アイダよ、何処へ?のネタバレレビュー・内容・結末

『アイダよ、何処へ?』に投稿されたネタバレ・内容・結末

また新たな歴史を知ってしまった。どうしてもっと教科書に記載しないのか、、。
もっと映画化もして、多くの人に知れ渡るべき。なぜなら同じ過ちを犯さないために。もうすでに起きてしまっている現実に目を向ける…

>>続きを読む

いつだって戦争に関わる男はクソ。

公式
aida-movie.com

故郷ボスニアの紛争の傷跡描き続ける女性監督ヤスミラ・ジュバニッチ『アイダよ、何処へ?』インタビュー映像到着!
tokushu…

>>続きを読む

恥ずかしながら、ボスニアの紛争の知識がなく、作品を観る前に1995年の"スレブレニツァの虐殺"を調べてから鑑賞。
凄い作品だった。平和ボケの日本人からすると理解できないが、最近まで隣人、友人だった人…

>>続きを読む

ジェノサイドなんて現代社会にはないと思ってた。
しかも国連という組織がある世界で。
冒頭ですでに、強引にやったもん勝ちで、どんな時代になっても組織なぞ全く役に立たない事だけはしっかりわかった。

こ…

>>続きを読む

セルビア兵よりも人間らしい生活をしている住人、ジャーナリスト、終戦後の住人のほうが印象悪く映しているよな。

セルビア兵が"悪"で前述の人たちが"罪"みたいな。

アイダは常に怒りの表情をしていて、…

>>続きを読む

スレブレニツァの虐殺を描いた映画。国連部隊の通訳を務めるアイダ。スルプスカ軍に攻められ国連の安全地帯に避難するスレブレニツァの人々。国連は全く機能せず、軍の思いのまま。人々を移送するという軍の言葉を…

>>続きを読む

大雑把にユーゴの紛争と捉えていたことを細かく知るようになったのはノーマンズランドを見たこととあの辺に旅行に行ってから。分かっている事実をアイダと言う女性の視点で見ることで理不尽さが浮き彫りになる。民…

>>続きを読む

セルビア人勢力によって占領されたスレブレニツァ
街の住民が国連の基地に逃げ込むが現場に丸投げの無力の国連には何も出来ない
住民はセルビア人の軍隊によって別の場所に移送されることになるが国連で通訳とし…

>>続きを読む

<善悪を二分できない民族紛争のリアル>

全体に喧騒と静寂が際立っている印象を受けた。喧騒は侵略の恐怖から逃げ惑う住民から巻き起こるもので、静寂は意外にも侵略者による殺戮のシーン。銃が向けられ銃声は…

>>続きを読む

あらすじ…1995年、ボスニア・ヘルツェゴビナ。国連平和維持活動隊・オランダ軍の通訳係・アイダが主人公。首都スレブレニツァは国連の指定する『安全地帯』で、ボシュニャク人が大勢集まっている。周囲を包囲…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事