座頭市 THE LASTの作品情報・感想・評価

「座頭市 THE LAST」に投稿された感想・評価

ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.0
酷評が多いが、全く同感。これが最後の座頭市だというなら、勝新が可哀想な気もする。キャストは悪くないのに(香取を除く)、セリフ回しがこんなにイマイチなのは、脚本が悪い?やっぱ、監督が悪いのかな?
電気羊

電気羊の感想・評価

2.0
冒頭からなんの説明もなくヤクザの集団に襲われ、切られ刺され必死に防戦して何とか生き延びた座頭市。だが、しかし。ヒロインのはずの石原さとみちゃんがいきなり殺されてジ・エンドとか置いてけぼり感を食らう。その後の展開もな~。とにかく暗くて陰惨な話でした。
BORAMSTYLE

BORAMSTYLEの感想・評価

1.0
勝新太郎さん➯ビートたけしさん➯香取慎吾さん

座頭市がどんどん退化していってる・・・

ビートたけしさんまではよかったと思うけど、この作品はちょっと・・・
水曜日

水曜日の感想・評価

2.1
この映画がコケたのは、
主演の香取慎吾をはじめ、監督や演じてる方々には罪はない。皆が全力で新・座頭市像を創りだしたのだ。

…ただ座頭市は完全なエンターテインメントな架空の存在であって、求道とかモラルや恋愛とかは二の次で盲人の按摩ヤクザという、農民からも蔑まれる存在というのが前提。

香取慎吾の座頭市は全力すぎて、観てて苦しくなってきた。

もちろんチャレンジしたことは伝わる。
「これは座頭市じゃない」の一言に尽きる。
ガバガバ演技の慎吾くんガイジシリーズ好きなら垂涎ものなんじゃないすかね(適当)
撮り方とかは良いんだけど、「座頭市ではない」という点で大きくマイナス
THE LASTとかいう煽りがなんかムカつく
音楽はかっこよくてすこだけどキタノ版のパクリですよね
DVDラスト、慎吾くんの自信満々ドヤ顔円盤宣伝には呆れた
ていうか単純に両さんにしか見えなかった
Ash

Ashの感想・評価

3.8
音楽が好き。日本的で現代的な。
迫力の殺陣。目の見えない座頭市が次々に敵を倒していく。大切な人のために斬る。かっこよくもあり切なくもある。
戦いの様子が引きで光をバックに映し出されているのがかっこよかった。
ラストシーンはちょっとあっけない感じ。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

1.0
・10/06/26:ワーナーマイカルシネマズみなとみらい【初鑑賞】
特別ファンでもないのにけっこう観てる坂本順治監督の座頭市完結編。今回主演の座頭市を演じるのはSMAP香取慎吾。彼の風貌とかそんなに悪くないと思うんだけど、演技とアクションが…。
座頭市がその無頼漢性を発揮するのは、常に悪人やバカに対してだ。いつもの慎吾ちゃんの調子のアウトロー演技で「あっしは人殺しでさー(棒)」じゃダメだよ。善良な人に対しては常に低姿勢な態度を貫き「ええ…あっしはァ(間)人殺しでさァ…」って、汚れた身の自分ではありますが恥ずかしながらお天道さんの下を歩いておりやす感を出しながら言わなきゃでしょう。
アクションなんかも全然だめで、目が見えないはずなのに相手と正体しちゃってるし、敵を斬り捨てた後フラフラしすぎだし、やたら「おりゃあー!やああっー!」と仕込み刀を振り回して叫びながら戦うのも嫌。なまかすぎる。
日本の平成ゴジラシリーズが、今までのすべてをリセットし、カンフーと熱血を取り入れることで完成した怪作『ゴジラFINAL WARS』で幕を下ろしたことを考えると、THE LASTと銘打たれたこの作品がこうなるのも自然なことなのかもしれないが、中途半端に無難に作ろうとしているので、そこがつまらなく感じてしまう。長く続いたシリーズのリブートなんてそんなもんだろうけど、本作には座頭市を現代に語り直すことへの明確な勝算は無いようだった。10年後くらいにまた誰かが『シン・座頭市』作りゃいんじゃねーの。
物語なんてものは創造主の手を離れてこそだ。
21thFOX

21thFOXの感想・評価

-
これは…なんですか?これをOKとして公開したのは誰?ハリウッドなら完成した時点で再撮でしょう!ケレンミも、へったくりも、なさすぎ
シズヲ

シズヲの感想・評価

1.6
香取慎吾の演技や作中の雰囲気作りなど、勝新太郎版っぽくしようと頑張っていることは伺える。そのせいで勝新太郎版と比較してしまい、却って作品の微妙さが際立つのが切ない。居合のカタルシスが殆ど無く、辛気臭いだけの流れが延々と続くのが一番のマイナス要素。市が普通に弱いのは見ていて悲しくなる。ヒロインの石原さとみも大して話に関わらず、宣伝で謳っていた「切なすぎる純愛」さえかなり中途半端。せめて殺陣や作風にたけし版のような工夫があれば……半端にコピーをやろうとするくらいなら、いっそ思いっきり弾けてほしかった。
>|