あのこは貴族の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

あのこは貴族2021年製作の映画)

上映日:2021年02月26日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

あらすじ

「あのこは貴族」に投稿された感想・評価

L

Lの感想・評価

-
刺さったセリフが多かった
みなさんのレビューのセリフもそうだし、序盤で華子が慰めに対して放った「出会えないならいないのと同じだよ。ぴったりの人って、たぶん一番の高望みなんだと思う」っていうのも心に来る…本当にそうだよなあ
ぽてこ

ぽてこの感想・評価

4.0
原作既読。色んな階級の女性の話。見てるだけで息がつまるような世界のなかで、でも窒息寸前の自分自身にすら気付かないような生き方をしてきて、皆がしてるからって結婚を急いでやっぱなんか違う、って離婚してって未来の自分を観てるような気持ちになってドキドキしてしまった。でも華子が初めて自分の意思で外の世界に飛び出して今度は本当の自分のこころで幸一郎さんを好きになるのかなって想像させられるような終わり方がすごくよかった。
いいなと思う台詞はたくさんあったけどそのなかでも女性同士で憎み合うような風潮が作り上げられてるけどそんなことする必要はない、みたいな台詞がすごくこころに残った。でも女の敵は女だ、って思うことは数えきれないからそれはきっと理想のお話🤫

門脇麦、水原希子、石橋静河、個人的3代推しが集合してて目も潤わせていただいた。お嬢様感のあるおっとり麦ちゃん可愛かったし、どこか現実見すぎて冷めてるけど心は温かいのが伝わってくるようなクールビューティ希子様も、海外女子特有のサバサバ女子石橋静河も素敵だった。

自分を持った女になりたいな~~~
1303

1303の感想・評価

3.9
舞台装置の隠喩や巧みな視点誘導、敷写し呼応し合う場面同士の相関関係構築など技巧の高さが際立って見えますがそれ以上にフェアで優しい今日的なテーマ性から目が離せません。
選び取った現状を正面から受け入れる過酷さと閉鎖された環境下で役割通り立振る舞わなくてはならない窮屈さに辟易する日常を、誰かと理解し合う一瞬の為にだけでも生きてはいけないかと言われている気がしました。

このレビューはネタバレを含みます

延々と自分とは関係のなかろう世界が映し出されていてずっと楽しい。しかし自分にとって人生で大切な瞬間がとても美しく描かれていた。トキメキの瞬間と、誰かと何かを決断する瞬間
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.6
ストーリー :⑧
メッセージ性:⑩
演技、人物 :⑩
表現、世界観:⑨
のめり込み度:⑧
余韻    :⑩

終始やさしい表現で、力を抜いて観られる作品。
周りの目や”こうあるべき”っていう固定観念に左右されて、自分の心に嘘をついて生きるのは本当の幸せじゃない。
アラサー女子の私にとって、共感したり刺さったりの連続でした。

敵が現れてバチバチするのかと思いきや、自分と全然違う人に会うことで自分の心と向き合いはじめるというのが、ありそうで新しい感覚だった。

「住む世界が違う」ってよく言うけど、みんな同じ世界に住んでるんだよね。
S

Sの感想・評価

3.5
決められた枠から踏み出す自立の物語。小説の挿絵のような、さらっとした映画。

知らない貴族の世界を垣間見るのはとても面白い。これは小説で読みたいな、と思ったので、すぐ購入。
上流階級の高良健吾。
そこそこ良いお家柄の門脇麦。
一般庶民の水原希子。

それぞれの人生〜
2項対立にならず、何層にも分かれてる階層
最後まで交わらない・交われない壁
でもどんな立場にいても変わらない大切なもの友情
Anne

Anneの感想・評価

4.8
本当に最高だった。原作がしっかりあって、でも語りすぎず。カット転換やカメラワーク含め演出が上手くて、全員がハマり役だったからだな、と。

お気に入りのセリフを3つほど。

第3位
「東京って棲み分けされてるから、違う階層の人とは出会わないんだよ。」

第2位
「事情は分からないけど、どこで生まれたって、最高って日もあれば、泣きたくなる日もあるよ。でもその日何があったかを話せる人がいるだけで幸せなんじゃない。旦那さんでも友達でも。そういう人ってなかなか出会えないから。」

第1位
「日本って女を分断する価値観が普通にまかり通ってるじゃないですか。おばさんや独身女性を笑ったり、ママ友怖いって煽ったり、女同士で対立するように仕向けられるでしょう。本当は女同士で叩きあったり、自尊心をすり減らす必要ないじゃないですか。」

ラスト3分のところでじわって込み上げてきた。

p.s.
水原希子の東京デビューがドストライクすぎて、めっちゃ写真撮った。鑑賞&保存用。
外だの内だの。一緒にいて楽で好きになる人がいて、好きにならなきゃいけない人、一緒になるべき人がいて、でも一緒になりたい人がいて。育ち、階層、品性、息が詰まりそう。気に食わないと育ちのせいにしたり、結婚、出産、家族からよかれと紋切り型の人生を歩まされて本人が置いてけぼりだったり、そうした押し付けの価値観や旧来からの女性像に一石を投じてるように思いました。それぞれの立場を悪く損ねることなく生き様を映し出している印象でした。

自分らしく生きることとしての美紀、逸子。
飾らずに自分の人生を自分らしく生きる美紀に出会い、華子は輝きを取り戻したように見えた。その日の夜、ニケツしてるヤンキー女子に手を振るシーン良かったよ。

「どこで生まれたって最高って日もあれば泣きたくなる日もあるよ。」

あなたにおすすめの記事