マイ・サンシャインの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・サンシャイン」に投稿された感想・評価

Nachino

Nachinoの感想・評価

3.0
こういう映画を観ると今から全く遠くない過去にこんな事件があったんだなって思って怖くなる
えりみ

えりみの感想・評価

3.2
WOWOW録画。
キャストだけみたら鉄板❕やのに評価芳しくない映画として認識はしてた😅
米国有名暴動の話やのに、何故にフランス/ベルギー 映画❓中国資本も入ってるみたいやし🤔と思ったら、
「裸足の季節」の女性監督作品なんや。
なるほど…
そして評価もナルホド…😥
十代女子が対面座位で激しく腰振る(ほぼ全身ボカシ)シーンがあるのでPG指定。
大規模暴動が起きる直前のその街に生きる市井の人達の目線を描きたかった、の❓
ドキュメンタリーって感じでもなく、
何故2017年に彼女がこの映画を作りたかったのか、
アメリカ人でも黒人でもない監督が何故にこの映画を作ろうと思ったのか、
みただけではわからずインタビュー記事でもあれば読んでみたい気はする。
原題はロドニーキング事件から来ているのか?

舞台はLAサウスセントラル地区
初っ端から酷い事件が🔫😢
すぐショットガンぶっ放す底辺の007と
子沢山(他所の子も⁉)のハルベリー
同じモーテル?住まいのご近所さん不仲。
1991年終わり、ロス大規模暴動まで7週間。
ロドニーキング事件の裁判の行方にピリピリしてる。

最初めっちゃ仲悪かったのに、突然きっかけもなくハルベリーがダニエルクレイグを意識し始めるの謎🤨
妄想夢のシーンも要る❓
オシッコ漏らしてビチョビチョになったジーパンでロープを作る勇気、さすが007😶

めっちゃイキってるだけの白人警官
どさくさ紛れで略奪を繰り返す黒人
どっちもどっちやん。
てコト⁉
そんなんでええんかなー。
うーん、上手くキャッチできへんかった😥
ayaetu

ayaetuの感想・評価

3.3
暴動が起きると子供もおかしくなっちゃうな。刺したあのこはどうなるんだろう。
ダニエルと子供ってのもいいね!
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.8
正直内容は少し期待より下回ったけど
冒頭からオープニングタイトルが
出るまでの流れが神。

黒人の女の子が歩いてる。
店に入り片手にお札を持ってクセなのかジュースを尻のポケットに入れてレジへ。
店員のクソババア(クソババアめ!)がヒステリックに叫び盗みだと揉め出す。
運悪く当たった腕。店員が銃を構え、呆れ返った女の子が振り向いた瞬間に射撃。
女の子が横たわる周りに血の海。
店員の声が『違う、気付いたら彼女が倒れてた。私は銃を振っただけ』。警察が手を上げて動くな!と言う。
店の周りに集まった黒人男性がその言葉を聞き激昂する。警察と揉み合いになり飛んでった何かが近隣住宅のアパートの窓を突き破る。アパートの住人のクラシックを聴いてた白人の男が怒り狂ってショットガンを窓から宙に撃つ。俺は今機嫌が悪いんだ!さらにその近隣の黒人家族たちは朝の食卓を大家族で囲んでいて、銃声に驚き机の下に隠れる。小さな子供たちが泣き出す。母親がみんなを抱きしめる。イヤホンをした青年が後から来て何事かとみんなを見る。はやく隠れなさいと手を取る母親。この青年が主人公。一連の事件はロドニーキング事件と並びロサンゼルス暴動の引き金になった事件だったようで、ここから公判の実際の映像が流れ、デモ隊の叫びが流れ、ロサンゼルスよ、目を覚ませ!と叫ぶ黒人が映る。背景にはソウル?ブルース?ジャズ?なにかしらオサレな音楽が、
家族でドライブする主人公と母親。カメラで息子を撮っている。取られた幼い頃の主人公は街並みをバックに振り向き誇らしげだ。そこにタイトルロゴ『king』が。

ここが最高にかっこよくて、
史実に基づいた事件の演出として物語に没入させながらそれを伝えるうまさが100点。主人公だと思ってた女の子が唐突に射殺される。え!そんな事で?と言う事で。そこから立て続けに怒りの連鎖の割を食う黒人家族(主人公たち)へと視点が流れていき、ここはフィクションながら実際の事件の公判映像がその後映し出され、単なるフィクションじゃなくて実際にこんな理由で人が殺されるのかと衝撃がさらにくる。
その後、視点が再度戻りフィクションだと思ってた主人公らのホームビデオが映し出される。幼い頃の家族。悠々と街をドライブする少年が光を浴びる姿に『king』の文字。
リアルと物語を相互に強めて現実味を持たせる方法としてこの行ったり来たりがすごいよかった。


内容も、主人公の青年期特有の女子への憧れやその挫折、家族・友人への嫉妬と葛藤が青春み溢れててとてもいい。
ハルベリー演じるオカンとヤサグレ隣人のダニエルグレイブの恋模様も面白かった。けどこの二つと、街の暴動までの道のりと、大家族の下の子たちの暴走具合と、諸々を詰め込みすぎて多少とっ散らかってるのは否めない。それでもこの情報量を上手くまとめた方だと思うけど、感情がついてこないで、どのキャラに心寄せればいいか分からなかったのが正直なところ。
息子?が主人公だと思って見てると1番なんとも言えない後味悪いことを彼がしでかすし、母親の話だとしてみてもラストは最悪。まぁ恋人ができて何よりだけど。
ただ起こる現象を眺めてたような感じで、メッセージ性が強いわりに最後に伝えたいことはなんだったのかわからなかった。
惜しい作品という印象…

