名探偵ピカチュウのネタバレレビュー・内容・結末

名探偵ピカチュウ2019年製作の映画)

Pokemon/Pokémon Detective Pikachu

上映日:2019年05月03日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「名探偵ピカチュウ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

✴︎ポケモン/実写/洋画
✴︎ピカチュウかわいい。金曜ロードショーでやってて何となく見始めたけど、結局最後まで見てた。ピカチュウがまさかのパパさんだったなんて最後はびっくり。
リアルポモンの質感は良いとしてもっと動物らしさが欲しかった
いやそもそもポケモンはそういう生き物なのか…
思ってる以上にモロポケモンでビビった笑笑
ポケモンファンにはたまらないだろうな、、
CGでのポケモンもクオリティすんごい。
オチもそんな気がした笑笑
でも声優が気になってしかたなかった
俳優と声優喋らせたらそりゃ違和感になっちゃうよ。。。
キャスティングも難しいんだなぁ
西島さん普通に声優違和感なくてさすがっす
コダック可愛すぎた。。
ほしいわ。。。
金ローの録画を鑑賞。
お好きな方は読まないでくださいm(._.)m

話が浅くて感情移入出来ない。そこまでの関係性を築けてないのにそんなセリフ?みたいな…。言わせてる感というか。
あと気持ち悪いポケモンが多かったのがちょっと…。

結末がアレならピカチュウの存在意義ってなんなのか…。結末はハッピーエンドに見えるけど、本当にピカチュウの体だけ借りてだけでピカチュウじゃなくても良かったじゃん、と。ただの見た目だけ。
そりゃあの見た目のピカチュウが動くのが可愛いし堪らないんだけど、中身がピカチュウ自身じゃなかったというのはなんかピカチュウ自身の存在を蔑ろにしててどうもね…。

あと渡辺謙の吹き替えが本人だけど口の動きがあってないから本人の声なのに逆に違和感が凄い。

ピカチュウが普通にピカチュウ語で中身もちゃんとピカチュウで、冒険モノとして今回のビジュアルでやってくれるなら最高だったんだけどなー。造形は最高に可愛い。エンドロールがいちばん良かった。
もふもふピカチュウが可愛すぎて悶絶。
ストーリー的にはズートピアに近いと思った
ピカチュウ可愛すぎた。西島秀俊のピカピカが聞けただけでお腹いっぱい。ピカチュウ飼いたい。ラストでポケモンのスキルを一気見させてくる感じ良かった。黒幕明らかになるの早いなって思ってたら、実はあのオヤジさんが黒幕だったのね。ただピカチュウとティムの絆がいつの間にか生まれてる感じだったからもう少しそこ丁寧に描いて欲しかった。でもポケモンバトル映画としては良かった。なんか日本のアニメがここまで世界に認められてるんだと思ったらエンディングが最高すぎて泣けてきました。あとティムがちょっとポンコツすぎる!!!さっさっと黒幕オヤジの頭についてる機械外せよ!!!と思ってしまった。あとジャーナリストの女は研究所の情報調べてきただけであと何もしてなくないか?パレードの時もなんかキャスターの服着て動きまわってたけど特に何もしてないよね。もうちょっとジャーナリストっぽいアプローチで事件の手助けして欲しかった。ほんで結局ティムのお父さんはなんでミュウツーを捕まえたの?ほんでミュウツーはお父さんの体なんで預かってたの?狙われるから?細かいことは色々あるがポケモンを実写化できるのはやっぱ海外だからね。変に邦画で実写化されなくて良かった。
ストーリーはベタというか面白くもない感じでしたが、ポケモンが現実にいたらどんな感じかというビジュアルや、人間と共に暮らしている様子や、看板とかにもポケモンが取り入れられている街のディテールとかそういうものをいくらでも楽しめる映画でした。さすがのポケモン愛を感じる映画というか。なのでそこそこ満足です。

それぞれのポケモンの毛並みや皮膚の質感の違いも面白いし、道でカビゴンが寝てるからカイリキーが交通整理してたり、バリヤードとパントマイムで会話したり、コダックの頭痛が酷くならないように神経使って生活してたり(ていうかコダックのねんりき威力すごすぎ)。永遠に見てられます。


