ジャコメッティ 最後の肖像の作品情報・感想・評価

ジャコメッティ 最後の肖像2017年製作の映画)

Final Portrait

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地…

パリ、1964年。 アルベルト・ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)の個展が開かれている。友人で作家のジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)は肖像画のモデルを依頼される。アメリカに帰国寸前だったロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、イポリット=マンドロン通り46番地にあるアトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地獄のセッションになるとは予想もしていなかった。 当時すでに名声を得ていたジャコメッティだが、自宅兼アトリエは狭く汚く古びており、そこに妻のアネット(シルヴィー・テステュー)と右腕的存在の弟ディエゴ(トニー・シャルーブ)の3人で暮らしている。アトリエに乱雑に置かれた未完成の作品の数々に圧倒されるロードの心中なぞ気にも留めず、ジャコメッティは真っ白なカンバスをイーゼルに立てかけた。ロードの顔の角度を微妙に調整し、パレットに絵の具を出し、たばこをくわえながら描き始める。「肖像画とは決して完成しないものだ」と不吉な言葉を発しながら……。

「ジャコメッティ 最後の肖像」に投稿された感想・評価

最終的に出来上がった肖像はアーミーハマーには似ていなかったけれど、検索で出てきたジェームズロード(演アーミーハマー)の写真には似ていた。
ジェームズロード、ウィキペディア読んだ限りだと同性愛者だったことは慎重に隠していたっぽいので映画とはまた違った感じだったんだろうな。
harumi

harumiの感想・評価

3.8
1回目は映画館、2回目はレンタルで家で。

台詞が面白く、2人の掛け合いでクスクス笑いながらみる。静寂と物音、そしてドライブシーン等のコントラストが素敵。映像もオシャレでずっと観ていたくなる。
これ!これ!これ!
ずっと観たかったのよ~!!!!!

これはある意味《ジェフリーラッシュvsアーミーハマー》?

笑いどころいっぱいあって面白かった!!

ジェフリーさん、やっぱり好きだわ~♡
本当に素晴らしい俳優さんですね。
芸術家役がピッタリすぎる!!

アーミー様も文句無しの芸術ばりの、お顔&声&長身っぷり♡♡♡♡♡うっとりし過ぎて逆に疲れる(笑)

"納得のいくまで探り続ける。たとえそれが永遠に見つからないことであろうとも"

ゴールではなく、ゴールに至る一歩手前が大切なのだ。そう未完成の真意を問われているかのごとく、自分の感性に響く良い作品でした。

しかし芸術家に付き合うのは根気がいるねぇ♪
ジェームズさん、良く頑張りました◎
かな

かなの感想・評価

-
めずらしく主人と二人で。誰かと一緒に映画を観るのって楽しいね。その後ごはん食べに行ったらビールをひとくち飲んだだけですぐにワインを頼んでいて、謎すぎて聞いたらジャコメッティに影響受けたらしい。そ、そこ…?でも確かにあのレストランのシーンは印象に残るよね。食事って性格が見えるところでもあるから、私もどの作品でも結構チェックしているかも。
ひたすら偏屈なジジイの日常が続いて、本当にそれで終わりなので、なんか笑えた。こんなんで良いのか⁉︎みたいな。いいかんじに脱力してて良かった。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.7
肖像画とは決して完成しないものだ...例えば「デヴィッド・リンチ アートライフ」の語り口における間が独特でシックな世界観に似てる。それぞれの深い沈黙(溜め息)や視界を閉ざす仕草,奇っ怪な習性がミステリーを上品に昇華させていたように感じる。おもに"成功が不安をあおる"や"死は最高に魅力的さ"など風刺を機能させるワードが飛び交い好奇心で物言いしてるのか気が狂ってるのかわからない感じがまた絶妙。

前に観た「アローン」同様に本作でもアーミー・ハマーが仏画家ジャコメッティを相手に古ぼけた一室の小部屋で肖像画のモデルとして古椅子に腰を降ろしながら地面に左足をつき直立不動なため"動けない"一面も別の作品ではあるが対がとれシニカルで面白い。ジャズっぽい音楽の使い方も秀逸。それぞれの閉じた苦悶が解放される...そんな独特さと軽妙さが同居する喜劇感が濃い作品。みえない解答をさがし続ける人生の啓蒙みたいな哲学の側面がすきでした。
「肖像画とは、決して完成しないものだ…」

1964年、パリ。ジャコメッティの展示会が開かれ、ジャコメッティのファンであり、友人でもあるアメリカ人作家のジェイムス・ロードは会場に顔を出します。

そこでジェイムスは、ジャコメッティに「肖像画のモデルにならないか」と誘われます。ジェイムスは彼のファンなので、断る理由がありません。

「2〜3時間あれば完成する。時間がかかったとしても2〜3日あれば充分だ」と言うジャコメッティの口車に乗せられて、翌日、ジェイムスは意気揚々と彼のアトリエへ向かいます。それが出口の見えない、"ソウゾウ"の無限ループとは知らずに…

