二百三高地の作品情報・感想・評価・動画配信

「二百三高地」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

時々かなり古臭い部分もあるが、日露戦争が大きな視点で描かれていてとても良かった。
仲代達矢演じる乃木希典の将軍としての辛さ、そして丹波哲郎演じる児玉源太郎(すごくかっこいい)の殺したくなる上官ぶりの対比がとてもうまい。

一方で、下っ端の歩兵たちの無駄死に感が丁寧に描かれていて、こちらも素晴らしかった。
部下が脱走したらどうする? 銃殺刑にするか? というところを、この作品ではむしろ戦場で兵たちに「こいつは生かして帰させてやろう」と言う。私はこれを人間の良心だなと思って、とても好きだった。
親露だった古賀が捕虜の尋問中に激昂してガラリと態度を変えるのがリアル。戦争は人を狂わせる。
ロシアのアジアへの南下政策に危機感を持った日本は1904年、中国の遼東半島の旅順に要塞を構えるロシアに対して攻撃を開始する。日本陸軍は司令官・乃木希典(仲代達矢)の指揮の下、旅順の要塞攻略に挑むも多くの兵を失って失敗を続けた。攻略の進まない陸軍に対して日本の大本営は苛立ち始める。

本作は歴史上の出来事を題材にしたフィクションであるが、あくまで前線で戦った兵たちの実情をメインにしているように感じられた。

主人公は第3軍司令官の乃木希典であり、攻略が一向に進まず、幾度となく苦境に立たされ、兵士たちの死に心を痛める人間臭さが描かれていました。乃木本人はいっそのこと前線で立って戦って死ぬことを望んでいましたが、周りがそれを許さなかった。仲代達矢が度々見せる目に一杯の涙を湛えた表情が凄く印象的でした。

前線で戦うもう1人の主人公はあおい輝彦演じる小隊長の小賀武志であり、彼の心情の変化を描いた物語としてとても良かった。小賀は元々、ロシアを敬愛しており無用の流血を望まない性格だったが、戦争が進むにつれて、部下たちが次々と亡くなっていき、ロシアを激しく敵視するようになっていった。戦争というものが如何に人格を歪ませ、狂わせていくかをよく描いていた。本作では小賀の部下たちの戦争に出るまでのいきさつが細かく描かれていたため、部下たちが亡くなっていく姿は観ていて本当に悲しかった。

戦争映画として観ると、戦闘シーンが丁寧かつスケールが大きく描かれていて、観ていてもの凄く力が入ったし、迫力があって面白かった。

戦争の悲惨さを描くとともに、戦争というものが色々な思惑によって左右されるものだということがよく分かる作品でした。面白かったと思います。
パ

パの感想・評価

5.0
どうやって撮影したのかというくらい戦争がリアルで良かった。(現代に比べれば血糊やもげた手足とかはリアルさに欠けるが)

CGがない時代にここまでできるのは大層お金がかかっただろう、また人間が戦争の中で変わっていく様がよくわかる。
nicole

nicoleの感想・評価

3.7
金カムをみて、杉本たちが出兵した日露戦争を少しでも知ろうと思い見てみたが、まーーーどろっどろの肉弾戦。戦車や戦闘機がない時代、銃剣一本で機関銃に立ち向かっていき、バタバタ倒れていく敵味方を掻い潜り進んでいく。いや病むわ。普通に病むわこれ。
途中第七師団や白襷隊も出てきて、オー!!ってなるものの、もうほんと無理ゲーに挑む姿を見てやめてええええ😭ってなる
無謀な戦いとは判りながらも国の存亡のため引けない上層部、文字通り決死の覚悟で突っ込む兵士たち、死んでいく部下たちをどうすることもできないやるせなさ…杉本たちがそれぞれの理由で日露戦争を引きずる理由がなんかわかった気がしたわ…
965

965の感想・評価

3.5
ゴールデンカムイ最終話前のお祭りとして視聴しました。
連載お疲れ様でした。
重厚感があった。
現在の視点だけで見てはいけないとは思うが、それにしても突撃あるのみの肉弾戦の酷さ。それが延々と続く。見ている方まで心が壊れていく。
長いけど最後まで目が離せなかった👍
戦争の辛さを痛感するラスト…🥺

夏目雅子がキレイすぎた😍✨
学校で日清・日露戦争について学んだ時、国土の大きさも兵の多さも財政面でもあまりにもスケールの違う大国とよく戦争をしたなぁ~と思った。そして、日本が勝利したなんて信じられないとも思った。
おそらく戦略的に日本は物凄く優れたものをもっていたのだろう…等と想像していたが…。
やはり勝利の陰には、甚大な犠牲があったのだ。結果が勝利なら良いというものではないだろう。

乃木希典については評価が分かれているが、乃木が明治天皇に報告している場面での言葉が真実ならば、乃木は「聖将」と呼ばれるにふさわしいのかもしれない。

約3時間の長編。途中で「防人の詩」が流れて歌詞が映るだけのシーンがあったが、休憩の代わりなのだろうか?

どんな大義名分をつけようとも、当たり前だが絶対に戦争はしてはいけないと再認識した。
たな

たなの感想・評価

3.3
全体的に観やすくてオススメするけど、お米のシーンだけ見ていられなかった、、
dee

deeの感想・評価

-
お酒が入った父親から毎度
「二百三高地見てほしいわぁ〜〜」
って言われ続け、、
やっとみた
好きな映画のジャンルは戦争映画で
中でもこれが1番らしい

わたしが勧めた映画は即見てくれて
LINEで感想を言ってきてくれる

映画が好きになったのは父親の影響

次一緒にのむときに
感想言おうと思います 🍶
(多分酔ってわたしが見たこと忘れるからお酒の席では毎度見てほしいわぁ〜ってゆうてくるんやろな)
>|

あなたにおすすめの記事