雨あがるの作品情報・感想・評価・動画配信

『雨あがる』に投稿された感想・評価

「黒澤明の雨」があがる時

スローテンポで、時間が川のように流れていく。メンタル不調だったある時期、何度も観て救われた作品

脚本は黒澤明の遺稿。
実力が「あり過ぎる」ゆえ不遇の日々を送る浪人・三沢…

>>続きを読む
パクシ

パクシの感想・評価

3.0
すごく優しい世界。
今のような便利な世界になりすぎると人と人とのつながりが薄くなっていくけど、この時代は不便が強すぎて人と人との絆が強すぎる。だけどそれがいい。
とてもいい言葉も胸に刻めた。
黒雪

黒雪の感想・評価

2.5
この終わりかたは物足りない。雨あがりな気分にはなれなかった。このお話って「結局、何も起こらなかった」ってやつですよね。
いかにも山本周五郎らしい人情物。
寺尾聰の主人公は人物が出来すぎだが嫌味はない。

黒澤明の人情物っぽくもあるがよく考えれば山本周五郎原作も多いですもんね。
shunsukeh

shunsukehの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

三沢伊兵衛は剣の達人だが、諍いを好まず、仲良くして助け合う、そのような生き方をしている。また、自分に合わない役人の仕事には見切りを付けるが、剣術指南番としても身を落ち着けることが出来ず悩んでいる。彼…

>>続きを読む
きた

きたの感想・評価

3.9
川も木々も苔むした岩も、とても美しくて癒されます。寺尾聰の落ち着いた声も、夫婦の佇まいもよき✨

今日はひとつ、飲ませてください。
どんなに見すぼらしく、貧しくとも、見せかけではなくて、心のうちの品格を持つこと。それに誇りを持つこと。
江戸word

江戸wordの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

武士が主人公だから、勝ち負けみたいなところが話の筋なのかな…なんて勝手に思い込んでしまっていたけれど、どの時代にも必要なことを説いている作品だった。

物腰柔らかだけれど、自分の持つ正しさは曲げられ…

>>続きを読む

この作品に令和の時代に巡り会えたことが奇跡。一人の武士の生きる道がかっこいい。彼に寄り添う女性(おたよさん)もやさしくかっこいい。

〜大切なのは、何をしたかではなく何のためにしたのか
身分や肩書き…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

【勝手に映画マラソン】〜12km地点〜
前半の宴会シーンが1番印象的で、好きでした。芸達者な方々がとてもすてきで、何だか心地よい場面でした。

その点、後半は、なんとも😗

この時期くらいからでしょ…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事