劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアークの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアークの映画情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.1

「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク」に投稿された感想・評価

せっち

せっちの感想・評価

2.5
過去の伝説を出すことに賛否はあるだろうが個人的に反対。セレビィなんか「時を超えた遭遇」で感動の別れしたのにしれっと出てくるのもなんだかな。それに地元の人がときわたりの話したときサトシ「ときわたり!??」ってなにそれみたいに言ってたけど知ってるよね。見たよね。無印大ファンなのでちょっと辛口になっちゃう(笑)

ストーリーも結局人のエゴの悪と絆で結ばれた愛の話かな?いまいちつかめないしタイトルのポケモンがほぼ活躍しないのが本当にかなしい。あとゾロアの声ハム太郎すぎて
映画との関連性謎すぎだけどスキマスイッチの主題歌がホントに良かった
27

27の感想・評価

2.5
ゾロアのフォルムも声も喋り方も性格も好きでたまらん。
でも物語としてはあまりパッとしないかな。
サメ型ポケモン登場と聞き鑑賞しました。
悪の男コーダイを止めるため、幻影を操るゾロアークとサトシたちが大活躍!!…と見せかけて、真の主役はゾロアとセレビィなお話。
ゾロアークの幻影は要所要所で上手く活用されていましたが、やはりストーリーの要はセレビィ。セレビィの力を手に入れようとするコーダイを止めるのが話の主軸で、ゾロアーク自身はかなり脇役に近い印象でした。親子愛のシーンが私の涙腺に危うくヒットしかけましたがむしろハム太郎の声で喋るゾロアがモフモフでいたずらっ子で可愛くて可愛くて、何かに目覚めそうになるヤバい地雷が潜んでいます。さらに言うと、コーダイの会社にスパイとして潜り込んでいるリオカさんが何というか性的な感じがしてとてもドギマギしました。多分今まで私が観たポケモン映画の中で一番ドキドキした作品です。
肝心のサメですが、前説のシーンでフカマルとサメハダーがちょろっと映ります。本編での活躍は一切ありません!!!!
ピエロ

ピエロの感想・評価

4.3
泣いた。
色違い可愛すぎ!!
セレビィ可愛すぎ!今回は萎れなかった!!
山ちゃんの予告の“ゾォロォアァゥ~クッ”が印象に残ってる。
よくモノマネした。

『グリーンマイル』でも言ってたけど、
“悪いやつは愛を利用する”からな...
人質とるわ、偽装報道するわでコウダイやなやつ。
かす

かすの感想・評価

2.0
隙のない脚本。突っ込みどころも少なくキレイに終わった。

悪役も賢く各々の立場でベストを尽くして物語が進んでいった印象。
しかし初期のポケモン映画のようなテーマ性は感じとれず。

子どもが見るには良し。
大人が見るにはネタにもできないという意味で残念。
blue

blueの感想・評価

1.3
よくわからなかった。
偏見というのが一貫してのテーマなのかと思いきや、そんなでもない・・・
見どころの深さがなくて、こどもはどういう反応するのか気になる。
ゾロアとゾロアークの関係にキュン。かわいいじゃんか、こやつら!
休日恒例の子供とのポケモン鑑賞ですがそろそろストーリーがパターン化されてきてツライ。
今作はゾロアを守り戦い続けるゾロアークの親子愛のヒューマン路線なのでまだ見れました。

過去作の伝説ポケモンを出すことによってファンへの目配せも忘れない。