劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオの映画情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ2005年製作の映画)

製作国:

上映時間:103分

3.5

「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ」に投稿された感想・評価

アーロンに当時憧れすぎて親になぜアーロンになれないのか泣きながら問うた。波動使えないじゃないと言われて泣き止んだ。1番泣いたシーンはそこ。
GT

GTの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

実に約10年ぶりくらいの再鑑賞。そもそもポケモン自体見るのが恐ろしく久しぶり。子供の頃大好きだった映画だが、大人になった今鑑賞してみても全く色褪せない、素晴らしい映画だった。
なんと言っても主役のルカリオのカッコよさ。子供の頃見た時からすでにルカリオは私にとってヒーローそのものだったのだが、今見ても全く惚れ惚れするほどカッコ良い。波動弾を打つ姿、アーロンに裏切られたことに対して苦悩する姿、そして最後には自らを犠牲にして皆を助ける姿。全てがもう堪らないほどカッコいいのだ。
ファンタジーな世界観も魅力の一つ。そもそもポケモン自体がファンタジーじゃないかと言われそうだが、巨大な海に立つ城やポケモンが多く生息する世界の始まりの樹の描写は非常に美しく、ロマンが溢れている。度々登場する端役のポケモン達も魅力がいっぱいで、マネネやウソハチは可愛らしいことこの上ない(マネネの声がキングコング梶原というのにも驚き)し、みんなのトラウマとして名高いレジ系の冷酷な不気味さも素晴らしい。
ストーリーに関してはかなり批判するべき点は多いだろう。一番まずいのが、ミュウがピカチュウを攫ったのがただ遊びたかっただけだったという点だ。それを助けるためにサトシたちはわざわざ危険な世界の始まりの樹まで行き、しかもルカリオが犠牲になる、というシナリオはちょっと首を捻らざるを得ない。しかもミュウがピカチュウを連れ去ったのも、キッドのマニューラが攻撃を仕掛けたからというのもいただけない。キッドが何もしなければ、こうはならなかったのでは…。だがサトシとルカリオが友情を結ぶ過程は王道ながらとても熱いものがあるし、最後、アーロンがルカリオを封印した真相が分かるシーンは、思わず涙が流れるだろう。
本当に映画館で観た記憶が残ってるポケモン映画ってこれくらいかもしれない。

波動弾を撃つルカリオもかっこいいし、サトシがかっこよかったんだよね〜
何かを守っている姿にひたすら憧れてました
さやま

さやまの感想・評価

2.9
この映画小学校低学年のとき親と見にいって、映画に夢中なりすぎて、親が途中トイレ行ったの気づかずに、1人でみとることに気づいて泣いた
風神

風神の感想・評価

3.5
泣けるポケモン映画。
結構好きな作品です。

ルカリオ大好きです!

観に行く直前に
子供の友達に、思いっきり
ネタバレされて、愕然としました。
tsubasa

tsubasaの感想・評価

3.5
『波導は我にあり・・・』
当時映画館で鑑賞。

皆んな大好きルカリオがかっこいいのは勿論の事、ポケモンと人間との絆、そしてラストの展開に思わず涙。
ポケモン知ってる人は一回は観てほしい作品です!
レジロック、レジスチル、レジアイスのあの未知なるものの恐怖が感じられて昔から好きなポケモン。登場嬉しい。

コジロウのチリーン逃すところとかかなり好き。サトシ追い回すロケット団はポケモンへの愛があるから本当にいい奴ら。
ところでロケット団がサトシのこと『ジャリボーイ』って呼ぶ理由知ってる?サトシ⇨砂とし・さ利⇨砂利らしいよ!!最近知った笑
今やそこらへんの草むらで手に入るほどお手軽になったルカリオがメインの回。

波動がなんたらと言っているけど、
何をどうやってどうしたとかはよくわからない。
レジアイス レジスチル レジロックとサトシ達の前に立ちはだかるけど、別に倒すとかでも無い。
しっぽ振るゴマゾウ可愛すぎ
サトシが急に波導使えたんちょっとおもろい
日本が誇る名作。
ポケモンを通して、信念を貫くことの大切さや、人と動物の絆を教えてくれる作品だと思う。
正直、アニメ映画の中では1番好きな作品である。後世に語り継いでいくべき作品。
なぜ表彰されていないのか分からないレベル。
ほのか

ほのかの感想・評価

3.9
小学生の頃映画館で見て泣いた記憶があったけど、大人になって見ても更に号泣した
思い出補正もあるんだろうけど大好きな映画
>|

似ている作品