サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

むずかしい、手法がどうのこうのと言われてる作品のようだけど、映画素人なので純粋にわかりにくくてそれに助けられてみれて、でもそれがもっとおそろしかった、息子は息子じゃないのかもしれないしそうかもしれないね、火薬落としたくだりだけは?????となった
タイトルの意味を考えさせられる映画。
狭い画角のカメラワークは賛否両論だろうなと思う。
arakara

arakaraの感想・評価

4.8
流れ作業のように人間を処理するシーンに恐怖した。
一人称視点で常に主人公のアップ、揺れるカメラ、ピンボケの背景、所々映る死体、私には高尚過ぎました。
息遣いや布の擦れる音が自然に聞こえ、物音や声の方向、距離もはっきり分かり音響は凄く良かったと思います。
onthe

ontheの感想・評価

-
少しの命、わずかながらの好待遇(そして生き残るチャンス)と引き換えにナチスに協力し、同胞の殺人に加担する選ばれしゾンダーコマンド、であるサウルを主人公に描かれるアウシュビッツ。彼はゾンダーコマンドによる蜂起計画の重要な役割を負いながらも、収容所で殺された「息子」の遺体をきちんと埋葬することを使命とし奔走する様子がひたすら描かれる。彼の一見不可解な言動は、一人称的に表現されることによって一層真実味を帯び、その意味を観客は問われることになる。かなり史実に基づいているらしい。ユダヤ人はどのように殺されたか、単なる事実として以上に知ることができるのはもちろん、サウルの心境が直接に明かされない分すごく考えさせられた。また、ゾンダーコマンドは被収容者たちにとっては裏切り者であり、生き残ったゾンダーコマンドが他の生存者に殺されるということもあったのだが、もし自分だったらどうするかについても考えてしまう。必ずもう一度観たい。
ありー

ありーの感想・評価

3.0
撮影方法が独特で生々しくホロコーストを体験したような気分になる
人によって解釈の仕方が違って面白い
湯の華

湯の華の感想・評価

3.8
ホロコーストで実際したゾンダーコマンドに所属するサウル。アノ子はホントに息子なのか?想像絶する過酷な日々の中、壊れた精神が行き着いた懺悔や後悔などの表現が自称息子の正式な埋葬にあったのかな?異常なほど執拗にラビを探す姿は狂気
Hiroya

Hiroyaの感想・評価

3.7
内容が重過ぎてきつかった...

重苦しい映画ばかり観ているけど
この映画は特にきつい...


映像の妙に気付かされる作品です。
見にくいという意見もあるでしょうが、全てを見せないことの恐怖ってあるんじゃないでしょうか。
それを本当に思いました。
misaki

misakiの感想・評価

-
なんだこの映画は。

嘘でしょ。
この終わり方。。

もう何も言えない。
atsokt

atsoktの感想・評価

5.0
遅ればせながら、圧倒されました!
すごい才能。
>|