ハルベリーがダニエルグレイブにお尻叩かれて欲情する夢を見て、翌朝子供にお尻叩かれてその夢を思い出して赤面して笑い出す…ところめちゃくちゃ好き。エロすぎずかつエロくて素敵。
MayumiM

MayumiMの感想・評価

2.0
ロサンゼルス暴動またはロドニー・キング事件と呼ばれる1992年に起こった人種暴動をおフランスに料理するとこうなるのか……と感心しきりな一作。
正直、"愛情深いミリー"というキャラクターの作り方に現実味がなくて、そのあたりを皮肉ったような邦題はある意味絶妙な気が(笑)。それはともかく、いっそミリーが保護施設の職員くらいの現実味があれば(ワタシ的には)よかったんだけど……とりあえず、監督にとってはハル・ベリーもダニエル・クレイグも客寄せパンダ以上のポジションにはない、というコトなのかもしれない(笑)。

それにしても、トイレって盗めるものなんだ……。
izr

izrの感想・評価

2.8
原題はKings。日本で放送するときにタイトルを何故変えるのかちっとも気持ちが理解できないですね。

原題の話題はさておき。
とても心が削られる映画でした。偽りなき者観終わった後と同じような苦々しい気持ちになるこの現象に名前をつけたい……。
日本の社会がクレイジーでひどい場所だなと思うけれど、世界各国そんなに変わらないですね。当たり前だけれどもどの国もその国の問題を抱えているのだ……。

ダニクレさん情報としては、赤ちゃんのオムツの替え方がわからなくて四苦八苦しているシーンが可愛かったです。赤ちゃんとセットのシーンがかわいい。片手で抱いているシーンがかわいい。というよりもう赤ちゃんがかわいい。
’92年のロス暴動についてのお話。

意外と評価低めなんですね。
個人的にはかなり意味をもった作品だと思います。
というのも、BLM抗議が起こっている今だからこそ、そのメッセージが強く感じられるのかも知れません。
僕が聞いているポッドキャスターさんがBLM抗議について「市民と警察との対立関係がそもそもおかしい」と言ってましたが、本当にその通り。

疑問の提示から暴動へ、暴動から対立へ。
ある人は守るために、一方はその復讐に銃を使う。
この負のスパイラルがロス暴動で起こったのにも関わらず、なぜBLM抗議で繰り返されるのか。
歴史は繰り返すと言いますが、そこなんとかならないんですかね。



少し残念だったポイントは二つ。
 一つはD.クレイグのギャップや主人公ミリーが貧困に苦しむような描写が少なかったこと。
事件の被害者ではなくあくまでも暴動に参加する、或いは傍観する立場として主人公たちを描いたのは良かったですが、もう少し感情移入させる工夫があった方がいいと思いました。
 もう一つはラスト。もう少しハートフルで先の見えるものが欲しかった気がします。みんなバラバラで終わってしまい、ただの重い作品として終わってしまっていました。
YUMI

YUMIの感想・評価

-
人種差別とか、ロクデナシの親に育児放棄された子供たちとか、人の持つ野蛮さとか、きっとすごく大きな問題を扱ってるんだろうけど、私がまず感じたのは、最初に撃ち殺された女の子、実際万引きしてるわけだし、さらにそれを咎められて女の店主に暴行したわけだから、結果として殺されても仕方ないんじゃないの?って事でした。
万引きは立派な犯罪。たとえば痴漢なんかもそうだけど、やったほうは軽い気持ちなのかも知れないけど、やられた方は死活問題レベルの損害も出るし心も傷つくんだからね。 
また、あのジェシーって黒人の男の子も、スケベ心丸出しで女の子を空家に住まわせ、彼女がそこに男達を連れ込んでエッチしてた事に嫉妬してガラス片で男を刺しちゃったわけでしょ?
それを今更必死で助けようと奔走したところで、やったのはアンタ自身でしょ、って感じでシラケました。
ちょうど今、白人警官が黒人に暴行して殺したとか、同じような騒動がアメリカで起きてて、こいつらって全く学習しない国民なんだなと思いました。
抗議行動に便乗して関係のない商店を襲撃したり盗みに入るなんて、日本では聞いた事ないし、「民度が違う」と豪語したあのお方の言葉は的を射てるのかもしれませんね。
たまたま鑑賞したものが、何か今アメリカで起きてることとかぶってて、作品のこの事件も1980年代に起きてて、昔も今も変わらないかんことが変わってないやんって思いました

やっぱ差別っていかんわ

ただストーリー的に何を焦点に当てていたのかよくわからん。家族のことなのか、黒人差別のことなのか、その当時の事件そのものなのか、ハルベリーの恋愛模様を見せたかったのか、何かとっちらかったまま終わってしまった感が残念…
サミー

サミーの感想・評価

2.6
公開時に鑑賞。
いまさらなのでレビューは書かないと思います。
>|