前田建設ファンタジー営業部の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(3館)

「前田建設ファンタジー営業部」に投稿された感想・評価

ひめ

ひめの感想・評価

3.8
エンジニア魂がうずく
くだらないことに一生懸命な大人がアツい
こういうわちゃわちゃした作品好きなんだな〜
きき

ききの感想・評価

3.5
ものすごくわかりやすい、どストレートな映画なんだけど、でてくるみなさんのキャラが濃くて、かけあいみているだけでおもしろかった。
とくに町田啓太さん、彼はイケメンぽい役よりこういうくせの強い役のほうが生き生きしているなあとおもいます。
naji

najiの感想・評価

3.8
みんなが徐々に格納庫作りにノリノリになっていくプロセスが素敵
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
▪️Title : 「前田建設ファンタジー営業部」
Original Title :※※※
▪️First Release Year:2020
▪️JP Release Date :2020/01/31
▪️Production Country: 日本
🏆Main Awards :※※※
▪️Appreciation Record :2020-463
🕰Running Time:115分
▪️My Review
“地球の危機だから!”。マジンガーZの格納庫を作る。。。締めて70億円強。
めっちゃ面白いですねーこの作品。ファンタジー営業部の人達、協力会社の人達、皆さんの熱さが乗り移ってきます。熱い涙が出そうにまでなりました。
驚きますよね。この会社、この企画は実在するんですね。むしろ人気のあまり、マジンガーZ以降もシリーズ化までされています。
やっぱり共鳴していくのは、マジンガーZというアニメファンタジーが題材になってる事と、上司に押し付けられて嫌々やっているうちに、気持ちに変化が訪れるという、「巻き込まれ型」のストーリーであり、成長物語」にもなっている事が要因ですよね。観る私たちは主人公たちと同じスタート地点から、右も左もわからないまま物語に呑み込まれていきます。この物語自体に興味もなく『マジンガーZ』も知らない、というところからでも入り込めるのではないでしょうか?
「アニメの設定を現実化する」というアプローチは、アニメや特撮の世界を現実化したケースを科学的に論じる『空想科学読本』のような感じですね。本作の面白い部分は、専門家ではなく広報グループの社員が中心となって進めたプロジェクトであるということで私たちも一緒になって考えることができるからなんですね。
本作、前田建設工業が連載している、架空の世界の建造物を実際に作ったらどうなるかを工期、工費を含めて検証するウェブコンテンツを映画化しています。検証第1弾「マジンガーZ」地下格納庫編を基に、上司が発案した突飛な企画を実現しようと奮闘するサラリーマンたちを描きます。主演の高杉真宙、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明のほか、上地雄輔、本多力、岸井ゆきのらが共演。脚本をヨーロッパ企画の上田誠、監督を『賭ケグルイ』シリーズなどの英勉が務めました。

▪️Overview
ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた前田建設工業株式会社が、「アニメやゲームに登場する建造物を実際に作ったらどうなるか?」を本格的に検証するWEBコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」を実写映画化。2003年、バブル崩壊後の建設業界。前田建設の広報グループ長は、「アニメ『マジンガーZ』の出撃シーンに登場する地下格納庫を現状の技術と材料で建設したらどうなるのか?」を検証するWEB連載を提案する。広報グループの若手社員・土井は嫌々ながらもプロジェクトに携わるうち、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う社内外の技術者たちの姿を目の当たりにし、意味のないことだと思っていた業務に本気で取り組むようになっていく。高杉真宙が主演を務め、上地雄輔、岸井ゆきのが共演。「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる劇団ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を手がけ、「あさひなぐ」「賭ケグルイ」の英勉監督がメガホンをとった。(引用:映画. com)
深緑

深緑の感想・評価

3.5
凄い健全な作品。

ただ、機械とか技術とか理系的?な方向に中々興味が向かない自分にはそこまで響かなかった。

個人的には小木がちゃんとハマっていた所に一番グッときた。
機械や土木に興味がない私でも、その技術オタクっぷりに思わず熱くなる。
熱くなっている人々に熱くなって、ふむふむそうかと共感する。

実話っていうのがすごい。
栗本鐵工所や日立造船など知った会社の協力も戦友のようで泣ける😢
いや、エンジニアっていいなと思いました!✨
マジンガーZ格納庫プロジェクトに乗り気でなかった面々もしだいに その気になって行くプロセスが面白い。
そういえばマエケンの現場の仕事、昔したかも 笑
プア

プアの感想・評価

3.4
マジンガーZの格納庫を前田建設工業の技術でシミュレーションするっていう企画。
登場人物のキャラがみんな濃くて個性的で面白かった。
ファンタジーにここまで熱く語り、真剣にお仕事出来るって楽しいだろうな。
またそれに協力する人達も素晴らしい。
夢は夢と諦めずに、夢にチャレンジする、いくつもの可能性や未来が広がる。
春陽

春陽の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大手建設会社が本気で変な事を考えると、こういう作品が出来るのか…という話だった。でもマジンガーZが全然世代ではないので、この作品に出てくる女性社員の様にイマイチ萌えなかった。空想科学読本が好きなので、こういうアニメを科学で考察しようは好きなんだけどね。ただ、トンネルを掘っている所は興奮した。本当に凄い技術で、そこはとても面白かった。

そこのトンネルを案内してくれる土質掘削担当ヤマダのくしゃっとした笑い方が堺雅人に似ていて、彼を現代風にアップデートしたみたいな俳優だと思ったら、劇団EXILEの町田啓太という人で、普段の姿を見ると全然似ていない。そんな彼との女性社員の恋が始まりそうな雰囲気なのに不燃でした…がちょっと意外で面白かった。後、おぎやはぎの部長が煩すぎてひいた。

実際の前田建設のHPを見たら、リンクにファンタジー事業部があり、そこを読んで、冒頭で彼らが『自分たちはボランティアなんですよ~』と言っていた意味がわかった。(←鈍い)結構、雑に始まるから不思議だったのだよ。
miyabi

miyabiの感想・評価

3.5
えっ⁉️前田建設って、あの前田建設?本気で ファンタジー営業部が有って、格納庫造るシュミレーションしたの⁉️他の大手メーカーまで 巻き込んで。こう言うのは、男のロマン、ああ女部長さんのメーカーも有ったか、本当、夢が有って良いね‼️仕事にも 余裕がなくちゃね❗
又、ガンダムじゃなくて マジンガーZって処が良いね。
でも、自分としては、出来れば サンダーバードの秘密基地にして貰いたいな。別荘。地下基地。地下格納庫。プール等が開いてロケットが、飛び出すとか。あれこそ、無理か⁉️
>|