ジャコメッティ 最後の肖像の作品情報・感想・評価

「ジャコメッティ 最後の肖像」に投稿された感想・評価

nyoloner

nyolonerの感想・評価

3.6
完璧に近づくことを恐れる芸術家、って、もはや悪夢。よくまぁそんな芸術家に付き合ったなぁと思うけど、生前から成功していたのなら、ある種の人々が寄ってくるのも分かる。あの頃のパリって、そんな感じだったんじゃないかと思います。

ジェフリー・ラッシュが凄すぎて、きっとジャコメッティってこんな人だったんだ、とすんなり理解できるほどでした。いつ終わるとも知れない創作と破壊の駆け引きは、もはや心理戦です。その間に挟まれるジャコメッティの人となりの描写で、うまく映画になっていたと思う。同じく画家の有様を描いていた「ポロック」より、エンターテイメント味があって面白かったです!

ま、アーミー・ハマーが好きなのもあるけど。800レビューに本作を持ってきたのもそれが理由だし。画面どアップのアーミーの彫り深い顔を拝めるだけでも眼福!

で、アーミー、私が観ただけでも3回目のゲイ役なんですが、なぜか全く違和感なし。実生活では度が過ぎる愛妻家なのにね(笑)
そんな彼のナレーションが秀逸なんですよねぇ。耳触りが良い♪ずっと聴いていたいわー。



ジャコメッティといえば、大学生の時に、なぜか分からないけどいつの間にか頭に入り込んでいた単語で、多分何かで見たのだろうけど、その時は一体なんなのか分からなかったんですよね。
え?この頭に浮かぶ言葉、ジャコメッティって何?みたいな。

その後、芸術家と知り、何度か美術館で彼の作品を見る機会にも恵まれました。

彼がこんな風に時を生き、創作していたと想像できたことが、何だか意味のあることに感じたのでした。
so

soの感想・評価

2.5
ドキュメンタリーっぽかった。
アミハマさんの神経質そうな目線がたまらなかった。お茶目なアミハマさんに笑った。
sss

sssの感想・評価

3.2
ジャコメッティの彫刻がすごく好きなので鑑賞。
彫刻じゃなくてポートレイトだった…(タイトルにあるのに気づかなかっただけ)
ジャコメッティのモデルはかなり過酷っていうのは知っていたので想像よりそうでもないな…っていう感想
KW

KWの感想・評価

3.2
もう少し広義でジャコメッティを描いて欲しかったがある意味彼を要約していたのかも。
ろく

ろくの感想・評価

4.1

始まった瞬間から好きになってしまった。
アーミー・ハマーさんの英語の発音と声音。灰色の多い背景に際立つタバコの火。夜の街で滲むように明るいレストラン。窓に映る女性の表情。どこを切り取っても映るジャコメッティの彫像。そして軽やかな音楽。全てが驚くほど好みだった…。

内容は思っていた以上にドキュメンタリー。ハリウッド的な盛り上がりはあまりない。
ただ、ジャコメッティとその周囲の人間模様に振り回されるジェイムズに、知らず知らずのうちに観客は「成りきって」しまっている。彼と同じように一喜一憂し、ストレスを感じ、名匠の作品と人生に飲まれていく。巧みにそうなるように仕向けられる演出に、唸るしかない。

観終わった後は、くすくす微笑みたくなる。楽しいだけの作品ではないけれど、まあこんなものだよね、といい思い出になりような物語。
miumiu

miumiuの感想・評価

4.8
スタンリー・トゥッチ監督・脚本作品。
1960年代のパリ。アメリカ人作家のジェームズ・ロードが、友人でもある彫刻家ジャコメッティに頼まれ、肖像画のモデルをすることに。
すぐに終わるはずが、ジャコメッティの気まぐれや周囲の人が持ち込むハプニングでなかなか絵が完成しない…帰国できない…

これはかなり好き!(ただしだいぶ個人的な好みなのでスコアは参考になさらずに。)
ジャコメッティが肖像画に使う絵の具のごとく、グレーがかった色調、ヨーロピアンな音楽。アーミー・ハマーも美しく撮られていてずっと観ていられる。ジャコメッティ役のジェフリー・ラッシュは当然上手い。

心理サスペンス的な話なのかと思いきや、それほどでもなく。芸術家の生活やアトリエ、独特の感性を垣間見る感じ。
振り回されて困りつつ、完成作品を見たい主人公の気持ちもちょっとわかる。
そして、芸術作品をどこで「完成」とするのか。ラストは「え、そんなことで?」で、ジャコメッティのある意味可愛らしい人間味が見えた。
ジャコメッティの作品のような、
白黒映画のような、色のない映像が
最初の印象。

絶望が最高の幸せ
ずっと絶望でいたいのではなく
もっと絶望でいたい

そうやって自分を苦しめて作品を
作り続けるのってすごい
並大抵じゃないなと

あと本人の周りの人たちのおかげかなとも
思いました。

アトリエの感じが好き!
20世紀の彫刻や絵画の芸術家ジャコメッティをジェフリーラッシュが演じ、アーミーハマーをモデルに絵を描くお話
アーミーハマーは元から彫像みたいな色男だけにモデル役がしっかりハマってました

ただそれよりもやっぱり主演のジェフリーラッシュ
気難しい芸術家なんて演じさせたら上手いに決まってます

どこからどう見ても完璧にジャコメッティでした
もはやジャコメッティ本人としか思えなかったです

…実際のジャコメッティ本人の見た目も性格も知りませんけどね
73

73の感想・評価

2.5
振り回されてるアミハマが可愛かった。
暗がりからアミハマが出てくる時あまりの顔の良さに泣いた。
この時間が永遠に続くんじゃないかと思うほど、ジャコメッティに振り回されたわ。
アーミーハマーはジャコメッティの作品なのかというほど美しくてアーミーハマーの美しさに見とれて映画どころじゃなかったわ。
>|