斬、の作品情報・感想・評価・動画配信

斬、2018年製作の映画)

上映日:2018年11月24日

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

配給:

3.5

あらすじ

『斬、』に投稿された感想・評価

塚本映画最初から観直してみればどれもこれもがさらに良かったんだけど、これもかなり良かった。どれもこれも塚本晋也でしかない映画しかないウィークだった。こんなテーマで掘り下げた時代劇もやっぱり観たことな…

>>続きを読む
シユ

シユの感想・評価

3.7
主人公が人を斬れないことへの深掘りがもう少し欲しかった。
池松壮亮の色気がすごいし、殺陣も上手だった。
は

はの感想・評価

-

戦う理由はなくとも誘われれば動乱にも参戦もするし、人を切ったことがなくとも切迫した状況で選択を迫られれば否応なしに人を切るしかなくなる
些細なきっかけがあれば簡単に平穏は脅かされる
喪失体験があれば…

>>続きを読む
ss

ssの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

照明がすきだった。暗がりに浮かぶ人の顔とか。池松くんも塚本晋也もだけど蒼井優の農民の娘なのに画面がキマる顔と演技、華があるな〜と。屋内と室内越しの逢い引きとてもよかった。けど刀をとる理由に女が使われ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

無機質な東京というイメージが強く(『野火』からジャングルだけど)、初時代劇という事だが、閉鎖された農村も似て非なるものがあり違和感なく。
ただ、元々舞台を大きく使うような作風ではないが、特に小ぢんま…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

塚本晋也がちゃんばらごっこを楽しんでいるだけの作品。それ以上でもそれ以下でもない。

もう女性が強姦されることを主人公が心情変化する要素と化すのをやめませんか。人間の愚かさや惨さを表現するために…

>>続きを読む
だま

だまの感想・評価

-

途切れぬ緊張感と凄まじい圧にぐったり。暴力に激しく魅せられる青年。1人でも殺せば元には戻れない。一線を越えてしまう恐怖。破壊されていく人間性。暴力の連鎖により拡がる悲劇。なぜ人は人を殺すのか。暴力と…

>>続きを読む
A

Aの感想・評価

-
これみてシン仮面ライダーつくった?と言われるのも頷ける池松壮亮
栗原淳

栗原淳の感想・評価

4.0
世界観がすごすぎて、ほかげ同様引き込まれた。1.5hくらいだけどじゅうぶん。2hだと疲れそう。
Evans

Evansの感想・評価

3.6

「狂気の先に」

人を斬れない武士を描いた作品

武士としての行動と自らが取れる行動との乖離の中で、苦しむ青年を描いていた。恋をし、大義に胸を躍らせていたが、現実となると、それからの逃避しか出来ない…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事