サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

福之助

福之助の感想・評価

4.0
[世界に1つの願い]
ある日地球上のあらゆる生物に神様は言いました
ただ1つ願いを叶えてやろう
1番の願いを1つだけ
願いは叶い地球上から人間は全ていなくなりました。

ユダヤ人への迫害をテーマとした映画を観るたびに心がボロボロになる
余りにむごい
人間ほど勝手で残酷な生き物はいない
ゾンダーコマンドの話なので鬱になるのは覚悟してたが灰の記憶の方がまだマシ。開始10分持たずにSAN値直葬。

まあそんな冗談はともかく、カメラワークが独特だなあという印象を受けた。カメラは常に主人公にピントが合っておりエグい背景は幸いなことに(?)全てボケている。敢えてボカすことであの惨状をドヤァ酷いやろ!と見せつけないで、この光景が主人公にとっては日常(日常なのが寒気がするほど異常なんだけど)なので敢えてピント合わせないんですよという意図かなと推測する。
全体を通して絵の色合いとか雰囲気は炎628に近いと感じた。娯楽映画的メリハリはなく時間が過ぎていく。

そもそもあれは本当にサウルの息子なのか?サウルが少年に異常な執着を見せたのはなんでなのか?もしかしてこいつ既に頭おかしいのでは?最後にサウルが笑ったのはどういう意味?この映画結局何が言いたかったの?・・・と独特のカメラワークも含め謎は尽きない。
考察好きな自称映画通ならこういうの好きなのでは。

まあ安易に人にはオススメできないし、あまりにも鬱になるのでもう見ることはないかなってかんじです。でも見た人が近くにいたら是非考察を聞きたいね
Risa

Risaの感想・評価

3.5
最近観れてないので いつか観たのに書きそびれてるものを。

アウシュヴィッツ強制収容所の話。。

ガス室に裸になって入り人が大量に死ぬというのは もはや お馴染みの内容と言うまでに知れ渡っている事。
今回は 主人公(サウル)がゾンダーコマンドであり、つまりは死体処理等をする立場である事。後々は自分達が処理されることを理解しながら日々を過ごす主人公達。
死体処理の中から 自分の息子と思われる死体を発見し、埋葬したいと考えます。。
日本人の火葬文化とは違うので 死体を燃やすという事は 恐ろしく思っているのかなという様子から、日本人の想像では収まらない心境で死体処理をしていた事になります。

映像は主人公の目線で映されるので 画面距離が全体的に近く、かなりの圧迫感で映されるので、気持ちを押し殺しているところが 本人と近い距離でずんと解ってしまうような感覚です。音も 目線に合わせて 立体的に聞こえるので 位置がはっきりとし、本当にびっくりするほどに 体力精神力を消費してしまいます。

最終的には人間の命の尊さよりも、子どもという 存在の尊さにフォーカスがあたってます。
体力のある男には ゾンダーコマンドをさせ、力の無いものは全て殺害していたこと。それは ユダヤ人を奴隷として扱う訳ではなく、全滅を目的としていることを意味してます。

台詞少なに、目線、立場の共有で 理解させてくる映画。この訴え方は 非常にきつい。。

他のユダヤ人迫害映画と比べての重さの種類の違いにハンガリー感を感じますね〜。

数ヶ月後には自らも死ぬ運命であり、生きてる数ヶ月間同胞を処理し続けるくらいなら すぐに死んでも良いと思うくらいの方が正常。だから、サウルの行動は何1つ 不思議で無い 正常な行動だったと思います。

死んだ息子を自らが発見できた事、足掻いてみた事、何も出来なくて 悔やんだ事、それらの出来事は 他の何もなく 同じゾンダーコマンドとして生きて死んだ人と比べれば 幸せな事です。

最後の 和らいだ笑顔と その後に 少し救われました。
眞由

眞由の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「息子」を正しく埋葬するために奔走するサウルの話。

カメラワークが斬新。
ほとんどサウルの顔しか映らず、周りの状況がはっきりわからない。

ラストが全然分からず解説読んで理解。
宗教知らないとダメだなあ。
カメラこういう風に使うんだ、新しい〜! かっこいい〜! 必然性〜! カンヌも納得〜! と親指立ったが、その後主人公が何やってるのかよく分からない、撮り方の性質上場面がどうなってるのかも把握しづらく、集中力を保つことが困難に。
でもこう言う存在は知らなかったし、ほかの評とか見てより楽しめるタイプの映画だと思った。色々関連作品見たい。炎628と近しいものを感じて、戦争映画はやっぱり好みだ。
でもやっぱり本当の意味で楽しむには劇場で見ないとダメだね。特に音響と集中力
gen

genの感想・評価

4.0
ゾンダーコマンダーの人生2日間の映画。独特というか、主人公視点のカメラワークは、主人公の精神的状態が表現されていて周りははっきり描写されてない。同胞の遺体を処理しなければならない任務と絶望の中で、最後ははっきり子どもが写し出される。
Na

Naの感想・評価

3.7
ゼミで観たけどカメラワークが斬新で主観的に観れる。含みのあるラストにとても考えさせられた。
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.7
ストーリー性はないに等しいが、映像がかなり独特なので、必ず印象に残るであろう映画。
なにか青白いものが山と積まれている。よくは見えないが、どうやら人間の形をしてるらしい。ドイツがユダヤ人を虐殺したのは知ってたけど、虐殺した部屋の掃除とか死体の処理とか、その後のことを考えたことなかった。あぁ、この人たちはユダヤ人の死体をまるでただのゴミのように処理する仕事をしてるのか…
言葉による説明も少なく、映像による情報も少ない分、上記のことに気づいた時ゾッとした。この作品はフィクションだが、行われていたことは事実である。

この虐殺が、世界の歴史上で実際に行われたことだと知ることができる。それだけで、ユダヤ人大虐殺は歴史的に意味があったのだろうと思った。
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.4
正直自分の中でもこの映画のラストがまだ解釈できていないけど、残虐な映像は映し出すだけで意味がある。これを見るに当たってゾンダーコマンドに対して何の知識も持っていなかったが、サウルは最後まで人間の尊厳を忘れなかった。それだけは確かなことだろう。
た

たの感想・評価

4.3

日曜の朝から見る映画ではなかった。
だからといって観るのに適したおすすめの曜日はないかな

ホロコーストについて、重めだけど撮影方法のおかけで何とか観れる

2018_18
>|