ジャコメッティ 最後の肖像の作品情報・感想・評価

ジャコメッティ 最後の肖像2017年製作の映画)

Final Portrait

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地…

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地獄のセッションになるとは予想もしていなかった。 当時すでに名声を得ていたジャコメッティだが、自宅兼アトリエは狭く汚く古びており、そこに妻のアネット(シルヴィー・テステュー)と右腕的存在の弟ディエゴ(トニー・シャルーブ)の3人で暮らしている。アトリエに乱雑に置かれた未完成の作品の数々に圧倒されるロードの心中なぞ気にも留めず、ジャコメッティは真っ白なカンバスをイーゼルに立てかけた。ロードの顔の角度を微妙に調整し、パレットに絵の具を出し、たばこをくわえながら描き始める。「肖像画とは決して完成しないものだ」と不吉な言葉を発しながら……。

「ジャコメッティ 最後の肖像」に投稿された感想・評価

nogsing

nogsingの感想・評価

3.6
「天才と変人は紙一重」
とはよく言われることですが、紙一重どころか
イコールでなければ成り立たないのでは

我々一般人には思いも付かぬことを閃き、
我々が躊躇することを即座に実行でき、
命をかけて遂行する。決して妥協しない

いわゆる変人の行為ですが、これを為せる者こそが「天才」なのでしょう
凡人である自分は、憧れを以って観ることができました
こがも

こがもの感想・評価

5.0
飛行機で英語字幕しかなく、英語・フランス語・イタリア語がまぜまぜで、話はほとんど分からなかった。

でもジャコメッティが気難しいヤツだということはよくわかった。
Yuri

Yuriの感想・評価

2.2
アーミーハマーの美しさが無ければ心が途中で折れていたかも。巨匠のモデルになると魂を抜かれる..なるほど。ジェフリーの癇癪の演技がすごい。f **kとぷりゅたーんの嵐。
FuUnA

FuUnAの感想・評価

3.5
ジャコメッティの凄さがわかる

モデルのアミハマの精神の強さがわかる

ジャコメッティはファックとかいいながら本当に実力のある人で努力家だなって思った

最後の肖像画ということは、アミハマの顔を描いたのが最後だったってことだよね?

ジャコメッティを調べると本当に他では考えられないようなデザイン画が沢山あった
あん

あんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の拗ねて隠れるアーミーを連れ戻すシーンがお茶目でかわいい
20180717家で鑑賞
芸術家ジャコメッティを題材にした映画。
自分の中でジャコメッティのイメージは彫刻家というイメージが強かった。そのジャコメッティが描く人物画に興味が湧いたのが借りたキッカケ。
作品は、ジャコメッティ最後の人物画が完成?するまでの過程が描かれる。
印象に残ったのは、ジャコメッティと人物画モデルの関係性の変化。
物語前半の関係性は【ジャコメッティ>男性モデル】だが、後半は【ジャコメッティ=男性モデル】に変化。
この変化が無ければ、あのような作品の終わり方は出来ないと思いました。
(モデルさんも、作品を作る芸術家の姿をしっかりと観察しているんですね。)
もう永遠に帰れなくなるかと思った。優しいんだから、アーミーハマー。最後は上手くやりましたね。
私も2,3時間で終わるよ、夕方には帰せるからみたいなこと言って20日くらいアーミーハマーの前に座っていたいな
肖像画のモデルとしてじっと座っているだけのアーミーハマー、あまりに美しすぎて彫刻かと思いましたわ
昨年のジャコメッティ展を友人と観に行った際に、日本人哲学者の矢内原さんとジャコメッティの仲睦まじい様子にほっこりして「映画に矢内原さんが出ているかどうか」を確認するために一緒に鑑賞しました。

いました。

満足です。
ELLY

ELLYの感想・評価

3.5
1960年代のパリの雰囲気と、ジャコメッティの作品に合わせたようなグレーがかった柔らかな映像、そしてジャコメッティの完璧主義でワガママな性格を打ち消すようなほんわかした空気がとても良い。
画家、ジャコメッティの肖像画のモデルをすることになったジェイムズ・ロード役のアーミーハマー。
完璧に整ってて本当に美しい!
ストーリーはあまり展開がなく、ジャコメッティのドキュメンタリーを観てるような感じなので、ゆる〜くまったりと観たい映画。
>|