまらない…予告で出てたメイク姿とかに凄くワクワクさせられたので。


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
>|