前田建設ファンタジー営業部の作品情報・感想・評価・動画配信

「前田建設ファンタジー営業部」に投稿された感想・評価

意外に面白かった。専門的な事柄も、興味深く楽しめた。コメディタッチで、思いの外よかった。
トモミ

トモミの感想・評価

2.6
実話だとうっすら知って鑑賞。
小木さんが何よりリアルでこういう人いるよな感、最高。
そして何より嬉しいサプライズ啓太!
ちゃんと出演者見ろって話😅
こんな社内恋愛羨ましいぞ!
大人が真面目にファンタジーに取り組む姿、熱いハート、嫌いじゃない。
dokie

dokieの感想・評価

3.6
2003年前田建設工業の片隅にある広報グループ内で、ドイが憂鬱そうにパソコンに向かうと、グループリーダーであるアサガワが突然「マジンガーZの格納庫」をつくれるかと聞かれる。適当に返すドイだが、同じグループのベッショ、エモト、チカダが途中で話に参加して、話が大きく膨らんでく。そこから本気で格納庫を作ろうと検討から積算まで計画する。しかしウェブ上だけで、実際に作ることはしない様子。
ノンフィクションというのが意外でした。そこまで本気ならば、実物の格納庫を見てみたいです。マジンガーZファンにはたまらない映画なんじゃないかなと思います。建設の工程を見れるのも一つのポイントです。
実話ベース。
ファンタジー営業部は、実際に前田建設さんの社内ウェブ上にあるプロジェクトだって。

2010年4月Project05
「機動戦士ガンダム」
地球連邦軍基地ジャブロー版観たい。
続編希望。
mmm

mmmの感想・評価

3.5
だいぶデフォルメされた演出に、はじめはフィクション映画かと思った。
調べたらノンフィクションでびっくり。

デフォルメするの得意な監督だし、笑えるシーンもあったけど、
もっと技術の話をしてほしかった。
オタクの描き方もなんか古典的でいちいち気になる。

会社の広報が前提にあるから、一般向けに笑いも恋愛も入れないと売れないと思ったのだろうか。
せっかく面白い題材なだけに残念。
庵野ver.が見たくなる。

掘削機のシーンは格好良かった!
あと結局超合金Zでパワープレーになるのは笑った。
Takawo

Takawoの感想・評価

4.0
最後のシーンで少しダレたけど、そこ以外は結構良かった。続編をドラマ化してほしい。
Rina

Rinaの感想・評価

4.2
なんか、現実にはないであろう設定なのに、ビジネス的な面が変にリアルですごく面白い!真面目にガンダムを作ろうとするとあれだけの予算が掛かって、あれだけの職人や専門家の力が必要で…それを真面目にやっているのがまた滑稽で笑
何も考えずに楽しめて、笑いどころも多くて良かった!!

このレビューはネタバレを含みます

空想世界の建造物を受注し建設したらどうなるか、前田建設の有志によって立ち上げられたウェブサイト企画を原作にした会社コメディ。

現在の建築技術で行うとどうなるかという考え方はピラミッドや仁徳天皇陵みたいな実在の建造物で話題になることはあるけど、これを空想世界の産物に対して一企業の企画として行っているところがユニークで面白い。
だからこそ話題にもなるわけだけど、そういう意味では広報企画としてはポジティブな影響力があって成功だよね。
本作はそんな話の映画化という話ですが、まあさすがにその企画会議をドキュメンタリーチックにやっても盛り上がらないので、あくまで会社コメディとして騒々しく描いている感じ。

企画を立ち上げるアサガワは大声を出しながら人を巻き込んでいくタイプでかなりウザったい(苦笑)
しかし演じる小木博明は結構はまり役だったとは思う。
ふつうは、“当初ウザったかった人物が実は裏で奔走していて、メンバーはそれに感化されて一致団結していく…”みたいな展開がベタなんだけど、この人物は最初から最後まであんまり印象は変わらないw
当初乗り気ではなかったメンバがこの企画にのめりこんでいく経緯がそういう“一個人への感化”ではなくて、あくまで方式・掘削・技術といった建設の“創意工夫の魅力”にハマっていったという展開が本作の良いところだと思う。
それによって全員アサガワと同じ地平(?)に並んだのだw

そういう建設PV的な目線で観れば面白い映画だとは思う。
ただ個人的には妙にテンションの高い会話劇に置いていかれる場面もあったというか、全体的にマンガチックな演出というところも良し悪しに感じるところがあったのも事実。
映画的にどう盛り上げるか腐心した面も感じられるけど、マンガチックになったがために嘘くさいというジレンマもあって、その辺へんは難しいところだなとも思った。

個人的に気に入っているところは、技術的な実現方式のアイデアに行き詰まり外部へ持ちかけたところ協力を申し出た企業が、いずれも真剣にマジンガーZの世界観を共有している場面。
熱いよなー。
濱田マリが真剣な顔で言う「(設計に)1年半、それまでDr.ヘルは待ってくれるやろか」、良いわw

一方で気になったのは導入部分での「マジンガーZ」に関する会話。
「マジンガーZ」を知らない人向けへの説明台詞だというのは理解するとしても、冒頭で「『スパロボ』でマジンガーは知ってます」と言っていた人物がパイルダーを知らないと言うのはいくら何でも適当過ぎる。
そこは違う人物に台詞をあてるべきだったんじゃないかねえ…。

あとは、ラストでデスラーが登場したシーンが実写(コスプレ)だったけど、どうせならそこもアニメにすべきだったかなとは思った。
弓教授に甲児やさやかも(画面ないとはいえ)アニメで登場していたのだから。
Ton

Tonの感想・評価

4.0
マジンガーZの格納庫のイメージが見始めは、ぼんやりとしか湧かなかったが見て行く内にハッキリと頭の中に構築されていた
技術者が本気で考えると凄い物になるんだなぁと思った作品です
前田建設工業凄いです。
あの人の願いも叶えてあげて下さい!
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

4.0
やっぱマジンガーでしょ!
岸井さんが超絶可愛い❤️
で、お次は何?

鶴見さん、同い年なんですが15才から第一線で活躍してるって凄すぎー!
>|