バーデンの作品情報・感想・評価

『バーデン』に投稿された感想・評価

usui

usuiの感想・評価

-
道を決められること、まっとうさを取り戻すことについて環境はとても大切で昨今の宗教二世の問題とも似通っているようにみえた

2018年 アメリカ🇺🇸

2018年サンダンス映画祭観客賞を取った、地味ですがなかなか良かったヒューマンドラマ

過激なKKKの思想にどっぷり浸かっていた男が、ある女性と知り合い自らの信念を考え直…

>>続きを読む

めちゃくちゃささるメッセージ多くて感動した…。

一種の洗脳で黒人を憎むように育てられ、何も疑うことなくKKKの一員として生きるも、愛を知り、世界を知り、自分を知る。

悪人だから差別をするのでなく…

>>続きを読む
じゅ

じゅの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

burden
荷(物), (特に)重い荷物, 荷物運び, (義務・責任の)重荷, 負担, (心の)重荷, 心配, 苦しみ, (船の)積載力, (歌の)折り返し(句)

っていう訳を視聴前に調べてたけ…

>>続きを読む
けろえ

けろえの感想・評価

4.0

なかなか骨太な社会派ドラマ。

主人公は、本当の敵は黒人でもなくKKKでもなく、人間そのものだと知る。

人それぞれの価値観を、根底から覆すのは難しい。それでも生まれ変わろうとする主人公を、周りの人…

>>続きを読む
skm818

skm818の感想・評価

3.8

KKKの若者が組織を抜けるまでの話。主人公マイクと仲間たちは古い映画館を買い取って改修している。出来上がったのはKKK博物館と称する南部旗を掲げる店。こんなん違法やろと思うが、クランのリーダーのトム…

>>続きを読む
ゆう

ゆうの感想・評価

-

KKKのリーダーに育てられたバーデンはジュディと恋に落ちたことによりクランとしての自分に疑問を持つようになる。
『SKIN』も記憶に新しいけど"赦す"こと"受け入れる"ことの偉大さを感じる作品に。人…

>>続きを読む

白人至上主義者に育てられた若者が、その差別主義に決別しようと葛藤する話。
ジェイミー・ベル主演の「スキン」に似ていたがこちらのほうが希望があった。

一応サンダンスのUSドラマ部門の観客賞取ってるが…

>>続きを読む
みぽち

みぽちの感想・評価

3.5

久々キノフェス作品鑑賞🎬
KKKとして過激な活動をしていた主人公が、団体を抜けようと努める実話ベースのストーリー。
身寄りのない幼い少年たちを白人至上主義にジワジワと洗脳していくボスの恐ろしさ。少年…

>>続きを読む
たけ

たけの感想・評価

2.7

地味に良い映画。
KKKと黒人の衝突、KKKから抜けようともがく青年。過去の話と思いきや結構最近の話で、トランプ大統領を思い浮かべながら見ていた。
黒人牧師さんが途中で話す、貧しく、教育が十分でない…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事