サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

ホロコーストの現場に居るような感覚に。
うさこ

うさこの感想・評価

3.8
久しぶりにこの手の作品見たけど胸くそ悪さは相変わらず。
サウルの息子をきちんと葬りたい気持ちが突っ走ってハラハラしっぱなし。最後のサウルのすべて報われたかなような表情がなんとも言えなかった。
柴猫

柴猫の感想・評価

4.0
アウシュビッツ収容所にて、同じ囚人でありながら囚人達をガス室に送り、死体の処理をさせられていたサウルというゾンダーコマンダーの物語。
ほとんどのシーンがサウルの背後からの映像であり、視界が限定されることで自分自身が見ているような錯覚を覚える。

「息子」に関して様々な解釈があるが、個人的には強制収容所を実際に経験したヴィクトール・フランクによる著書「夜と霧」での語りを想起させられた。
彼はこの本のなかで、人が人であるためには絶望的な状況の中で「希望」を持つことがいかに難しく大切でどうすればいいかを説くのだが、サウルの息子もまさにその希望だったのではないか。
つまり、息子をきちんと埋葬するということが彼にとっての生きる意味であり、自分が自分であるための希望だった。

しかし、これは同時に周りの収容所からの脱走を「希望」とするゾンダーコマンダー達とは一線を引くものでもある。
彼は何度か逃げるのを拒むような意志を示すが、それは彼にとって収容所から脱走し生き残ることは希望になり得なくなってしまったということを意味するのかもしれない。
虐殺に手を貸してしまったことや自分が生き残り続けていることへの罪悪感なのかはわからない。
ただ、彼が自らが生き延びることよりも「埋葬」という死者への礼節を優先し、しがみついている姿は見ていて本当に辛くなった。
何を思ったとかでなく、辛くなったという感想しか出てこない。

この映画で何か感じた人は、よければ「夜と霧」という本も読んでみて下さい。
自分も読み返します。
この方式、最初は目を引くけど、逆に想像力を舐められてる気がしてすぐ飽きる。
細野

細野の感想・評価

3.5
これは怖いん
同胞であるユダヤ人の死体を片付ける仕事をさせられるサウル。殺された息子を埋葬する為に彼は逃げる。
最後は、、、
あ

あの感想・評価

3.7
ドイツアウシュビッツ
ユダヤ人大虐殺の任務を強制的にやらさらるユダヤ人
者々

者々の感想・評価

4.2
ゾンダーコマンドの詳細を知らなかったので終始?の部分がありました。予習が必要でした。撮影技法は確かに観にくいですしセリフも小さく誰のセリフかわからないところもありました。でも確かに革新性がありストーリーの展開に不安になるほど入り込んでました。とにかくリアルそのもの。最後にみせるただ1つの笑みに全てが持っていかれるあの感覚をあなたにも。是非借りずに劇場で観たかった一本です。
うたお

うたおの感想・評価

3.3
 彼の背中。そこには赤いペンキで大きく❌と書かれている。

 その背中越しに映し出される彼の日常。
シャワー室に裸で詰め込まれる人々。叫び声。銃声。死体。死体。死体。 
見ているだけで頭がおかしくなりそうだ。この悪夢のような世界が、本当に現実なのか。


 むごたらしい現実を、彼の背中越しに見せる映像。それは、直接的に見せるよりも、想像力を働かせ、ひどく辛い気持ちにさせた。音が、ない。ただただリアルな世界がそこにはあった。

 観終わった後、ほんとに重い気持ちになるし、私は、正直、冒頭から結構堪えました。覚悟して観てください。
chika

chikaの感想・評価

3.2
最後まで辛い映画。でもこのようなことが事実であったのを知ることができる、良い映画でもあると思う。
>|