1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

ふた

ふたの感想・評価

4.8
どこでカットがかかっていたのだろう…メイキング見るまで全部ワンカットかと思うくらいの技術でした
たまには真面目な映画も良いなと思った
マッケイさん好きになるしかない…
temmacho

temmachoの感想・評価

4.3
敵陣深くに突出してしまった味方大隊に伝令に向かう2人の兵士を描く。

ボクの好きな第一次大戦モノ。

泥と死体だらけの無機質な戦場を駆け抜ける2人の姿を、全編ワンカット(風)長回しによって臨場感たっぷりに味わえさせる表現が素晴らしかった。

現実には火砲支援の無い大規模攻撃は有り得ないのでその時点で作戦中止と気がつくのだろうが、それは映画的演出…野暮なことは言いっこなし(笑)

ワンカット長回しは「バイオハザード」や「FPSゲーム」の様に見えてしまいがちだが、この作品はエンターテインメントとしてしっかりと構成されている。

三谷幸喜の【大空港2013】は本当のワンカットだが、あれはあれで凄い(笑)
mimo7391

mimo7391の感想・評価

3.8
臨場感がすごくて、映画館でみていたらもっと恐ろしさを感じたのかもしれません。
Kou

Kouの感想・評価

4.3
ワンカット風に撮られた作品。
内容としては前線に指令を伝えに行くという単純なものではあるが、
2人の兵士と一緒に進んで行くような臨場感が、見ていてとても面白かった。
Ono

Onoの感想・評価

3.8
ワンカットに見える撮影。
音源の一発どりにも似たライブ感。一瞬一瞬が正史になっていく様の目撃者になる緊張感を感じた。(=たとえばpubg等のゲームの傍観者のような感覚でもあった)

ストーリー、プロットも良く
緩急ある展開。
最後には感動に似た読後感。
ハマ

ハマの感想・評価

4.0
なんちゃってワンカットですが臨場感がすごい!
上映時間=主人公たちを見ている時間なので感情移入は難しいですが一緒に歩いてる気分になりました。
ワンカットの良さ悪さが出た発見の多い良い映画です。
mushi

mushiの感想・評価

4.2
久々に映画の中に入り込んでいるかのような没入感を感じれた作品。

ストーリー…という表現が正しいのか、映画に求めているものがストーリーである人にはオススメしない。

この作品の特筆すべきことは、やはりワンカットという普通の映画では考えられない魅せ方をしていること。

伝令役の主人公と共に戦場を追体験してるかのように感じられるのはこの作品の他にないように思える。

塹壕から戦地へ出てからのいつ撃たれるか分からない緊張感、住宅街を進む際の張り詰めた空気感の表現は他の戦争映画以上に感じられたように思う。

とあるワンシーンで主人公が涙を流すシーンがあるが、恐怖感や安堵感、複雑かつシンプルな感情が伝わってきた。
撮影を切ったりしていないから、CGじゃないからこそ伝わるダイレクトな感情のようなものがすごく感じられた。


家で見ている人は、この作品を見終わったら同じ気持ちを持つんじゃないかと思う。

この作品を映画館で見なかったことは…すごく勿体ないことをしてしまった。
pokomon

pokomonの感想・評価

4.2
迫力がある。ワンカットに見えるよう撮影されているのがこうも臨場感と緊張感を与えるのかと感動する作品。
yizumi

yizumiの感想・評価

4.1
ゲームのような感覚。
全く新しい映像表現、それにしても爆発シーンすご
緑色

緑色の感想・評価

3.9
基本カット割がないの。
見る時にはたっぷりのポップコーンをボロボロこぼしながら、1.5Lのペットボトルのドリンクを飲みながらになる。
ずっと画面を見てることになるので。

それをこの時間やるのが面白い。
>|