轢き逃げ -最高の最悪な日-の作品情報・感想・評価

「轢き逃げ -最高の最悪な日-」に投稿された感想・評価

轢き逃げされた娘のお父さん。
凄い…。執念が。


人間の本性と深い闇。
最後は切なかった。
oba

obaの感想・評価

3.0
劇場で観たかった映画。
キャストが有名人ばかりでなかったのがリアルに感じさせてくれた。
当事者は本当に最悪だと思う。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.2
轢き逃げ事件の話しだけど、ただの轢き逃げでは無いです。
車の運転荒いです。
轢き逃げ犯の2人がクソ過ぎで腹立たしいです。
はっち

はっちの感想・評価

3.0
こんな話だったんだ。てっきり轢き逃げされた家族の苦悩の日々…のような話だと思ってたら意外にミステリーで謎解きのようでビックリ。
あのメガネくんが藤森にしか見えず(´∀`;)
ちょっとこじつけのようでもあったけどへ~とはなる。
金

金の感想・評価

5.0
印象的な登場人物
森田輝
最初知らない俳優だし、演技がウザいなぁ...と思ったんだけど、観てるうちにどんどん引き込まれていった。
「森田輝」という人間は気弱な腰巾着的な男だと思ったらとんでもなかった。
しかも、最後のドンデン返し。
俳優の見た目のせいか、完全に脳内は吉岡秀隆でした。
森田以外の俳優もあまり知名度の高くない人たちで構成されてるから純粋に物語にのめり込めました。
まるでドキュメントを観てるかのような錯覚。その中での岸部一徳と檀ふみの安定感。素晴らしかった。


轢き逃げをしてしまった2人の青年が、事件にどう向き合うのか、そして遺族は加害者とどう向き合うのかをテーマに彼らの非日常になってしまった毎日を描く作品.........

だと思ってました。


しかし物語終盤1時間半くらいから
何かある、これはただの轢き逃げ事件じゃない...と思ってからの展開は秀逸でした。

これ水谷豊が監督・脚本したの?
だとしたら意外にも水谷豊は監督業向いてるのかも。
ここまで予想以上の結末が待っていた作品は久しぶりに出会った気がする。
水谷豊も普段のアクの強い演技を封印してたし、監督の方が向いているのでは?


#黄川田将也●バトル・ロワイヤルⅡ鎮魂歌
#山中崇史●「相棒」シリーズ
#水谷豊●「相棒」シリーズ
kebin

kebinの感想・評価

3.8
轢き逃げ事故に纏わるものかと思いきや、えっ⁉️
高みを選んだ人、高みに嫉妬し続けた人、真実を追い求めた人、幸せ絶頂期から奈落の底に落とされた人、そして全ての赦すことを選んだ人。
人の気持ちの揺れ動きや、憎悪、感謝、赦しなどを細かく映し出しています。
脚本、監督が水谷豊さんですが、凄い才能だと感じました。
kao

kaoの感想・評価

2.9
最初あまり見たことない俳優さんばっかり!と思ったら檀ふみさんと岸部一徳さんで一気に重厚感が。ちょっと中だるみもあったけど、終わり方が気になって見切ったら不覚にも泣けた。
サン

サンの感想・評価

2.7
水谷豊が観たくて鑑賞。

自分より、
子供が先に亡くなるなんて
考えてくもない。
けど、人生は分からないもの。

誰にだって過ちはある。
過ちを犯したときに
どう自分が行動するか。
それも大切だと思う。

生きていくのはしんどい。
でも生きているからこそ
幸せも味わうのだと思う。

復讐からは、何も生まれない。
ぐぐぐっとなるけど、もういっちょほしい~ってなって、3.0をつけようと思ったら、水谷豊と檀ふみが最後に一気に4.0まで引き上げる。
motcha

motchaの感想・評価

-
神戸が舞台なので期待して観たのに二時間ドラマ並みの杜撰なシナリオ。
特に前半の一時間は拷問のような退屈さ。
後半にちょっと盛り返したかと思われたけれど、ラストのどんでん返し(と呼ぶのも恥ずかしいけど)の強引さで全米が口あんぐり。
あのお、オープニングと全然整合しないんですけど……。

さっき二時間ドラマ並みと書いたけれど、二時間ドラマに失礼でした。
「中学生が二時間で描いたようなシナリオ」に訂正いたします。

神戸はきれいだったけれど、「繕い裁つ人」に続く神戸がっかり映画第二弾。
(200824レンタルDVD)
>|