アイダよ、何処へ?に投稿された感想・評価 - 3ページ目

『アイダよ、何処へ?』に投稿された感想・評価

yoshis

yoshisの感想・評価

1.2
何度も睡魔に襲われて、その都度巻き戻して観るを繰り返し、気づいたら終わってた。
mayu

mayuの感想・評価

3.7

2022.80本目 WOWOW

スレブレニツァの虐殺
初めて知りました
世の中のことを知らなすぎる自分に嫌気すら

どうして戦争はなくならないんだろう
どうして同じ人間同士なのに
なんの力もない人…

>>続きを読む
yukko846

yukko846の感想・評価

4.2

ボスニアヘルツェゴビナ紛争でのスレブレニツァの虐殺。
うーん、すごいのきた。ウクライナのこの状況下でキタコレだよ。史実を知らなかったのであまり調べずに鑑賞。すごく嫌な予感がしてたもんだから逃げ出した…

>>続きを読む
まー

まーの感想・評価

4.5

しんどい内容ですが今こそ観なければならない映画。

ボスニアヘルツェゴビナ紛争のスレブレニツァの虐殺を題材にした作品。
撮り方はサウルに近いものがあり、実際にあの場に放り込まれる感覚を覚えます。
演…

>>続きを読む
mh

mhの感想・評価

-

スレブレニツァの虐殺を追体験するコンセプトのセミドキュメンタリー。
セルビア人勢力(スルプスカ共和国軍、いわゆるチュトニク)によって8000人ものボシニャク人(作中「ムスリム」)が虐殺される一部始終…

>>続きを読む
nobu0326J

nobu0326Jの感想・評価

3.7

1995年7月ボスニア・ヘルツェゴビナ。
国連の通訳として働くアイダの視点でその日の生々しさが描かれる。
当たり前のように人々が殺される。
ラストの子供達の穢れなき瞳、かけがえのない笑顔が未来永劫続…

>>続きを読む

ボスニアの紛争で1995年に起こった、
「スレブレニツァの虐殺」を元にした実話ベースの映画。

セルビア人の武力制圧によって町を追いやられた一般人。
主人公の女性アイダは国連軍の通訳として働きながら…

>>続きを読む
Yoshiem

Yoshiemの感想・評価

3.0

WOWOWで鑑賞。戦争ものは観たくないけど観なきゃいけない時もある。国連の無力さ、国連の人さえ保身。命の尊さなど戦争では関係ない。悲劇を繰り返しす愚か者は人間、権力者。なぜ戦争はなくならない?我々も…

>>続きを読む
2022-234

ここまで理不尽に人の生死を決められるものなのか...セルビアの非道さと国連の無力さにただただ悲しさを覚えます。主人公を職権濫用と言うのは自由だが、皆同じことをやるでしょうね。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジェノサイドなんて現代社会にはないと思ってた。
しかも国連という組織がある世界で。
冒頭ですでに、強引にやったもん勝ちで、どんな時代になっても組織なぞ全く役に立たない事だけはしっかりわかった。

こ…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事