ナディアの誓い - On Her Shouldersの作品情報・感想・評価

ナディアの誓い - On Her Shoulders2018年製作の映画)

On Her Shoulders

上映日:2019年02月01日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

「ナディアの誓い - On Her Shoulders」に投稿された感想・評価

2019年公開。イラク北部の村で生まれ育った普通の村娘。ISISが村を襲撃、多くの住民が殺され、女性は性奴隷として連れ去られた。そこから逃亡し、その体験を多くの場所で、国際機関などで話し、ISISへの法の裁きを求めるドキュメンタリー。
世界中の被害者、難民のために、思い出したく無い自分の過去と、今も続く悲劇を伝え続ける彼女に圧倒された95分。
simpsons

simpsonsの感想・評価

3.5
真剣な話で良い映画だったのに、
アマルクルーニー出てきた時に日本のマスコミがニヤニヤしながら近づいてきてイラついたし恥ずかしかった。
Sae

Saeの感想・評価

4.0
ヤジディ教徒が迫害されてることさえ知らなかった。辛いなかでも必死に国際社会に訴えかけているのに。ナディアは本当に力強い女性。
ムラドが、ナディアほど強い人は知らないというところがとても印象的だった。
すー

すーの感想・評価

4.0
ヤジディ教徒について全然知らなかったのでこのドキュメンタリーを見てよかったなと思う。自身の体験を語ることの辛さを抱え、葛藤しながらもなお、未だ捉えられている同胞のためメディアの前に立つナディアの強さ。

このレビューはネタバレを含みます

見たかったぁぁぁ〜!!

イラクのヤジディ教徒
→2014年に虐殺開始
ISISに占拠された街
私の仕事じゃない
→助け求めてるだけです
加害者に正義を下すのは難しい
だーいっしゅのことを話たけど無駄だった
心療を受けるためにドイツに行ったけど無駄だった、自分だけ診療を受けるのではなく、みんなのために戦いたい
21歳らしい(私と変わりないくらいの歳)
知っていても皆何もしなかった
今回は無視できないと思った
美容院を開くのが夢だった
→女の子が自分のことを特別だと思えるように
でも、できなかった
女の子であることを誇りに思う
自分は活動家より難民と名乗りたい
性奴隷になった(屈辱的)記憶と共に生きるのは辛い
どうやって耐えたの?
私だけじゃなかったから
もっと酷い人いたから
残してきた家族が心配です
恐ろしい経験を語ることで国際社会に何を伝えたい???
メディは皆何があったか聞きたがる
どうやって?あなたはどう思う?どう有名になった?
必要だとは思う
どのくらい若い子が苦しんでる?
女性が戦争に犠牲にならない方法は?
そっちの方が必要
大きなお役所は動くのに時間がかかる
理由もなく日々苦しみを味わっている
他の方法で自分の存在が知られたかった
虐殺を逃れてきたのに欧州でも同じ扱いを受けている
「もう限界」
まだ、何も変わってないだから活動を続けなきゃ
私は立派だと思えない
奴隷だった時の自分だとしか思えない
加害者が裁かれてようやく自分を誇らしく思える
radler

radlerの感想・評価

4.0
アラブの春以降の中東情勢について、報道を追い勉強していた気になっていた自分を恥じたい。民族が虐殺されている事実、それに対し、難民となってから世界に助けを求め動く人々の姿を見て、人は動かなければ何も変わらないと教えられた。
よどがわダイバーシティ映画祭
去年鑑賞
ISISによる虐殺・性奴隷から逃れたナディア
彼女の体験を国連で話す経緯を追ったドキュメンタリー
胸がギュっとする思いで観た。何でこの映画を見てる人全然いないんだ…(貸し切りだった)
声をあげることは記憶を呼び起こすことでそれに痛みが伴う。
母親の為にも、自分と同様の経験をしている人の為にも戦う彼女の言葉が突き刺さった。

アマルクルーニー(ジョージクルーニーの奥さん)美人過ぎて持ってかれそうになるわ…彼女がついてて本当に良かった。

このレビューはネタバレを含みます

最後の国連総会での演説
「斬首やレイプで数百万人が故郷を追われても、動かないなら…皆さんは一体いつ動くのでしょうか?」
この映画の狙いは、国際社会がパフォーマンスばかりで動こうとしないことへの痛烈な批判ではないか。
Hy

Hyの感想・評価

5.0
UNCHRのWILL2LIVEにて

ISISによる性奴隷被害を受けたナディアさんのドキュメンタリー

真実を世界に認知させるため、忙しく活動するナディアさんだが、画面に映る彼女は終始心ここに在らず、と言った表情に見えるのが印象的
自らを活動家ではなく、あくまで性奴隷被害を受けた難民であると定義している事に起因しているのだろうか?

国際総会での彼女のメッセージ
我々に向けられたもの
痛かった
>|