ボストン市庁舎の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

『ボストン市庁舎』に投稿された感想・評価

wowowの録画で。人の話を我慢強く聴き、咀嚼して、自身の経験を元に意見する重要さ。それを認識させてくれる作品でした。これがドキュメンタリー‼️
No.3608

長いのは長かったが、

なんせ私は今年、渋谷のシアター・イメージフォーラムで原一男監督の『水俣曼荼羅』を見てるので、

それと比べれば、もう、たいていの映画はそこまで長いと感じなくなったw。

ちなみに水俣曼荼羅は372分(=6時間12分)で、ボストン市庁舎は272分なので、さらに100分長いことになる。

=======================

ボストンといえば、メジャーリーグの古豪、レッドソックスのホームタウンであり、NBAではセルティックスの本拠地。

近郊にはハーバード大学やマサチューセッツ工科大学もある。

面積は大体、大阪市と同じくらいだが、人口は約65万人と、大阪市の4分の1くらい。

ここにかつて、松坂大輔や上原浩治などのメジャーリーガーが住んでいたわけだ。

大体そんなイメージ。

====================

ドキュメンタリーというよりも、NHKでやってる「ノーナレ」みたいで、

画面に映ってるのが誰なのか、一切説明がないので、自分で考えたり推定しなきゃいけないのがしんどい。

ただ、マーティ・ウォルシュ元市長(現・合衆国労働長官=United States Secretary of Labor!)の熱意は良く伝わる。最初は、話が長い人だなーと思ったが、

よく考えたら、政治家、首長が何かを人に伝えたり、住民に自分の意思・意志を明確に伝えようと思ったら、

話が長くなるのは当たり前で、その長さがそのまま「誠意」になる、ということを、

日本人は忘れていないだろうか。

少なくともウォルシュ市長は、市民を前にして、つまんない親父ギャグを言ったり、日本の政治家がしょっちゅうやらかすような失言をしたりしてないし、(あくまでこの映画の中ではね)

そんなそぶりも見せない。当たり前っちゃ当たり前。そんな余裕がないのよ。
4時間超えのドキュメンタリー。時間にひるむ人は細切れでみてもよいかも。ここのシーン終わったら次はココのしーんというような感じなので。
いちばんよいな、と思ったのは結婚式のシーンですね。誓いだけのやつでたまに映画でみるあれ。幸せなひとをみるのはとてもよいものだ。
これを見て思ったのは、人の話・意見を最後まで黙って聞く人が多いな、と思いました。心に刻みたい。とにかく最後まで話を聞くところからしか対話は生まれない。
nao

naoの感想・評価

4.0
4時間34分もあるドキュメンタリー作品なので録画で2回に分けて観た、時間が許すなら一気に観る事をお薦めしたい。
対応の遅い仕事の代名詞「お役所仕事」という言葉はボストン市役所には当てはまらない。本来の市政の在り方を目指している仕事はとても興味深い。
終盤の集会で国歌斉唱は素晴らしく、アメリカ国歌の歌詞を字幕で観てこのような事が歌われていたのかと初めて知った。
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

4.3
市庁舎の仕事は「生活」そのものだなと思いました。
それと、こんなに多義に渡る物事をまとめて見せようとしたら4時間半とかに、そりゃなるわと(笑)

このドキュメンタリーの良いところは、とにかく市庁舎で働く人達とその仕事にフォーカスしていた所。
出来るだけ意見を聞き、前向きにどうするべきかに重きを置いているような所が印象に残った。
この映画を一言で言えば、頑張ってるボストン市庁舎応援映画って感じです!(笑)
『グッドウィルハンティング/旅立ち』
において、ロビンウィリアムズ扮するショーンが、なぜ深い心の傷を負ったウィル(マットデイモン)と魂の交流に成功したのか。

ショーンは、ウィルと同様に最愛の妻を病気で失い、生きていくことさえ無価値で困難なほど落ち込み、絶望した一人の孤独な精神分析医だったからだ。

上から目線ではなく、同じ大きな傷を背負った人間同士として、ウィルの気持ちに寄り添いウィルのボストンからの旅立ちを成功させたのだ。

そう、ウィルはボストンに住んでいた、、。

ボストン市庁舎の主人である、マーティウォルシュ市長はアイルランドからの移民の子孫であり、日々の暮らしのしんどさからアルコール中毒になり、まだ完全に完治出来ていないとまで市民の前で語る。
完璧な人間にはほど遠い、しかしだからこそ貧しさや差別に苦しむ市民の声を一つ一つ聴き、ボストンをアメリカ屈指の素晴らしい民度の高い市にまとめあげていった。

ボストン市は、毎年11月11日には、ボストンのグッドウィルインダストリーで感謝祭を迎える。

淋しいのはおまえだけじゃない。
何気ない心のふれあいが幸せを連れてくる。
ひとはみな一人では
生きていけないものだから。
ドキュメンタリー映画。
アメリカにあるボストンのドキュメンタリー。
この映画を作ろうと思った人スゴい。

リーダーシップ、伝える力の大切さが身に染みる。わかっていたけど、そういうの足りない能力だと再認識。

さぁ今日も頑張ろうぜ。
mie

mieの感想・評価

3.5
いろんな人がいるなー。
いい映画だとは思うけど、一回見たら満足かな(2度とみることはないだろう)。
犬

犬の感想・評価

3.6
仕事

ドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマンが、自身の生まれ故郷であるマサチューセッツ州ボストンの市役所と街の姿を捉えたドキュメンタリー

レッドソックス

市の運営

住民たち
問題、いろんな不満が

議論
難しい議題も

人種、女性、、
政治のお話

意見
いろんな話が

そして話は国家へ
「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」のフレデリック・ワイズマンが監督・製作・編集し、2018年の秋から翌年の冬まで長期密着取材をして、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンの市役所の業務を追ったドキュメンタリー。
多様な人種と文化が共存する大都市で、警察、消防、保健衛生、高齢者支援、出生、結婚、死亡記録、ホームレスの人々の支援、同性婚の承認など多岐にわたる公共サービスを行う市役所の舞台裏、市民の幸せのために奮闘する市長マーティ・ウォルシュと市役所職員たちの姿を映し出す。
原題:City Hall (2020、4時間32分)。

・民主主義
・反トランプ
・人種的平等
・貧困対策
・気候変動への対応
・対話による解決

「ボストン市から国を変えよう」

現場の下見をしないワイズマンのドキュメンタリーには、標準的な物語の構造やナレーション、インタビューは存在しない。
故郷のボストンが選ばれたのは、たまたま取材を受けいれてくれたのが、ボストン市だけだったから(外は全部断られた)と監督はコメントしている。
ボストン市長や市役所職員たちが市民のために奮闘する姿を、日本の政治家や役人と比べてほしい。
市民の声に耳を傾けるとはどういうことなのか、"対話"がよりよい社会作りのためにいかに大切なことか。
それに加え、市民が自分たちの権利、生活を守るために自己主張する姿は、不満があっても集団の中では押し黙って反論をしない多くの日本人といかに違うことか。
例えば、大麻を扱う店が出店することをめぐって、店のオーナーと犯罪の多発地区に住む地域住民が議論する場面をよく見てほしい(2時間以上あった議論が26分程度にまとめられているとの監督のコメント)。
民主主義の教科書/参考書としたいような映画だが、この監督の特徴とはいえ、やはり長すぎるのが難点。
>|

あなたにおすすめの記事