ジャコメッティ 最後の肖像の作品情報・感想・評価

ジャコメッティ 最後の肖像2017年製作の映画)

Final Portrait

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:90分

あらすじ

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地…

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地獄のセッションになるとは予想もしていなかった。 当時すでに名声を得ていたジャコメッティだが、自宅兼アトリエは狭く汚く古びており、そこに妻のアネット(シルヴィー・テステュー)と右腕的存在の弟ディエゴ(トニー・シャルーブ)の3人で暮らしている。アトリエに乱雑に置かれた未完成の作品の数々に圧倒されるロードの心中なぞ気にも留めず、ジャコメッティは真っ白なカンバスをイーゼルに立てかけた。ロードの顔の角度を微妙に調整し、パレットに絵の具を出し、たばこをくわえながら描き始める。「肖像画とは決して完成しないものだ」と不吉な言葉を発しながら……。

「ジャコメッティ 最後の肖像」に投稿された感想・評価

予告編も良さそう。ジェフリー・ラッシュ、アーミー・ハマーと好きな俳優の共演という事もあり、日比谷シャンテにて観賞。
その結果、芸術家の創作活動を擬似ドキュメント的に作りたかったのか? 映画の面白さという観点ではストーリーに起承転結がある訳でもないので微妙な感じだった。
しかしながら、アーミー・ハマーの顔の美しさ、頭と体のバランスの美しさは同性でも見惚れる程。加えて、ジェフリー・ラッシュの演技も素晴らしかった。ジャコメッティについてもっと知識があったら楽しめたのかな? いずれにしても万人受けする作りではないね。最後もとてもあっさり(笑)。
ポルコ

ポルコの感想・評価

3.5
ジェフリー・ラッシュ名演。芸術家の苦悩も描きつつ、全体的にユーモラスで、スカッと爽快でいい。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.0
彫刻家であるジャコメッティが、アメリカ人作家へ「肖像画のモデルになってほしい」と依頼。巨匠のアトリエでのジャコメッティの描く姿、そして描かれる人の姿を映した作品。内容としては終始、ジャコメッティの天才たる複雑な苦悩ぶり、それに翻弄されるモデルが描かれるが、映画としての面白みはなく、その独特な空気感、雰囲気、絵描きとモデルの関係性が印象に残る内容。淡々としながらも、お互いの重みがひしひしと伝わってくる分、結末の展開はより印象に残る終え方で、ある意味斬新だが万人向けではもちろんない。
YOKKI

YOKKIの感想・評価

3.3
F〇〇k!F〇〇k!F〇〇k!
ジャコメッティが何度もいうけど、
モデルになったジェイムズや奥さんの方が言いたいやろ…という感じw
ポートレートってこんなに大変なんだと初めて知った。
作家とモデルで仕上げる共同作品なのね。
アーティストって結局最高のクソ野郎であり最低のクソ野郎である。
クソッタレ!
(もちろんFワード)
と言っては筆を置き、
タバコや酒、
娼婦にうつつを抜かしている
ジャコメッティ。
これじゃ、あまり好きになれませんねー。

2日で仕上げるからと言ってモデルを引き受けたジェームズでしたが
結局3週間弱の間、ニューヨークに帰れずフランスに留まる事になってしまいます。

画家とモデルの心の通じ合いを描いた訳でもなく
あくまでもジャコメッティの人となりを
描いています。

そしてジャコメッティと言えば
あのヒョロッと長い彫刻の制作もあるのかな?と思いきやありません。
人物画のみです。

ジャコメッティ好きには
あのアトリエの感じとかたまらないと
思います。

それにしても芸術家とはワガママな生き物でそうじゃないと務まらないのも事実なのでしょうか。
ariri

aririの感想・評価

3.3
ジャコメッティについては名前が聞いたことあるかも?位の知識で鑑賞。

常に苛まれる不安から神経質だったり、奔放だったり毎秒コロコロ気分が変わるTHE・芸術家気質なジャコメッティをジェフリー・ラッシュが楽しげに憑依。

そんな自由極まりないジャコメッティに対してかなり我慢強く流されるままモデルを続けるアーミー・ハマーの「つ、ツラァ…」な気持ちが観客とリンクw最後は「よ、良かったねー。」な気持ちにw(本当にそれだけの筋)ポートレイトて大変ですね…。

クラシックなヨーロッパの雰囲気にピッタリはまるアーミー・ハマーの造形美を堪能したいなら良しかと…(睫毛なっが…!)
MIO

MIOの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジャコメッティの長い人生のほんの短い期間に焦点を当てているにも関わらず、人となりが見えたような気がした。また、肖像画の被写体の美術評論家のジェイムズ・ロードにも興味があった。

ほかに、ジャコメッティとは関係ないシーンで、プールの水面と天井シャガール画が重なっている絵があって、美しすぎた。

更に、英語がベースだけれど、途中で入ってくるフランス語と、稀に含まれるイタリア語も綺麗だった。
dancingufo

dancingufoの感想・評価

3.2
希望が最高潮になったところで投げ出す。
彼の言葉に翻弄されたジェームスの苦悩がよく伝わってきた。

奥さんとカトリーヌ、かわいかった、

でもフリーパスでなければまず観ない。

フリーパス13作品目。
空気感と色彩がとても好みの映画。
アルベルトとディエゴの関係や、娼婦のカロリーヌの奔放さ、そしてなにより、ジェイムズのジャコメッティに対する敬意が手に取るように伝わる良き映画でした。
かーく

かーくの感想・評価

3.4

芸術家とのちょっぴり奇妙な交流
スタンリートゥッチはフランス映画が好きそう、良い雰囲気
ジェフリーラッシュはさすが、
アーミーハマーまつ毛長ぇ〜
>|