ひとつの太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

ひとつの太陽2019年製作の映画)

陽光普照/A Sun

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ひとつの太陽」に投稿された感想・評価

衝撃的な犯罪シーンで始まる。

お兄さんアーハオは、頭もよく医大目指して浪人中。
弟アーフーは、兄と大違いで我が道を突っ走る問題児。
アーフーにはツァイトウという悪い友達との縁が切れずにいる。

特に父親と息子達の関係にヤキモキする。
悲しい場面もあるが破天荒で笑える場面があった。

お母さんは好い人だなぁと思える。
eup

eupの感想・評価

3.8
重くて暗い話のはずなのに、あんまり鬱々としない映画だった。日常のどうにもならなさが凄く普通に日常に溶け込んでたからかな…。

とにかく皆大事なことを言葉にしなくて、言っても直接的に話さないから、起きたこと起きたこと結構唐突な印象を受けた。でも日常はそんなにドラマチックではないし、自分のことあけすけに話すこともないし、機会も相手もなかなかいないよな…と思うと、逆にこの唐突さがリアルにも思えた。

映像が綺麗で冒頭の雨で濡れた地面に街灯やらが反射してキラキラしているところや、陽の当り方だったり、そういう部分も楽しめる映画だった。
畝

畝の感想・評価

4.5
こういう感じの作品は好きです。愛憎と情が複雑に避け合っている感じ。ぶつかり合わないように不器用に避けているから、滅茶苦茶に絡まっている。
一家の次男がある事件を起こし少年院へ行く話。

印象的なセリフがいくつかあった。
お兄さんの太陽の話。
お父さんの車と人生の話。などなど

悲しい場面も多々ある作品だけど、家族が繋がっていこうとする暖かさを感じた。
悪の繋がりをなかなか断つことのできない難しさ。そして子を想う親の気持ち。
鑑賞後は一言では言えない複雑な気持ちになったけど、それを大切にしたいと思った。
最近の台湾のMVってストーリーをしっかり作って、ショートムービーみたいになってるの多いなぁって思います。しかも映像も俳優の演技もクオリティが高い。

例えば茄子蛋の新作は『万引き家族』と『お嬢さん』みたいだなぁとか思ったし
https://youtu.be/EMNhEm6tDNQ
五月天の『盛夏光年』なんかほとんどこの映画みたいだった
https://youtu.be/nlvTrcdwDLw
あ、茄子蛋のこれにはこの映画のアフン役の人が出てるし!
https://youtu.be/ulKrn-3GraI

最近の台湾で不良ブーム(?)みたいなのきてるのだろうか、そもそも社会的立場が弱い人にフォーカスする流れ近頃全世界的にもあるけど

全体的には重めな話だけど、ちょいちょいゆるいジョークがあっておもしろかった!

俳優さんたちかっこいいし女優さんたちも綺麗な人たちばかり…
お父さんとアフンの絶妙な猫背具合すき!台湾人っぽいなぁって思うんやけど、あれは何でなんすかね?バイクの乗りすぎ?かと思えば逆にめちゃ背高くてすらっとしたタイプもいるよね。そういえば台湾では今筋トレブームらしい、街を歩く6〜7割の男の人が筋トレをしているような時代だって。日本ではむしろ細い白いみたいなの流行ってる気がするから逆だな〜って思った、服装とかも台湾と日本で雰囲気ちがうらしい

あの不良友だちのヤバさ加減リアルだった〜ああいうやつおるよな。まじでこっちの話を聞かんやつ。というか聞いた上で一番嫌がることをやってくるやつ。こういう人と縁を切る方法まじで教えて欲しい、誰か本に書いたらベストセラーになると思います、私も買います

自殺の話もタイムリーやな。
20EUNI

20EUNIの感想・評価

3.5
お父さんから手帳をもらうたび、長男はどんな気持ちだったんだろう。。。
うおぉ、重たい、、。

いくら辛くても、前向いて、食いしばって、生きていくしかない。
ナヲ

ナヲの感想・評価

4.0
どこを切り取っても絵になる系映画ですね。
内容もしっかり重かった。
重すぎて一旦休憩した。

映画は無駄なものを切り取る作業だと、どこかの誰かが言っていたような気がするが、この映画はとにかく長くてもう少し短くできたんじゃないかなと思いつつ、やっぱり絵がよかったのでこれはこれでよかったのかもしれないって思った。

んー、美しい。
台湾行きたいなぁ…
toko

tokoの感想・評価

4.0
光と影…誰の心にもあると思う。

この映画は、本心を語る台詞が少ない。
兄も何も語らず自殺してしまう。
残された家族もそれぞの想いを心に秘めて生きて行く。

ぶつかり合わず距離を置きながらも親は息子を心配する。
息子の子供を産みたいという幼い女の子の面倒を見る母。
次男を避けて向き合おうとしない父。

真面目に生きようとする次男に付き纏う暗い影。
何度も裏切られても、見放せないのは家族だからなのかな。

ラストは衝撃的だけど、広い草原の光の中で抱き合う夫婦と、息子と自転車の2人乗りで木漏れ日のキラキラした光を眩しそうに見上げる母親が対照的でした。

結局、母親だけが初めから最後まで凛として今を生きてる感じがしました。


韓ドラ見たさにNetflixを入れたけど台湾映画の多さに喜んでます。
大事にゆっくり鑑賞しなくては!
ChangSu

ChangSuの感想・評価

4.1
Netflix看了他大海报很久了,终于还是看了。家庭戏刻画的不错,结尾没有很喜爱
>|