ーーーーーーーーーーーー

以前から、ジャコメッティの作品というか、作風は知ってはいたのですが、彼の人となりや背景は全く知りませんでした。

簡単に言えば「未だ完成を知らない巨匠」。
「肖像画とは、決して完成しないものだ」というように、彼は生涯自分の作品に"答え"を出すことはできませんでした。

想像は毒のようなもので、刺激をすればするほど、創造意欲が肥大していきます。それはとどまることを知りません。想像が創造を生み、完成形の妄想の果て、想像に溺れてしまうのです。

僕は昔、ある人に即興で似顔絵を描いてもらい、それがとても嬉しかったので、僕も内緒でその人の似顔絵を描いて、お返ししてやろうとしたことがあります。

絵は得意なほうだったので、直ぐに描けると思ったのですが、描き直すこと20回以上、結局3ヵ月かかってしまいました。

20回も描き直していると、最終的にその人を喜ばせたいのか、自己満足の為なのか、目的が分からなくなっていました。もちろん、僕の画力の足りなさもあったと思いますが、"ソウゾウの毒"はそんな僕にでも易々と蝕んできます。


"描き過ぎてしまった… でもまだ描き足りない"

劇中で、彼はそう呟きます。

僕は今まで彼の彫刻に対し、何の感情も抱きませんでしたが、この言葉を聞いて劇的に見方が変わりました。足し算でもない、引き算でもない、彼が追い求めた完全なる完成形。それは、美しさの本質。究極のバランス。儚く素晴らしい矛盾に満ちた人生。彼の頭の中は、それらを具現化しているのだと、僕は思いました。

そんなジャコメッティの詳細を知ろうと思い、ググってみたら、ジャコメッティの顔がジェフリー・ラッシュにそっくりだったのでビックリしました。本当、この"そっくり"ありきで企画が持ち上がったんじゃないかと疑うくらいです。

それもあってか、ジェフリー・ラッシュの演技は素晴らしいの一言です。少し単調過ぎる映画ではありますが、ジャコメッティの心中を察すれば、中々見応えのある作品だと思います。
Linus

Linusの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます


彫刻家であり絵描きであるジャコメッティの映画。


「長年 発表してきた作品は全て未完成だ。」

「取りかかってもない。」

「だが発表しないと自分が臆病者のようで。」

この言葉がジャコメッティを表してる。


自分の中にある究極のバランス。

それを求める姿勢。

過程。


ジャコメッティが求めたのは 破壊から始まる創造と ”動と不動” のバランスなんだと思う。

なによりバランスが大切。自分の中にある他の人に理解できないバランス。完璧主義はけして悪いことじゃない。

その過程に人は魅せられるから。
感想川柳「いつまでも 止まることない 衝動的」

予告が気になって観てみました。。φ(..)

1964年、パリ。ジャコメッティはアメリカ人青年のジェームズ・ロードに肖像画のモデルを依頼する。ロードはジャコメッティの頼みを喜んで引き受けるが、すぐに終わると思われた肖像画の制作作業は、ジャコメッティの苦悩により、終わりが見えなくなっていた。その中で、ロードはジャコメッティのさまざまな意外な顔を知ることとなる…というお話。



最近よく見る『芸術家』映画。(*´-`)このジャコメッティ役の『ジェフリー・ラッシュ』(パイレーツ・オブ・カリビアンのバルボッサ)はメチャクチャそっくりですね。((((;゜Д゜)))



芸術家の半生を見てると、だいたい拗らせてる人が多い。(゜ロ゜)まぁそういう人選で映画化してるんでしょうけど。(笑)絵描きながらたまに彫刻作ったり、あんなあわただしい芸術家も見たことない。(。´Д⊂)多動症なのかな?

ピカソとの逸話は本当なのかね?( ; ゜Д゜)セザンヌが最後の天才だと言ってたなぁ。

でもジェームズもやり取りは迷惑そうだけどなんかいい。(^o^ゞ芸術家ってのは人との接し方が才能に反比例して不器用なんだなと思える。別れたくなくていつまでも描いてたのかなf(^ー^;


娼婦役の『クレマンス・ポエジー』は相変わらずの存在感。やっぱりちょっとブッ飛んだ役なんだな。


んでまず(^_^)/~~
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「ジャコメッティ」‬
‪劇場で見逃し漸く鑑賞した本作はJ.ラッシュの役作りが凄くかなりインパクトがある…と同時にA.ハマーの冷静沈着な対応、また人物関係が面白く知的な芸術を感じる。物語は彼が最期の肖像画を頼んだモデルとの18日間の心理戦を愉快に時には真剣に描いた作品で監督のトゥッチらしさを感じる。‬
インパクトのある作品だった。気難しい芸術家のお手本のようなジャコメッティ。それに付き合わされるアメリカ人記者役のアーミー・ハマーが男前なだけに滑稽。ジャコメッティの自身の作品への評価と行動は支離滅裂なのに、他者(ピカソ)への評価は理路整然と辛辣だったのが面白かった。
>|