アメリカン・ファクトリー: オバマ前大統領夫妻と語るの作品情報・感想・評価

アメリカン・ファクトリー: オバマ前大統領夫妻と語る2019年製作の映画)

American Factory: A Conversation with the Obamas

製作国:

上映時間:10分

3.4

「アメリカン・ファクトリー: オバマ前大統領夫妻と語る」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.1
ドキュメンタリー映画『アメリカン・ファクトリー』を製作会社のオバマ元大統領夫妻を交えて
barakachan

barakachanの感想・評価

3.5
監督2人の考え方がそのまま映画に反映されていることがよく分かった
中国に対しても、特に中国の真面目な作業員に対しては大きく偏見なく描いてて、映画に良い中立性を持たせ、観客に考えを委ねる撮り方だったと思う。
2020年100本目(短編9本)
アメリカン・ファクトリーのついでに。
オバマ夫妻はこのあとどういう方法で世の中を変えていくのか。
伝えていくのか。

ストーリーテリングという手法にはたくさんの意味が込められている。

10分の対話だけどシンプルでよかった。
EnoTaka

EnoTakaの感想・評価

-
アメリカン・ファクトリーを鑑賞して、せっかく見たからにはこれもついでに見ようと思って鑑賞。約10分間の対話を描いただけの作品なので、スコアは無しで。
hikarouch

hikarouchの感想・評価

2.0
もっと米中関係に突っ込んだ話が聞けるのかと思いきや、ドキュメンタリー映画制作を通じたストーリーテリングの話だったので、肩透かし。

別にそれ自体つまらなくはないんだけど、もっとエグみのある話が聞きたかった。
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.2
ドキュメンタリー映画『アメリカン・ファクトリー』について製作者とアメリカ前大統領であるオバマ夫妻が語り合うという、ドキュメンタリー作品。

『アメリカン・ファクトリー』を先に観てからこちらを観るべきなのに、こちらを先に観てしまいました(笑)

ですが、大統領としてしか知らなかったオバマさんの社会への見方やアプローチ、人との関わり方のスタンスが見えてくるのが興味深い。

かなりの映画好きとして知られるオバマ大統領の映画への考え方や、映画を通して世の中に伝えたいものが伝わってくる10分間でした。
hitomi

hitomiの感想・評価

4.5
『アメリカン・ファクトリー』を観たらぜひこちらも、と観た方みんな言っていた理由がよく分かった。
たった10分の対談だけれど、彼らが作品を通じて伝えたかったことが非常によく伝わる。

ドキュメンタリーの意義や彼らの考え方、取材方法についてシンプルかつ明確に話していて、その考え方全てに同意できるし非常に好感。

なんか、本当にオバマ大統領って素晴らしい人だったなあと思い出しました。後任の現大統領と同じ仕事をしていた人とは思えないし、こんな政治家日本をはじめどこの国にもいないよ…

兎にも角にも、「Higher Ground」これから注目の制作会社です。
Bom

Bomの感想・評価

-
オバマさん、めっちゃ優しいお顔立ちになってる。今でもきっと絶大な信頼を得てるんだろうな。

2020年初観作品113本目

このレビューはネタバレを含みます

オバマ夫妻がこの映画の製作を支援した理由などが語られる10分程度のインタビュー。

一線から離れた二人が、政治色を出さずに自らの主義主張をおぼろげに示す方法はドラマしかない。オバマ夫妻がもともとドラマ性を意識して政治活動を続けてきたことなどが盛り込まれていて説得力がある。

なにより、この映画を生み出した二人の姿勢がいい。この映画を対立軸として描くことは簡単だったろう。マイケル・ムーア的にこの映画を作れば、それはそれで見る側を楽しませるはずだ。しかし作者二人は敢えてそれをしなかった。むしろお互いの関係に信頼を重ねてそれぞれから実情を吐露させる手法にしている。

よくよく考えると、中国企業の社長がよくのこの映画の出演を諒諾したものと感心する。この形式に落ち着かせるためにm」数々の努力を積み重ねたことが明かされる。

それぞれの家庭環境から、アメリカが製造業で大きく飛躍した国であることを認識する。アメリカは圧倒的なブルーカラーの国なのだ。彼らの雇用が守られるかどうかが、世界の覇権にかかわるのである。
>|