ゲティ家の身代金の作品情報・感想・評価

ゲティ家の身代金2017年製作の映画)

All the Money in the World

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、…

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

「ゲティ家の身代金」に投稿された感想・評価

ほああ

ほああの感想・評価

3.5
誘拐系のサスペンスに求めてたものは観れたので満足
最後の方をもうちょい短くしてくれればより良かったんだけど
TD

TDの感想・評価

4.1
巨匠の腕力を見せつける様な重厚な一本。

派手な演出や展開は控えめながら、疲労さえ感じるような見応えは圧巻。

実話とフィクションが入り交じってる様だが、そのせいかポール・ゲティと言う歴史的怪物に対する虚実の線引きが曖昧で、圧倒的存在感で有ることに余念は無いが、実在感が薄く感じてしまったのは残念。

ヒロインにスポットが当てられた物語だったが、ポール・ゲティにもっとフォーカスした方が魅力的な作品になったかもと悔いは残る。
しおの

しおのの感想・評価

2.6
ゲティとゲイルとの組み合わせ方がいまいちで焦点がぼやけて見える。リドリー・スコットらしい豪華な作りでその点がなんとなく誤魔化された感じがする。犯罪ドラマとしてそれなりだが退屈でもある
お

おの感想・評価

3.5
ケヴィン・スペイシーの緊急降板による代役とは思えないクリストファー・プラマーのクソ傲慢大富豪のファッキン演技。褒めるしかねぇ。

そして本当にあった、奇跡体験、アンビリーバボー!なお話。
でん

でんの感想・評価

3.4
公開前から色々と話題の作品。

巨匠リドリー・スコット監督&実話物という事で期待して観に行ったけどイマイチ入り込めなかった。
実話を元にしてはいるけど、結構脚色もしてあるらしいので、どうせならもう少し盛り上がる演出にして欲しかったかな。
あとJ・P・ゲティが大富豪の怪物すぎて凡人の自分では心情を掴みきれないのも一因かも。でもクリストファー・プラマーの演技はさすが。代役とは思えなかった。
ミシェル・ウィリアムズも誘拐犯と守銭奴な義父と戦う女性を力強く演じていたし、
マーク・ウォールバーグは超かっこいい!

最後にある物を見た時のミシェルは何を思ってのあの表情をしたのだろう。

お蔵入りになってしまったケヴィン・スペーシー版も観てみたい。
91
これ絶対最初からクリストファープラマーだったでしょってくらいハマってました
J

Jの感想・評価

3.9
こーゆう雰囲気の暗いサスペンス好き。
誘拐されるのが早くてびっくりしたけど。
人物像をもう少し繊細に描いて欲しかったのはあるけど
内容はすごく分かりやすく、雰囲気に飲まれる感じで良かった。
改めてマークウォールバーグが渋い

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!

おじいさん‥
守銭奴でそもそも人を信用できず、揚げ句期待してた孫の裏切りにあう
最期を悟ってもたったの一枚の絵を抱くだけ 家族のことは思い出せなかったのかと思うと切ないですね

食事の時はレコードを流す洒落た感じが良かった

ラストのシーンもよかった 唾でもはくのかと思ったけどわなぷるしてただけでしたね
5/27鑑賞。

史実が舞台の作品は少なからず見てきたが、今作はなかなか入り込めなかった…。

というのも、ゲティ自身の特異な存在がやはり共感できないのが大きかった。(この映画は普通ではないゲティを描いているので当たり前だが)

冒頭のナレーションで、「ゲティ家の人間は宇宙人みたいなものだ」とこれから起こる奇妙な事件に対する補足が、この物語を終始、一言で説明できてしまうので見ている側もつかみやすいが、それでもモヤモヤとしたものが残るのは事実は小説よりも奇なりという言葉通り、ゲティがどこかこの世のものではない人間像を感じるからかもしれない。

世界一の大富豪にもかかわらず、頑なに身代金を払うのを拒む姿そのものは筋が通っているというか、払わないことに対する執念を感じる。ゲティよりも、主犯格の一人であるチンクアンタが放つセリフで、「俺の家族が拉致されたら借金してでも金を用意する」というセリフは、犯人であるにもかかわらず、ゲティよりも人間味あふれることの証明でもあり、両者の対比につながっていて、犯人の方が人間らしいという変わった見方ができ、面白かった。

拉致してきた張本人であるが、終始、孫のことを気にかけ、逃したシーンでは孫とチンクアンタの関係性がとても美しく、印象的だった。街でのシーンの、チンクアンタが助けるシーンは思わずジーンときてしまった。

ゲティ自身を象徴しているシーンが一つあって、それはミノタウルスの像のシーンだと思った。

回想のシーンで、ミノタウルスを手に取った孫に、とても高価なもののような説明をしたがのちにそれが安物だとわかるシーンは、外面はとても裕福だがいざ中身みると、とても寂れていて人間的な価値がないゲティ自身にも重なるような気がした。

これは個人的な見方だが、このシーンで全部説明しているような気がしてとても印象的だったように思う。

とても濃い作品だが、物足りなさも崇めないところもあり、終盤のゲティが死ぬシーンは意外とあっさり描いていたので物足りなかった。これ以上まとめきれないという作品だと思うが、もう一つ人物描写を掘り下げて描いたらまた違った印象になったと思う。
映画館)2018年27本目の鑑賞(TOHOシネマズ日本橋にて)。実際の話にフィクションを交えて製作された映画なので、どこまでホントなのか話の信憑性には欠ける。でも、こんな人物が実際に居たなら相当なケチというか、人の命が懸かっているのに、ビタ一文お金を出さないのにはちょっと見ていて抵抗感があった。それでも家族のことは大切に思っているというのはなんか矛盾してないかなあと思ったりもする。まあ、普通の印象です。
>|