夜霧のマンハッタンの作品情報・感想・評価

「夜霧のマンハッタン」に投稿された感想・評価

他にも書いている方がいるが、色んなジャンル要素があって中途半端になってしまった感はある。アイヴァン・ライトマン監督なので、コメディの要素を強くするべきだった気もするのだが、笑える部分はあまりなかったと思う。

かといってサスペンスとしても緊張感があるわけでもなく、やはり失敗作だったのではと感じざるを得ない。
粉雪

粉雪の感想・評価

3.3
邦題からもっとロマンチックな映画かと思ってたら、結構ドタバタコメディでビックリした。原題見て納得。
ストーリーはツッコミ所は色々あるが細かい所は置いといて、素直に楽しめました。コメディタッチのレッドフォードもいいですね。しかし、ここでも女に弱いのか。モテモテですな。
デブラウィンガーがいい感じで、レッドフォードと合ってました。ダリルハンナはどうしてもこういう役なのね。気楽に楽しめる楽しい映画。
タイトルやジャケットからは想像つきにくいが、意外とライト感覚な作品。
お気楽なレッドフォードが魅力的。
こんなにミステリーだとは。タイトルからすっかりラブストーリーだと勘違いしてた。
これは、サスペンス映画っぽくもあり、すべったギャグ映画っぽくもあり、アクション的でもあり、非常に半端な映画だった。

そもそもロバート・レッドフォードを主演にするのであれば、サスペンス映画に徹すればそこそこ見られる映画になったのかもしれないが、監督がアーヴァン・ライトマンだから無理かも…。
santasan

santasanの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

検事補が被告人と寝た挙句、途中から同じ事件の弁護士になるってあり得るんかww。チェルシーって刑事被告人のはずなのになぜに次の殺人現場にいるんだ。…と様々な疑問も感じつつ。まあ法廷は割といい加減でどちらかと言うとラブコメだからしょうがないか。
pier

pierの感想・評価

3.7
物語はサスペンスながらコメディタッチで楽しい作品。
ちょっと軽いレッドフォードも良い。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2015/1/5鑑賞(鑑賞メーターより転載)
亡くなった画家である父の焼失したはずの絵が残っている?という娘の疑問を解消すべく動く、検事補の男と弁護士の女。基本サスペンスだが、コメディ路線主体のアイヴァン・ライトマンの映画らしく立場が真逆な2人が協力して動くというコメディタッチな部分もあれば、2人の男と女としてのロマンス要素もあったりして、元々軽いノリが贅沢に盛り込みすぎてさらにサラリとした感じなのが個人的には惜しい気がする。ストーリーよりは、このノリが似合うロバート・レッドフォードと存外にキュートなデブラ・ウィンガーの掛け合いを楽しむ映画か。
あまり硬く考えすぎると観れなくなる作品。けっこう都合よく物事は進んでいく。

ダリル・ハンナ、デブラ・ウィンガー、テレンス・スタンプみんな若いがレッドフォードが若くてカッコいい!そりゃモテるわ!

最初も最後もよく家事になる作品でした。タイトルに出てくる夜霧感はない。
tom

tomの感想・評価

3.4
夜霧って火事のことか?
ダリルハンナが綺麗だった。
法廷娯楽ラブサスペンス。
>|