あとはピカチュウというポケモンのデザイン性の高さに惚れ惚れしていました。
電気ネズミとしての個性を出しつつ、無駄を削ぎ落としたキャラクターのデザイン。細い耳やギザギザした尻尾、背中の模様とか体のぽってりした感じも最高に可愛い…。四つ足で走ってる時と二足歩行してるときの体のフォルム、どっちも最高に可愛い…。
あと今回3Dになっての毛並み…!いくらでも見ていられる。もふもふしたい。
顔まわりは細かくて綺麗な毛並みだけど、体の方は太そうなざっくりした毛並みだったり。あと泥ついて濡れて汚らしくなったり、乾いてきてフカフカになったり。
やはりピカチュウ、格が違うわ。と謎の納得をしました。はい、可愛かったです。

もちろん他のポケモンたちも出てくるたびテンション上がりました!特にフシギダネの愛らしさといったらもう!!
メタモン人間の不気味さも半端なかったです〜。。悪夢見そう。。



ただストーリーはなんかもう取ってつけたかのようなもんでしたけども。ポケモン見れたからもうなんでもいいやみたいな。

日本人としてはどうしてもヨシダ警部補(渡辺謙)の活躍を期待するところなんですが、、、
父親は生きてると言い争うシーン、映像見せて「こんな事故じゃ誰も助からない」だって?死体もあがってないのに??笑わせんな! なんか内情知ってて隠してるのかと思ってたけどイマイチそんな描写も無く、最終的には敵の思惑どおり市民と一緒に振り回されてる感じで。残念でした。

あとポケモンと人間が一体になる?ミュウツーの体に自分の意識を転送する??それってその間人間の体は?ポケモンの意識はどこにいっちゃってるんですかね??よくわかんなかったです。

オチも普通に読めてましたし。まぁ予定調和な感じもいいんですけど。

ただピカチュウが何回か言っていた唯一名探偵らしさのある「そうか!わかったぞ!」という台詞…。うん、こちらも見ていて納得しましたよ。答えが向こうからやってきてるし、理解も素人と同じタイミングですよね。君、名探偵じゃないよね。コナンくんはこちら側より先に「そうか!わかったぞ!」ってなって視聴者を置いてけぼりにして、色々解説してくれるんでね。
まぁもはやあの名探偵御用達の帽子被ってるのが可愛いってだけでも許せちゃうからいいんですけど。


ビルナイもかっこいいし好きなんですけどねぇ…。最強のポケモンに一番ヤバいやつの意識が入り込んでしまうって結構ピンチかつワクワクポイントなはずなんですけど、なんかあんまり盛り上がらなかったなー。地上波だからかなぁ。。。



吹き替えではポケモンにゆかりのある声優さん達がたくさん出てきて楽しかったです!男女の声をダブらせたミュウツーの声もいい感じでした!

TSUTAYAでそのうち借りようかなと思ってたらテレビでやってくれてありがたかったです。少しでもポケモン予備知識あって好きな人なら見て損は無いかと。むしろテレビでなら一時停止して細部まで見れるから良かったのではないかと。
渡辺謙
悪者かと思いきや普通の刑事だった
フシギダネかわいい
ポケモンと人間が共生する世界、探偵業の父親の交通事故死の報を受けた保険調査員が父親の家で探偵帽をかぶった喋るピカチュウと出会う話。
哀愁漂うシワチュウの姿に地味な話かと思ってたので予想外にバトルスタジアム・ドダイトス・パレードと迫力のアクションシーン満載で楽しかった!
何でピカチュウの中の人がおっさんなんだと思ったら本当に中の人がおっさんだった。父親の顔を最後まで映さなかったのはそういうことだったのね~。名士父子の父が悪い奴で息子はいい奴だったってのにもしっかりミスリード誘われました。
ポケモンはピカチュウとニャースとサワムラーくらいしか知らないから画面に映るたくさんのポケモンにいちいち興奮できるファンが羨ましくてしょうがない。主人公の涙を舐めてあげる優しいベロリンガめっちゃ笑った。
吹き替えやからあかんかったんかな
全部声が違和感しかなかったーー
ミュウツーっていつも悪役にされがち可哀想、いいやつなのにな
>|