世界一美しい本を作る男 ―シュタイデルとの旅―の作品情報・感想・評価

世界一美しい本を作る男 ―シュタイデルとの旅―2010年製作の映画)

How to make a book with STEIDL

上映日:2013年09月21日

製作国:

上映時間:88分

3.7

「世界一美しい本を作る男 ―シュタイデルとの旅―」に投稿された感想・評価

ぎん

ぎんの感想・評価

3.2
途中から鑑賞。
これを見て、何気なく嗅いでいた本の匂いも特別なものになった。内容を殺さないところで勝負している。けれど、こだわるところは突き通す。本てすごい!深い!
出てくる写真家、みんな写真家に見えないほど、普通に穏やかに暮らしてる。良い。
Yushi

Yushiの感想・評価

3.8
常にアーティストと真摯に向き合いながらも、意見を違わせる場面においての確固たる自信、YESと言わせる勢い。そしてそれを裏付ける膨大な知識と経験の一端をも垣間見ることができる。

幼少期から育まれた、紙とインクに対する愛情。プライベートを捨て、本の仕事に捧げる人生。
miki

mikiの感想・評価

3.7
印刷物へ対する愛情が読み取れて
改めてものづくりはいいなと思った
序盤見逃してしまったので、もう一度しっかり見たい映画だった
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
ドイツの小さな出版社の経営者ゲルハルト・シュタイデルの本作りを追ったドキュメンタリー。本作りのこだわりと完璧さの追求。紙、デザイン、印刷への愛情と情熱。世界が認める職人の姿に惚れ惚れした。
作家、写真家、デザイナーが、とっておきの本を作るためにゲルハルト・シュタイデルに依頼。装丁だけでなく、本をストーリーとするために、載せる内容の選択や配置、色合いまでに拘り、妥協を排し一緒に創り上げる。
Osan

Osanの感想・評価

3.6
「ジャケ買い」という言葉があった。
本にも「装丁買い」があるだろう。
本の中身、メッセージを醸し出すために、紙質、紙の匂いまでコーディネートして装丁を作り上げている姿は、一つの芸術である。
kan

kanの感想・評価

-
大御所ロバートフランクがポラロイドやinstaxwideだけではなく、HOLGAまでも使いこなしているとは知らなかった。。若い。
触ってみたい!嗅いでみたい!と羨ましくなるような本ばかり。それでいてきちんと会社として成り立っているのが本当にすごい。45人でどうやって回しているのか、その辺も詳しく知りたいところ。
シュタイデルさんがとにかくチャーミングなのでドキュメンタリーとして普通に面白い。
デザインから印刷からなにから全て完結できる実験室みたいな事務所持ちたいっていう僕の将来の夢を実現してるおじさんがいた
NUMATA

NUMATAの感想・評価

-
物語と言うか、ドキュメンタリー映画。本気で何かしてる人はかっこいいし、見ててヤル気でるよ。
>|