マイ・サンシャインの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・サンシャイン」に投稿された感想・評価

テツ

テツの感想・評価

2.0
1992年に起きたロサンゼルス暴動を題材にしたストーリー。
この暴動はなんとなく記憶にある。

自分はちょうど仕事でニューヨークにいたはず。
当時は日本人を含めて有色人種への偏見が残るアメリカでした。
嫌な思いをたくさんしたけど、忘れた。(笑)

映画は面白かったけど、ここからどう展開するの?ってとこで終わっちゃったから、ちょっと物足りなかったです。。。 007のイメージしかないダニエル・クレイグの別な一面が見れたよ😃。 それにしても自分の子供を育てるだけでも大変なのに、他人の子供をたくさん養うなんて凄すぎる‼️
といぷ

といぷの感想・評価

1.0
社会のクソ底辺のクソな話。

知能の低い奴が、怒りに任せて知能の低い行動を取るという底辺にありがちな低脳な報復合戦。
暴動で盗むとか、何の正義や主義主張でもないからね。ただただ低脳。
これで被差別は無理なくない?
自分で友人から刺しといて狼狽。意味不明。
チャイ系が黒人を銃で殺すあたり、終わってる。

ダニエル・クレイグが出てるから見たけど、開始5秒で後悔。しかし課金してしまったから仕方なく見たけど、辛かった...

映像美も何もなく、本当にただただむなくそ悪くなる映画。
実に時間のむだであった。
1991年にLAで起きた黒人差別による2つの残虐な事件を発端とした1992年のLA暴動

見ていて本当に辛くなったが、目を逸らしてはいけない事実なのだと思った

二度とこの悪夢のような歴史を繰り返さないでほしい
KazuIrie

KazuIrieの感想・評価

3.0
ダニエルクレイグ出てるやんということで鑑賞。したものの、本作はダニエルクレイグ作品というより、黒人差別に関するドキュメンタリーに近い作品。実際に起きた黒人に対する差別暴行事件に、ハルベリー演じるミリーと彼女が養う子ども達、そしてダニエルクレイグ演じるオビーを重ね合わせている。
1942年のバスボイコット事件、1991年のロドニーキング事件に端を発した1992年のロス暴動、2020年のジョージフロイドの死、とアメリカにとって人種差別というのは重い、そして解決すべきだけどもしきれていないテーマなんだと感じる。
映画というより、ドキュメンタリーとして見れば見れる。普段見慣れない丈の長いアウターを着るダニエルクレイグが、少しジローラモに見えた。苦笑
よし

よしの感想・評価

3.0
こちらも黒人ネタでした。ダニエル・クレイブが出てるとの事で、どんな役かと思って観たけど別に違う人でも良かったのではと思った。相変わらず白人の黒人暴行が無罪になるという人種差別ネタでしたね。あっちでパンパン、こっちでパンパンと銃社会の怖い感じは出てました。銃社会ってのは本当に怖いです。一瞬の判断誤りが生死を分けるし、相手を殺しかねない。日本は銃社会でなくて本当に良かったよ。
mi

miの感想・評価

2.5
ダニエルクレイグがみたくて鑑賞。
実際の暴動の生々しさを当時の映像を交えながら表現しているが、ストーリーは淡々と混乱に向かって進んでいくという感じで途中で飽きてしまうかも。
ただダニクレはかっこよかった。
のんchan

のんchanの感想・評価

3.1
元ボンドガール&旬のジェームズ・ボンドの2大スター共演💫

こんな作品あったんだね〜😮
平均スコアが低いけど、何か良さを見つけたい❗️と期待はそこそこに観たけれど...ん〜これは残念🤦‍♀️


1992年の「ロドニー・キング事件」が発端となった"ロス暴動"の最中の実話がベースのクライムヒューマンドラマ?

トルコ出身でフランスに移住した女性監督デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。申し訳ないけど、まだまだ感が満載で、何を見せられているのか?甚だ疑問しかなかった。
黒人問題提起は解るけど、当時の実際の映像を途中に多く挟み込む意味が不明。本作の映像がどこまでも不十分なので、↑の暴動を斬り込むには不十分過ぎて描き切れていなかった。


ミリー(ハル・ベリー)は、家族と暮らせない子供たちと共同生活をしているが、その経緯が全く描かれていないし、隣人のオビー(ダニエル・クレイグ)は世捨て人?何をしている人間なのかも完全に不明。こんな気持ちを寄せられないヒューマンドラマある??

邦題とジャケに釣られた私もバカだけど、今回はダニエル・クレイグのムキムキ💪な肉体美と、運転する時のちょこっとだけボンド感を楽しんだだけが加点ですね😏

本当に2人が出演損してないの?とこちらが心配になりましたわ🤔
ダニエルクレイグ観たさに鑑賞。
なんだか終始まとまりがないというか...
面白くなかったわけじゃないんだけど、感動なのか悲しみなのか隣人との関係なのか、重きを置いている場所が分かりにくかった。

しかしダニエルクレイグは何の役でもかっこいい。
もっと前半から登場シーン増やしても良さそうだったのにもったいない...
楽園

楽園の感想・評価

2.9
実話を基にした作品なのかな?

ダニエル・クレイグとハル・ベリーと大物2人が共演していたので動画配信サービス『Hulu』にて視聴しました。

ハッキリ言って、あまり面白くはなかった。

鑑賞記録です。
いvva

いvvaの感想・評価

3.0
ラターシャ・ハ―リンズ射殺事件、ロドニー・キング暴行に端を発し、92年のロサンゼルス暴動にスポットライトを当てた作品。
作品を通して積極的に当時の映像が挿入されていたけど、それが作品に対して良い方向に作用しているかどうかと言えば、自分には正直分からない部分はあった。
黒人が大半を占めるミリー[ハル・ベリー]一家と、白人のオビー[ダニエル・クレイグ]が結構ご都合的に協力し合うのが印象的であったけど、当時の状況的にそれは現実と乖離していないのかなーとは思った。ミリーの子どもたちが、略奪をして白人キャスターのテレビ取材に応えているシーンは、ロサンゼルス暴動の異常性を物語っているように感じた。
それぞれの物語が少し散らかっていて、まとまらないで終わってしまったのが残念に感じたけど、そういった状況も含めてロサンゼルス暴動だったのかなー⁉
>|

あなたにおすすめの記事