ああ爆弾の作品情報・感想・評価・動画配信

「ああ爆弾」に投稿された感想・評価

岡本喜八監督ってエネルギーが凄いな。

もう漫画、アニメを実写にしている感じ。
全部が面白いわけではないけど、あるツボにハマるととても癖になる監督。

もっと色々観てみよう!
 なんだこれ!新感覚の映画だ!
岡本喜八監督5作目


出所したヤクザの親分が組を乗っ取ったペンを売る政治家に復讐しようとペンに爆弾を仕掛けようとする物語。

なんとなんとミュージカル映画だった!
最初の能から汽車の歌、ウエストサイド物語のオマージュ、銀行のミュージカルシーンなど、めちゃくちゃです。

伊藤雄之助さん最高ですね。あのキャラクターいとおしい。

日本ではミュージカル映画は作れないと思っている人はこれを観てほしい。そしてもう一度リメイクしてもいいかもしれません。
刑期を終えて出所した組長は、自分の組が政治家に乗っ取られていることを知り、復讐のために爆弾を仕掛けることを企む。

見てみたら和製ミュージカルという言葉に納得!最初は和製の曲調で難しい話かと思ったけどものすごく簡単なコメディ映画だった。どたばたコメディ感が楽しい作品。
親戚がやってるみたいでこそばゆく楽しかった
当時の人がミュージカルに影響されていたのも入りつつ、日本独自な感じになってるのがとても面白かった

このレビューはネタバレを含みます

切り口が鋭利でつなぎ目が滑らかで目が気持ちよい。

この音楽と映像の同期のさせ方は、トーキーの映画みたい。音がよい。うそ爆発とかうそガラス破壊の音。掛け声と歌。ぜったいこれは何かあるな、と思わせてくるも内容がバカすぎてそんなつまらないことを考える気は失せてしまう。顔でどうにかしようとしてくる率が高い。
あと大勢の人が踊ってるところをみるのがやっぱりダイスキ。
戦争映画じゃない岡本喜八作品の代表作と言えばこれだろう。日本の古典芸能から影響を受けただろう独特のテンポ感がひたすらに気持ち良い。とにかく全てが洒落ていて、ドンピシャ自分好みである。黒澤らの作品と共に称賛すべき能(No)=Wave作品である。
最強のミュージカルコメディ映画!
と断言したい!個人的に。
狂言からのスタートは素晴らしい!
伊藤雄之助のキャラは、一瞬志村けんかと思わせるくらい面白い!
そして、最後のオチ!
喜八監督最高!👍
c5

c5の感想・評価

3.8
◯岡本喜八によるミュージカルコメディ映画。せっかちな喜八にはぴったりなテンポだね、ミュージカル。

◯爆発するの?しないの?パートでもうひとくだりあってもよかったなー。

◯同時上映『砂の女』!?
まぬ子

まぬ子の感想・評価

4.5
噂に違わぬミュージカルっぷり 笑
ヒョォォ〜〜でわらう
いや、もはやパッケージの時点ですでに笑っていた

狂言から法華経まで、ありとあらゆる手段で目と耳を楽しませてくれる。
映像と音のバチッと合った感じ、編集の鬼。そしてそれを盛り上げる顔芸!好きすぎるわ…
まさかケツドラムまでやってくれてるとは笑

刑期服役中に組を乗っ取られたヤクザの親分が、同室だった爆弾魔と復讐を試みるお話。その復讐相手が選挙活動中の政治家ってところがまた面白い。
それにしても、立ち小便を注意された腹いせに交番に花火をしかけた罪って!爆弾魔こえーな


119に電話するシーンが現実味があって好き。日本の選挙活動は名前のただの刷り込みで、中身がないよね。

爆弾の実験シーン以降は、どこを切り取っても右肩あがりに面白くなっていくからとんでもない作品。特に、タンゴのシーンが半端ない神編集だと思う。

ィヨォォ〜?!ホォ〜
ゴルフ場のシーンがヤバすぎて頬が痛い笑
今後、歌舞伎や狂言を見る機会があったら絶対笑ってしまうわ…地雷すぎる

# 204/2018
ニケ

ニケの感想・評価

4.1
鬼才・岡本喜八の痛快コメディ

ストーリーは刑務所から出所したヤクザの親分が服役中に組を乗っ取った男に復讐を企てるというシンプルな話なんですが
もう冒頭の刑務所のシーンから度肝抜かされました。いやー凄い!こんな作品観たことない。唯一無二です

これは何の情報もなしに観て正解でした
どう凄いのかは観てのお楽しみ
ユニークな演出といいユーモアセンスといい岡本喜八は天才ですね。とっても面白かったです!
>|